車査定マニア
自動車購入時の予算

自動車購入時の予算

車を購入する際、欲しい車種や装備など色々悩む事が多いですよね。中でも「予算」という、とりわけ大きな問題が有ります。

車は高い買物ですし、車種によって価格帯がバラバラです。車を購入する前に自分の予算を決めておかないと、いつまで経っても買う車が決まらないので、アレコレ悩む前にまず予算だけでも決めておく必要が有ります。

そこで、ここでは車を購入する際の予算の決め方について、新車と中古車に分けて見ていきましょう。

新車の予算の決め方

新車を買う方は、ある程度自分の欲しい車のイメージが固まっている方が多いですよね。「とりあえず何でも良いから新車が欲しい」という方は、あまりいないのではないでしょうか。

新車の場合、基本となる車両の価格は予め決まっているので、予算に合わせて車を選ぶという事はあまりしません(予算に合わせて国産か輸入車かを決める事は有るかもしれませんね。)

ほしい車のタイプ(軽自動車orセダンorミニバンorワンボックスなどなど)、その中で自分の目的に合致した車種を選び、その車を買うために何とかやりくりするというのが普通です。予算感が合わなければ、そこまで貯金するのも良いですね。

新車の予算

新車の値引額は数十万円単位になる事もあるので、最終的な購入金額を高い精度で予測する事はなかなか難しいですが、ざくっと「200万円〜230万円程度」などでも良いのでイメージを持っておく様にしたいですね。

新車の値引き交渉術まとめ~出来るだけ新車を安く買う方法!

参考:新車を買う場合、車両本体価格のおよそ1.2倍程度が最終的な支払総額となります。そこから値引き分が反映されて行くことになる、と考えておくと良いでしょう。

中古車の予算の決め方

以下では、中古車購入時の予算の決め方を見ていきます。

欲しい車をイメージしておく

欲しい車のイメージ

中古車は、新車と違って自分の中で予算がある程度決まっていて「予算の中で購入出来る車を選ぶ」という方が多いのではないでしょうか。その為、中古車を購入する際に、予算が先行してしまう事が多く、自分が欲しい車ではなく予算内で購入出来る車を買ってしまいがちです。

なので、自分の欲しい車はどういうものなのか、という事を予めイメージしておいて、その上で予算を決める様にしたいですね。(例えば家族が増えてきたからミニバンが欲しいとか、子供が巣立ったからセダンにしようとかetc)

そうしないと、買った後で「全然欲しい車じゃなかった」と、後悔してしまうかもしれませんよ。

販売店に行く前に、欲しい車の相場を調べておく

新車は、同じ車であればオプションの違いはあれど、基本的に同じ状態です。しかし、中古車の場合、世の中に同じ状態の車は2つと有りません。

年式や走行距離、事故歴など全てが同じ状態の物は無いので、必然的に価格も1台1台異なりますし、販売店によって価格設定も異なります。

相場を調べる夫婦

自分の欲しい車が大体いくらくらいするか、というのは販売店に行く前にある程度調べておかないと、「思っていたより高くなってしまった」という事態になりかねません。

なお、相場を調べる場合、店頭での販売価格を調べるのではなく、オークションでの相場価格(仕入価格)を調べておくと良いでしょう。

中古車のカーオークションでの相場を調べる方法まとめ

店頭価格はあくまでも店が提示している販売価格です。似た様な別の車が同じくらいの金額で提示されていたとしても、それぞれの仕入金額はバラバラの可能性が有ります。オークション相場が分かっていると、車の状態毎の大体の店頭価格も予想可能ですよ。

目標値引額を予め考えておく

中古車の相場

中古車販売店の営業マンは、話の中で必ず「予算がいくらくらいなのか」という点を聞いてきます。しかし、ここで馬鹿正直に「○○万円です」とハッキリした金額を答えるのは好ましく有りません。

なぜなら、明確な予算額を伝えてしまうと、その金額が低いとワンランク下の車を薦められてしまいかねないからです。そうなると、目当ての車を購入するという当初の目的が達成出来なくなってししまいます。

従って、予算の金額を伝えるのであれば、ふわっとした金額を伝える様にしたいですね。

但し、いつまで経っても予算の金額を明確にしないのも問題です。ダラダラしていると、営業マンから冷やかしと思われてしまい、値引きが上手く引き出せなくなってしまいます。

そこで、予め目標の値引き金額を定めておいた方が良いでしょう。

元々の車体価格によって値引き可能額は異なるので一概には言えないですが、4〜7万円程度を値引き額の目標に設定してみて、それに近い予算額を提示してみるのはどうでしょうか?

中古車の値引き交渉術!そもそも値引きできるのか?

予算の決め方(新車・中古車共通)

ここまでは、新車と中古車に分けて購入時の予算の決め方を見て来ましたが、新車と中古車に共通している部分も有るので、以下で見ていきましょう。

将来の維持費も要検討!

購入後の維持費

車は購入時の支出だけで終わりではありません。購入後もガソリンや税金などの維持費が発生します。

例えば、AとBの2台でどちらにするか悩んでいる時に、Aの方が購入時の金額が15万円高かったとしても、Bの方が3年間で燃料費が40万円くらい安く済むという事も有り得ます。また、自動車税等の税金についても車種によって異なるので、考慮する必要が有りますね。

従って、購入の検討時には購入価格だけでなく、将来の維持費も含めて予算を決める事が重要という事ですね。

中古車の維持費は新車の維持費よりも高くなるのが普通
【新車】プリウスの維持費を実際に計算してみた

支払方法の検討

車両代金の支払い方法は、基本的に現金払いかローンでの支払いかのどちらかになります。ローンを利用する場合は、購入時に支払う金額は少ないので、資金的には余裕が出来ますが、代わりに金利が発生します。

トータルで支払う代金は、ローンを利用した方が大きくなるので、予算を決める際には金利負担額についても考えておく必要が有ります。

車のローンの組み方と頭金の目安を知る方法

まとめ

いかがでしたか?車を買う場合、予算を決める事は重要なポイントです。

値段交渉時に自分の予算を明確に決めておくと、有利に交渉を進める事が出来る可能性が有るので、しっかりと予算は決めておきましょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス