車査定マニア
かっこいい車

かっこいい車

「かっこいい」車ってどういう車を想像しますか?

スポーツカーやクーペを思い浮かべる方が多いですかね?「かっこいい」の定義は人によって異なるので、誰が見てもかっこいい車というのは、決めるのは難しいです。

しかし、ここでは敢えてかっこいい車を「完全に独断で!」ランキング形式(TOP10)で発表していきます!但し、ある程度条件を限定しないと範囲が広すぎるので、現時点(2016年12月)で、新車購入出来る車に限定します。

1位:マツダ アテンザセダン

マツダ アテンザセダン

(画像参照元:Favcars

マツダといえば、2010年からスタートした新しいデザインコンセプト「鼓動」が大衆に受け入れられ、一気に人気が上がりました。

車は「命あるもの」として、流麗なボディにで艶めく色彩のデザインが取り入れられ、高級外車を思わせる様な仕上がりとなっています。このモデルになってから、マツダに乗り換えたという方も多いのではないでしょうか?

このアテンザセダンは、デザインだけでなく走行性能も高く、ディーゼルターボになると最大トルク2,000rpmです。加速も速く十分満足の行く走りが楽しめますね。

参考:アテンザにはワゴンも有りますが、こちらも人気が有りますね。タイプの違いのみで、走行性能は変わらない様です。

2位:TESLA(テスラ) Model S

テスラ モデルS

(画像参照元:Favcars

テスラは、アメリカで2012年に発売された電気自動車です。Model Sは、4ドアセダンの様なスタイルですが、厳密には5ドアハッチバックです。

外装はシャープなフロントマスクで、LEDランプが各所で使われています。インテリアにはPET樹脂やイタリア製のレザーを使い、高級感の有る仕上がりとなっています。

ダッシュボードのスクリーンは17インチという車とは思えないサイズで、ナビとしてGoogleマップが搭載されているなど、今までの車に無い様な箇所が多く見られます。

また、パソコンの様にソフトウェアアップデートがされるので、常に最新の機能が使用出来る様になっている点もすごいですね。

3位:日産 GT-R

日産 GT-R

(画像参照元:Favcars

日産のGT-Rは、2007年に販売されたクーペで、スカイラインGT-Rの後継車です。3.8LのV6ツインターボエンジンを搭載しており、現モデルは570馬力(NISMOモデルは600馬力!)という驚異の力の持ち主です。

力強さだけでなく大人っぽさも備えたデザインをしているので、スポーツタイプですが若い方にはあまり向かないかもしれませんね。ベンツに20歳そこらの方が乗っているのと同じ様な感じがしそうです。大人にこそ合うクーペといった感じですね。

4位:Volvo(ボルボ) V60

ボルボ V60

(画像参照元:Favcars

ボルボのV60は、2010年に発売されたステーションワゴンです。ボルボのステーションワゴンというと、一昔前のゴツゴツしたイメージが有りますが、V60は違います。クーペを思わせる様な流麗かつ大胆なデザインとなっており、今時の車好きが好みそうな仕上がりとなっています。

外車なので、ステーションワゴンといっても新車価格500〜600万円程度しますが、それに見合う高級感が有るのできっと満足いくでしょう。

5位:ホンダ ヴェゼル

ホンダ ベゼル

(画像参照元:ホンダ公式ホームページ

ホンダのヴェゼルは、2013年に発売されたコンパクトクラスのクロスオーバーSUVです。SUVとしての力強さに、クーペのような艶やかさ、ミニバンのような使いやすさを融合させた、集大成の様なモデルとなっています。

日本だけでなく、アメリカやアジア各国で販売されており、人気の車種となっています。

6位:LEXUS(レクサス) RX

レクサスRX

(画像参照元:Favcars

レクサスといえば、トヨタから派生した高級路線タイプで、RXはトヨタのハリアーを基礎とした大型のクロスオーバーSUVです。

高級セダンとしての乗り心地と快適性を持ったSUVがコンセプトとなっており、今までSUVには無かった「高級クロスオーバーSUV」というジャンルを生み出しました。

7位:PORSCHE(ポルシェ) パナメーラ

ポルシェ パナメーラ

(画像参照元:Favcars

ポルシェのパナメーラは、今までの「ザ・ポルシェ」といった感じではなく、デザインに柔らかい曲線が取り入れらた4ドアサルーンモデルです。

優しい感じのするデザインですが、V型6気筒(3605cc)で最高出力は221kW(300馬力)です。見た目とは違って走行性能はやはりポルシェ、といった感じですね。

8位:ホンダ CR-Z

ホンダ CRZ

(画像参照元:Favcars

ホンダのCR-Zは、スポーツクーペには珍しいハイブリッド車です。従来ホンダにあったCR-Xを彷彿させる様なデザインが、ファンを魅了して止みません。

日常使いし易いコンパクトなボディだけど、走りもしっかりしていてハイブリッド車なので燃費も良い、という良いとこ取りをしたのがCR-Zですね。

9位:トヨタ 86

トヨタ86

(画像参照元:Favcars

トヨタの86(ハチロク)は、走る楽しさを追及した小型のスポーツカーです。

ベースグレードは200万円を切り、最上級グレードでも300万円程度という安めの料金設定で、40〜50代の方だけでなく、若年層もターゲットとしています。

走るのが好きな方にはたまらない一台ですね。なお、86はスバルのBRZのOEM車です。

10位:MINI CROSSOVER

ミニ クロスオーバー

(画像参照元:MINI公式ホームページ

ミニは元々イギリスで誕生し、小さいボディに軽快な走り(ゴーカートの様な感覚が味わえます!)、多様なオプションが人気でした。自分好みのカスタムが可能なので、個性的な車に乗りたい方からの評価が高いですね。

名前から有る様に元々は小さいボデイだったのですが、BMWのMINIになってからは徐々に大きくなり、CROSSOVERはもはや「ミニ」というブランド名が妥当なのか分からない位に大きくなっています。

適度な高級感が有り、内外装共に洗練されたデザインですが良い感じですね。

まとめ

いかがでしたか?誰が見てもかっこいい車の定義は難しいですし、流行りのデザインというのは時代と共に移り変わっていきます。

しかし、車は乗っている時に周りの人たちに見られるので、どうせなら常にかっこいい車に乗っていたいですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス