車査定マニア
保証料

マイカーローンを組む時に「金利」だけをチェックしていませんか?もちろん、返済額に大きな影響を与える「金利」をチェックする事はとても大切です。

しかし、金利だけでマイカーローンの申込先を決めてしまうと、思っていた金額以上の返済を強いられる可能性が有ります。

その原因となるのが「保証料」です。銀行を含む金融機関系のマイカーローンによく見られるのですが、金利とは別にローンの申込者が負担しなければならない物です。

マイカーローンを申し込む際は「保証料」がどれくらいなのか?また、どのように支払っていくものなのか?といった事を確認するようにして下さい。

そもそも保証料とは

保証料とは、保証人代わりになってくれる保証会社に支払う費用の事を言います。基本的にはローンの申込先である銀行が指定した保証会社から選びます。

通常、銀行などから大金を借りる時は、万が一返済出来なくなった時の為に、借主に代わって返済をする保証人を立てなければなりません。しかし、そう簡単に保証人を立てられるわけでは有りませんよね。

お願いするのが家族であっても中々上手く行かない事も有りますからね。

そのため、お金は借りたいけど、借りられないという状況に陥る人が相当数います。

保証料

一方、貸す側の金融機関としては、お金は貸したいけど保証人無しでは貸し倒れてしまう恐れが有るので、貸せないという状況になってしまいます。需要はマッチしているのに、保証人がネックとなって、お金の貸借、つまりローンを組めない状態になってしまうんですね。

この問題を解決するのが「保証会社」です。保証会社が保証人の代わりになる事で、借主側は保証人を立てる必要がなくなり、また銀行側は万が一の時には保証会社からお金を回収する事が出来るようになります。

で、保証会社はボランティアで保証人の代わりになるわけではないので、一定の報酬を借主側に請求します。これが「保証料」です。

保証人を立てれば保証料を支払わなくても良い?

ほとんどのマイカーローンは、ローンを組むに当たって「保証会社の保証を受けられる事」という条件を設定しています。これはつまり、保証会社の保証を拒否出来ない事を意味します。

労金 マイカーローンの詳細
JA マイカーローンの詳細

そのため、たとえ借主が個人的に保証人を立てたとしても、保証会社に保証料を支払わなければなりません。

マイカーローンを返済できなくなったら一括請求される事も

マイカーローンの月々の返済が出来なくなったら、保証人の代わりになっている「保証会社」がローンの残額を銀行などに支払います(これを代位弁済と言います)。

これだけで済めば、借主のヒストリー(ローンなどの利用履歴)に傷が付いて、ブラックリストに載るだけなのですが、当然これだけでは済みません。

ローンの返済

保証会社は代位弁済した金額を借主に請求します(これを求償権請求と言います)。この時請求される金額は、残っていたローンの全額です。つまり、一括請求という事です。さらに、年率10%を超える遅延損害金も加算されます。

結局、愛車を手放す事になり、手元に残るのは借金だけとなってしまいます。

ちなみに、代位弁済となるまでの期間は、延滞が発生してから平均で6ヶ月と言われています。あくまで平均ですよ。

そのため、ローンの延滞を甘く見ずに、毎月しっかりと返済していきましょう。それよりも以前に、ローンを組む前に、しっかりと月々の返済額のシミュレーションをして、無理の無い返済金額を設定するようにして下さいね。

そして、ローンを組む時には金利だけでなく、保証料がどれだけなのか、という事もチェックするようにしましょう。

保証料の支払い方法の種類

マイカーローンの保証料の支払い方法は、主に以下の2つです。

支払い方法内容
前払い方式契約時に保証料を一括払いする方法
金利組み込み方式マイカーローンの金利に上乗せされて毎月支払う方法

銀行系のマイカーローンは「金利組み込み方式」を採用している事が多いです。例えば、マイカーローン自体の金利が年3%、保証料が年0.8%の場合は、合計で3.8%の金利になります。

保証料の表示方法に注意

ここで注意して欲しいのが、金利と保証料がどのように表示されているのか、という点です。具体的には以下の2パターンの表示方法が多く見受けられます。

  • 保証料込みの金利表示
  • 金利のみ表示

この2つの表示の仕方で何が変わるのか?というと、下の図のような事が起こる場合が有るんです。

保証料の表示方法

金利のみを表示しているB社のマイカーローンは、表示上はA社の「保証料込みの金利」よりも低くなります。

保証料の事を何も考えていないと、B車のマイカーローンの方がお得だと勘違いして契約してしまいます。その結果、月々の返済の時に請求される金額はA社よりも多くなってしまう事も・・・。

保証料と金利がどのように表示されているのか、また、保証料と金利が何%なのか、という事をマイカーローンの契約前にしっかりと確認するようにして下さい。

住信SBIネット銀行

マイカーローンに住信SBIネット銀行のMR.自動車ローンを選ぶ人が増えています。
金利は2017年3月1日現在で「0.975%~3.875%」と非常に低金利。他にも、

  • ネットのみで手続き完了(来店不要)
  • 繰上返済手数料0円(何度でも)
  • 100万円までなら年収証明不要
  • 車を選ぶ前でも仮審査申込OK

などドライバーに嬉しい特徴多数。SBIグループの商品利用状況によって金利優遇も受けられるのでチェックしておいて損はありません。

Mr自動車ローン公式サイト

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定