車査定マニア
OEM

OEM

OEM車って知っていますか?

自動車業界では、OEM車がバブル期以降に一気に増加したのですが、そもそもこのOEM車は一体どういう車の事をいうのでしょうか?また、OEM車にはどの様なメリット・デメリットが有るのでしょうか?以下で、代表的なOEM車と合わせて見ていきましょう。

OEM車とは

「OEM」は、“Original Equipment Manufacturing(Manufacture)”の略で、「他のメーカーで販売されている製品を製造する事」を意味しています。 つまり、OEM車とは自社以外のメーカーで製造されている車、の事ですね。

参考:OEMは、日本語では「相手先ブランド名製造」や「納入先商標による受託製造」などといいます。また、兄弟車や姉妹車と呼ぶ事も有ります

車の生産

従来、自動車業界では「エンジンは○○のものが丈夫だ」、「外板は○○のものは錆び易い」、といったメーカー毎の優劣が有ったのですが、バブルがはじけた頃からは、コスト削減をする為にメーカー間で部品の供給の統一化が進みました。

その結果、最近では同様のタイプの車については、メーカー間での差別化を図る事が難しくなり、個性的な車は根強いファンがいるので大丈夫ですが、それ以外の車は生き残るのが大変な状況となっています。

そして、部品が同じだけに留まらず、ついには「あるメーカーが車を製造し、それを他社メーカーに供給する」という形も誕生しました。これがいわゆるOEM車ですね。

OEM車は、エンブレム以外は全く同じである事が多く、例えば、ダイハツのブーンとトヨタのパッソを見てみてましょう。

ダイハツブーン

(画像参照元:Favcars

トヨタパッソ

(画像参照元:Favcars

上がダイハツのブーンで、下がトヨタのパッソですが、エンブレム以外の違いを探すのが難しいくらい似ていますよね。

OEM車は、販売している会社が違うだけで、売っている物は基本的に同じ、という事ですね。

参考:供給元のデザインに少し手を入れているものも有るので、エンブレム以外が必ず全く一緒という訳では有りません。

OEM車のメリット

OEM供給する事には、どの様なメリットが有るのでしょうか?

OEM車のメリット

この点、通常は製造した車は自社のみで売る事になります。しかし、OEM車として供給すれば自社以外にも販売ルートが構築出来るので、総販売台数を増やす事が出来ますね。

また、販売台数が増えると大量生産によるコスト削減も可能となるので、全体としての増収増益に繋がる事になります。OEM供給すると、供給先からロイヤリティも受け取る事も出来るので、供給する側としてはメリットが大きいですね。

一方の、OEM車の供給を受ける側としては、新車を開発する際に発生する多額の開発費を抑える事が出来ますし、商品のラインナップも増えます。また、販売すると供給元ではなく自社の販売実績としてカウントする事が出来る、といったメリットも挙げられます。

OEM車のデメリット

では、逆にOEM車のデメリットとしては、どういったものが有るのでしょうか?

この点、OEM車を供給する側としては、自社の技術が供給先に流出する可能性が有りますし、供給先の販売能力によって生産量が影響を受けるので、先を読む事が難しく、場合によっては余剰在庫が発生する可能性が有ります。

一方で、OEM車の供給を受ける側としては、開発費が掛からない代わりに自社での開発能力が育たないので、技術面での競争に勝つのが難しくなります。また、生産を供給元に任せているので、生産能力も上がらず、大量に商品が必要となったときに生産が追い付かなくなる可能性も有ります。

OEM車両の一覧

主なOEM一覧
ここでは、主なOEM車を一覧にして紹介します。

OEM車の全てを網羅している訳では有りません。また、製造中止となった過去のモデルで省いているものも有ります。

トヨタ

供給元車種名トヨタでの車種名
ダイハツブーンパッソ
ブーンルミナスパッソセッテ
ハイゼットカーゴピクシスバン
ミライースピクシスエポック
ムーブコンテピクシススペース
ビーゴラッシュ
クーbB

日産

供給元車種名日産での車種名
三菱eKワゴンオッティ
eKスペースデイズルークス
パジェロミニキックス
スズキエブリィNV100クリッパー
キャリーNT100クリッパー
エブリィワゴンNT100クリッパーリオ
MRワゴンモコ
アルトピノ
マツダボンゴバネット
プレマシーラフェスタハイウェイスター

ダイハツ

供給元車種名ダイハツでの車種名
トヨタカムリアルティス

三菱

供給元車種名三菱での車種名
スズキソリオデリカD:2
エブリィワゴンタウンボックス
エブリィミニキャブ・バン
キャリーミニキャブ・トラック
マツダボンゴデリカ・バン/トラック

マツダ

供給元車種名マツダでの車種名
スズキワゴンRAZ-ワゴン
アルトキャロル
ハスラーフレア・クロスオーバー
スペーシアフレア・ワゴン

スズキ

供給元車種名スズキでの車種名
日産セレナ ランディ

スバル

供給元車種名スバルでの車種名
ダイハツハイゼットカーゴサンバー・バン
ムーブステラ
アトレーワゴンディアスワゴン
クーデックス
ミラプレオ
タントエクゼルクラ
トヨタラクティストレジア
86BRZ

こうして見ると、結構OEM車は多いですね。しかも、ダイハツのハイゼットカーゴやスズキのエブリィの様に、1つの車種が複数のメーカーにOEM供給されているものも有る、という事が分かりますね。

日産やトヨタ、スバルなどは、軽自動車の製造を自社でしていないので、販売している軽自動車は全てOEM車という事になります。

まとめ

いかがでしたか?「自分の乗っている車が、実はOEM車だった事を今知った」という方もいるのではないでしょうか?OEM車だったからといって、オリジナルよりも性能が劣るという事は無いので、その点は心配無用です。むしろ、OEM車が有ると新しく車を購入する際に選択肢が多くなるので、選ぶ楽しみは増えるのではないでしょうか?

但し、OEM車の場合、車を売る際の査定額はオリジナルと比べると低くなる傾向が有ります。OEM車を買う場合、売るときの価格まで考えるのであれば、供給元(オリジナル)の方を買った方が良いかもしれないですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス