車査定マニア
車の寿命

人に平均寿命が有る様に、車にも平均寿命が有ります。

よく日本では車の寿命は「走行距離10万キロか10年」と言われますが、実際のところ車の寿命は走行距離や年数で測る事は出来るものでは有りません。何故でしょうか?ここではその理由を見ていきましょう。

車の寿命って?

日本では昔から車の寿命を考える際に「走行距離10万キロか10年」を1つの目安としてきました。しかし、これは10万キロ走るか10年経つと車が完全に動かなくなってしまう事を意味しているのでは有りません。

車の寿命

車は買い替えたとしても、売った車がスクラップにされる訳では無く、通常は中古車市場を巡ってまた他の持ち主のところへ渡って行きます。また、仮にブレーキパッドが摩耗してブレーキの効きが悪くなったとしても交換すれば済みますし、エンジンに不具合が生じても交換する事は可能です()。

:交通事故で燃えたりスクラップにした様な場合は二度と戻って来ません。従って、これはある意味本当の「寿命」と言えますね。

従って、日本でいう車の寿命は「乗り換えるまでの年数」と同義と言えますね。「この車はもう寿命かな」と言っている方もいますが、それはその人が乗り換え時だなって思ったに過ぎない、という訳です。

海外では10万キロ超は当たり前

上記の様に「10万キロか10年」といった基準で車の寿命を考えるのは、世界広しと言えど日本だけの様です。

海外

欧米では走行距離が10万キロの車はまだまだ新しいと思われていますし、50万キロ走る車もざらに有ります。

また、東南アジアやアフリカ諸国の方は日本の中古車を多く輸入しています。日本の中古車は走行距離が少なく程度が良いのに、日本の市場では価値が無いと判断されて安く取引がされているので、魅力が有る訳です。

この様な状況を考えれば、10万キロ程度走った車はまだまだ走る事は可能だし、十分な価値が有る事が分かりますね。

何キロ走る?

日本独自の車に対する寿命の考え方があまり当てにならない、という事が分かりました。

では、実際のところ車は何万キロ走る事が出来るのかというと、それは「メンテナンス」次第という事になります。定期点検などで部品の劣化を指摘される都度に交換し、メンテナンスを怠らなければ30万キロ程度走る事も十分可能でしょう。

参考:アメリカのアーヴ・ゴードン氏が、ボルボP180で走行距離約480万キロを達成した、というギネス記録(2013年)も有る様です、驚きですね。1966年から乗り続けたとの事です。

メンテンナンス

車は数多くの部品から成り立っており、年数で劣化するものと距離で劣化するものとに分けられます。

距離で劣化する部品の代表格としては、10万キロを交換時期としている「タイミングベルト」が有ります。また、車の乗り方にもよりますがバッテリーは最低でも2年に1度は交換した方が良いです。

しかし、最近の自動車の技術進化は目まぐるしく、タイミングベルトの無い車種や交換不要の部品なども登場して来ています。どの部品の交換が必要かは素人では判断が難しいですので、法定点検をしっかりと受けて定期的なメンテナンスを受ける事がベストですね。

エコドライブは長持ちのコツ

最近は「燃費の良さが」車選びの1つの基準となっています。いくら燃費がいい車でも、荒い運転をしていると燃費は良くなりません。そこで急発進をしたり急ブレーキをかけたりせずに、思いやりをもって運転をする「エコドライブ」が注目を浴びています。

そして、車が長持ちするかしないかは、このエコドライブをするかどうかによっても異なって来ます。多少荒い運転をしたからといって、最近の車はすぐに壊れたりはしませんが、丁寧な運転をしている車と比べると、余計な負荷が掛かっている事は間違い有りません。

少しでも車の寿命を長くしようと思ったら、エコドライブを心がける事が必要ですね。

軽自動車の寿命は普通車よりも短いのか

軽自動車は普通車よりも寿命が短い、という噂を聞いた事が有りませんか?

軽自動車

車種によっては、車両後方がぺらぺらの鉄板という事も有りますので、「耐久性」という点では、確かに普通車と比べると劣っているでしょうね。軽自動車は、そもそもの車重が普通車と全然違いますし、トランクが無いので、後方からの衝突には特に弱いです。普通車と同じ耐久性を求めるのは無理が有りますね。

参考:軽自動車もNASVA(独立行政法人自動車事故対策機構)の実施する衝突安全性試験を受け、最低ラインはクリアをしています。

また、排気量が小さい(660cc未満)割に軽自動車はよく走ります。エンジンや車体に相応の負担を掛けている事を考えると、普通車よりも不具合が生じるタイミングが早くなるのは仕方ないですね。

それでもメンテナンスをしっかりと続ければ、20万キロ程度は問題なく走る事が出来るでしょうね。

買取価格への影響を考えるなら・・・・

上記で、しっかりとメンテナンスをすれば10年10万キロという日本独自の目安にとらわれる事無く、長い間乗り続ける事が出来ると書きました。しかし、一生を一台の車だけで過ごす事が果たして良い事なのでしょうか?

一生一台?

確かに適切なメンテナンスをすれば一生同じ車に乗り続ける事は可能でしょうが、時代が進むに連れて車の技術はものすごいスピードで進化していきます。また、子育てや老後など生活のスタイルも変わって行くので、必ずしも一台を貫く事が良いとは限らないです。

そして、途中で車を乗り換える事を考えると、「走行距離が多過ぎる車、年式が古過ぎる車」は査定額が低くなってしまいます。(参考記事:車の走行距離・走行キロ数が少ないとプラス査定・多いとマイナス査定

乗り換える事を前提にするのであれば、売るときの価値も考えて乗る事が必要ですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス