車査定マニア
suv

趣味やファミリーユース、デートなどにも使えるオールマイティなSUV車

ここでは、SUV車の特徴や車選びのポイントを紹介していきます。SUV車を次買う車の候補にしている方は、参考にしてみて下さい。

suv

(画像参照元:favcars)

SUV車のクラス・種類

最近のSUVは、乗り方によってジャンルが3つに別れており、それぞれメリットやデメリットが有ります。

シティ系

SUVの中核を担うのがこのシティ系で、代表的な車種(国産)は以下の3つです。

  • トヨタ ハリアー
  • 三菱 アウトランダー
  • 日産 ジューク

シティ系SUVのジューク

(画像参照元:favcars)

元々、シティ系のSUVはクロカン系がベースとなっており、運転席の視点が高いので運転のし易さは◎です。また、オフロードテイストを弱めているので、上品な走行性能と内外装の作りの高級感が有るのが特徴的です。

しかし、シティ系の多くは高級路線なので300万円を超えるなど、車両価格が高くなりがちです(中にはジュークの様にお手頃価格の車種も有ります)。

クロカン系

クロカン系のSUVはオフロードで走ってこそ真価が発揮される、悪路も難なくこなす「ザ・四駆」です。代表的な車種は以下の通り。

  • トヨタ ランドクルーザー
  • 三菱 パジェロ
  • スズキ ジムニー

クロカン系SUVのランクル

(画像参照元:favcars)

クロカン系は、元々トラックから派生して生まれた車です。一般乗用車とはそもそもの構造が異なり、悪路走行時の衝撃も何のそのといった感じです。また、車種によっては車が自動でエンジンやブレーキ制御をするものも有り、ハンドル操作のみでオフロードを走破出来ます。

一方で、構造がしっかりしているが故に車重が重いです。従ってどうしても燃費は悪くなるので、街乗りメインの方にはあまり向かないですね。

クロスオーバー系

クロスオーバー系のSUVは、乗用車から派生したりSUVに乗用車の要素を組み込む事で生まれた、ここ数年で人気が急上昇したタイプです。代表的なクロスオーバーSUVには、以下の様な車種が有ります。

  • スバル XV
  • ホンダ ヴェゼル
  • 日産 スカイラインクロスオーバー

クロスオーバー系SUVのXV

(画像参照元:favcars)

クロスオーバー系のSUVには、ハッチバックやワゴンがベースとなって生まれた車種が多く、シティ系のSUVよりもさらに乗用車感覚が強いです。外装もSUV仕様ですが、ベース車種のテイストをいい感じに残しているので、操縦性や乗り心地も○。

また、他のタイプよりも小型で車重も軽いので、軽快な走りが魅力的です。SUV初心者には最適なタイプと言えるでしょう。

但し、街乗りを想定しているので、SUVなのに悪路走行はそれほど得意では有りません。従って、オフロードをガンガン走りたい方にはあまり向いていません。

SUV車の魅力

最近人気が急上昇しているSUV車ですが、なぜ人気が出る様になったのでしょうか?

SUVの持つ強みとして考えられる点には、以下の様なものが有ります。

  • 悪路や舗装路も安定した走行が可能
  • 高い実用性
  • スタイリッシュ
  • 多種多様なモデルが揃っている
  • 燃費や環境性能に優れている

なお、ボディの形が違うので比べる事は無意味かもしれませんが、クロスオーバータイプの走行性能はセダンにも匹敵します。むしろ、セダンと比べると着座位置が高いので、視界が良く運転もしやすいというアドバンテージが有ります。

Suv

また、実用面で考えてみると、スライドドアやシートアレンジといった点ではミニバンには敵いませんが、日常生活やレジャーではSUVも十分な能力を発揮するでしょう。

そして、なによりも他の車種にはないスタイリッシュな外観が優れていますね。スタイル・走り・実用性の3拍子が揃っているのがSUVの最大の特徴です。

悪路走行を得意とするクロカンは根強い人気ですが、デザインや乗り心地を重視しているユーザーもターゲットに開発をして来た事が功を奏したと言えますね。

SUVのトレンド

最近は車のダウンサイジングが進んできており、SUVでもコンパクトモデルの人気が上昇しています。特に子育てが一段落し、小さな車にしたいけど軽自動車やコンパクトカーはちょっと違う・・・という40〜50代の方からの人気が強いですね。

また、市街地走行をメインとする方がSUVを求めるケースも増えて来ており、SUVにも燃費性能や走行性能などが求められる様になって来ています。

SUVの売れ筋人気車種ランキング 2015

SUV車のボディサイズ・重量はどれくらいか

サイズが大きいと言われるSUV車ですが、ボディサイズや重量はどれくらいなのでしょうか?タイプ毎に見てみましょう。

 ボディサイズ車重
シティ系4,500×1,800×1,7001,500kg
クロカン系5,000×2,000×1,9002,500kg
クロスオーバー系4,500×1,800×1,5001,400kg

上記は、代表的な車種のサイズを参考にしたものですが、やはりクロカン系は飛び抜けて大きいですね(クロカン系でもジムニーの様にコンパクトな車種も有ります)。

SUV車を購入する時のポイント

以下では、SUVを選ぶ際の注意点をいくつか見ていきましょう。

ボディサイズや駆動方式に注意

上記で見た様に、基本的にSUVはボディサイズが大きいです。最近はクロスオーバー系でコンパクトな車種も登場して来ましたが、それでも全高は1,500mmは超えています。そして、基本的に全高が1,500mmを超えると立体駐車場に入れなくなるのです!

立体駐車場

購入した後で、駐車場に入れない事に気付くというのはとても残念なので、近隣の駐車場事情を踏まえた上で購入する様にしましょうね。

また、SUVと言えば4WDが多いですが、悪路を走る予定が特に無いのであれば無理に4WDを選ぶ必要は有りません。街乗り重視で、燃費や乗り心地も考慮するのであればFFを選んだ方が良いでしょう。

燃費は重要!

最近はエコカー人気なので、SUVといっても燃費が悪いと選択肢から外れてしまいますよね。SUVはボディサイズが大きいので、燃費は悪くなりですがパワーユニットを進化させる事で、その弱点を補っています。

ハイブリッド車はエンジン排気量を小さくする分、モーターで補ってガソリンの消費を抑えています。また、クリーンディーゼル車は加速が力強いのでアクセルの踏み込みが抑えられるので燃費が良いです。この様に、SUV車も燃費の良いモデルが有るのでじっくり検討しましょうね。

SUV車の維持費・税金

車を購入する際に、考えるべき重要な点として「予算」が有ります。車体価格はもちろんですが、維持費に関係する「エコカー減税」も予め考慮しておく事が必要です。

SUVの維持費

ハイブリッドやクリーンディーゼルはもちろんですが、ガソリン車でもエコカー減税の適合車は増えて来ています。SUVに関して言うと、まだまだエコカー減税の対象車は少ないですが徐々に増加しており、特に適合車の人気が高まっていますね。

大概の車種に当てはまる事ですが、サイズが大きくなると、自動車税や重量税は高くなり、燃費も悪くなる傾向に有るので燃費代もかさむ可能性が高いです。

SUVもタイプによってサイズはバラバラなので、購入前には維持費や税金という視点からも検討が必要ですね。

まとめ

いかがでしたか?従来は、SUVというとアウトドア派で悪路をガンガン走りたいという方にピッタリの車種でしたが、最近は街乗りや家族用としてクロスオーバータイプも人気が有ります。

今までSUVを敬遠して来た方も、車選びの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?1度乗ってみるとその魅力に取り付かれるかもしれませんよ!

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス