車査定マニア
自動車ローン

自動車は購入金額が大きくなりがちなので、まとまったお金をすぐに用意出来る人以外はローンで買うのが普通です。

しかし、「ローンを組むとなると保証人が必要と言われるのでは?」と不安になる人も多いのでは無いでしょうか。他人に「保証人になってくれ!」と頼むのは、何だか気が引けますからね。

そこで、以下で「自動車ローンに保証人は必要なのか」、「保証人無しでローンを組むための条件」等について見ていきます。

自動車ローンの種類と保証人の要否

自動車ローンと一概に言っても、以下の様にいくつかの種類に分かれます。

  • 銀行や信金、JAバンク等の金融機関のマイカーローン
  • 新車ディーラーや中古車販売店の信販クレジット
  • 低金利ショップの自社ローン

自動車ローンの種類と金利相場・審査基準まとめ

以下で、自動車ローンの種類に応じて保証人の要否を見ていきましょう。

銀行や信金、JAバンク等の金融機関のマイカーローン

金融機関が提供するマイカーローンの場合、基本的に金融機関が指定する保証会社付くので、新車・中古車を問わず担保や保証人は原則として不要です。

また、保証会社に対する保証料は金利に含まれるている事が一般的なので、保証に対する追加の支払は有りません。

新車ディーラーや中古車販売店の信販クレジット

新車ディーラーで利用する信販会社の提携クレジットの場合も、金融機関と同様に保証会社による保証が付くのが一般的です(保証料は別途上乗せされるのが一般的)。

また、完済するまでは自動車は通常、「会社名義」となります。つまり、保証会社が付く上に購入した車が担保となるので、基本的には新車・中古車を問わず保証人は不要です。

自動車ローン

ただし、土地などと違い、車は乗れば価値は下がりますし、交通事故に遭って廃車になるかもしれません。車の担保としての価値が無くなってしまったときに、契約者に返済能力が無ければ、信販会社は代金回収が出来なくなってしまいます。

そこで、保証会社が付かない場合は、所有権が信販会社に留保されていたとしても保証人を求められる事が有ります。

販売店が自社系列の信販会社を使う場合、信販会社からのキックバックがあるので、販売店は一括現金払いよりは分割払いを薦めて来る事が多いです。営業マンのトークに負けず「現金で払うか分割とするか」は、しっかりと考える様にしましょうね。

車を現金一括ではなくローンで購入した方が良い場合

低金利ショップの自社ローン

通常、自動車販売店で車を購入する際、提携している信販会社等でローンの契約を交わしますが、中には自社(自動車販売店)でローン契約が出来る場合が有ります。

自社ローンを組んで中古車を買うのは有りか無しか

しかし、自社ローンでは保証会社は付かない事が一般的なので、保証人を求められる事が多いです(中には保証会社が付く事も有りますが、保証料が高額となる事が多いです)。

保証人を付けて下さい!と言われる人の例示

上記で、「保証人が求められる事が有る」と書きましたが、実際に保証人を求められるのはどの様な方でしょうか?

保証人が必要となる方の例として、一般的には以下の条件に該当する方が挙げられます(審査をする信販会社等によって異なります)。

  • 未成年者
  • 今の勤務先での勤続年数が1年未満
  • パートやアルバイト ※1
  • 収入が不安定な方
  • 住宅ローン以外に借入がある場合
  • カーローンでの借入額が大きい場合

※1 パートやアルバイトの方でも収入が安定していれば、保証人が不要となる場合もあります。

【参考】保証人には誰でもなれる?

自動車ローンを組む際に保証人を求められた場合、保証人になってくれる人を探さないといけません。では、この保証人には誰がなる事が出来るのでしょうか?

基本的に自動車ローンの保証人は、成人であれば誰でもなる事が出来ます。一般的には家族が保証人になることが多いですが、友達や会社の上司などでも問題ありません。

保証人

ただし、契約者よりも収入が少ない方や収入が不安定な方、金融機関のブラックリストに載っている方(借入の長期延滞をしている方や、最近自己破産した方等)は、保証人になる事が出来ません。

常に保証人なしでローンを組む方法

「基本的に誰でも保証人になることが出来る」と書きましたが、「保証人になって欲しい!」と知り合いに頼むのは気が引けますよね、出来れば保証人は付けたくないものです。

では、自動車ローンの契約時に保証人なしにする為にはどうすればいいでしょうか?答えとしては、「保証人を付けて下さい!と言われる人の例示に書いた条件に該当しなければOK」という事になりますが、具体例としては以下の通り。

  • 未成年者の場合は、親に契約してもらう
  • 1年以上勤続して、収入が安定してから申し込む
  • 住宅ローン以外の借入は返済してから申し込む
  • 頭金を増やすか買う車を変更し、カーローンの金額を減らす

上記を満たしたからと言って、必ずしも保証人が不要となる訳では有りません。信販会社や販売店等が判断するので、保証人が必要と言われたけど絶対に付けたくないという方は、他店での購入を検討する事も1つの手ですね。

住信SBIネット銀行

マイカーローンに住信SBIネット銀行のMR.自動車ローンを選ぶ人が増えています。
金利は2017年4月1日現在で「1.075%~7.975%」と非常に低金利。他にも、

  • ネットのみで手続き完了(来店不要)
  • 繰上返済手数料0円(何度でも)
  • 100万円までなら年収証明不要
  • 車を選ぶ前でも仮審査申込OK

などドライバーに嬉しい特徴多数。SBIグループの商品利用状況によって金利優遇も受けられるのでチェックしておいて損はありません。

mr自動車ローン公式サイト申込みボタン

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定