車査定マニア
独身者の車選び

結論から言うと、独身者は自由に選べば良いです。特別な事情が無い限りは、「誰か」又は「何か」に制約を受ける事は有りません。自分の乗りたい車に乗れば良いのです。

ただし、どのような目的で車に乗るのか、これはしっかりと考えなければいけません。例えば、荷物を大して載せないのにステーションワゴンやミニバンを買ってもあまり意味が有りませんからね。

独身者の車選びは基本的に自由ですが、目的を明確にしておく必要が有ります。

通勤目的かレジャー目的か

まずはっきりさせておきたいのは、車の利用目的が「通勤目的」なのか「レジャー目的」なのか、という点です。

通勤目的として車を選ぶのなら、小回りが利いて燃費の良い車が良いでしょう。となると、おすすめなのが「軽自動車」か「コンパクトカー」となります。

一方、レジャー目的で車を選ぶなら、自分の趣味に合う車が良いでしょう。

ドライブ好きならクーペやスポーツカー

ドライブ好きなら、やっぱり運転の楽しい車が良いでしょう。タイプとしては「クーペ」や「スポーツカー」ですね。

クーペ

これらのタイプの車は家族を持つと乗車人数や荷物などといった面で買いにくくなってしまいます。なので、独身時代ならではの車とも言えます。

ファミリーカーを買う時・選ぶ時のポイント

アウトドア派ならSUVやステーションワゴン

アウトドア派なら「SUV」や「ステーションワゴン」などの大きな荷物も積載出来る車が良いでしょう。

SUV

また、趣味によっては悪路や雪道などを走行する事も有ると思うので、これらのタイプの4WD車がオススメです。

モテたいならやっぱり高級車がおすすめ

独身者がやっぱり気になるのは、乗っている車に対して異性がどう思うか、ですよね。男性の独身者にだけ当てはまる話ですが。「どうせ乗るならモテたい車に乗りたい」と思うのが正直な所でしょう。

独身者の車選び

一般的に、女性がデートの際に乗ってきて欲しい車と言えば、外車などの高級車です。ベンツやBMW、アウディ、レクサスなどですね。こういった車に乗っていると女性にモテる可能性が高まるかもしれません。

女子にモテる車の要素とおすすめ車種

ただし、高級車に乗れば確実にモテるわけでは有りませんので、注意して下さいね。

質素倹約するなら軽自動車

「乗り物として車は必要だけど、車にかかる費用はなるべく抑えたい」という人は、軽自動車がオススメです。

軽自動車の良い所は、「価格の安さ」「低燃費」「維持費の安さ」です。この3つが揃っている普通車はまず有りません。

軽自動車の維持費が普通車よりどの程度安いのか計算・比較してみた

車にかかる費用を抑えて、服や食事、旅行などのレジャー、デートなどにお金を回すのも良いかもしれませんね。

購入諸費用や維持費の事も考えて

独身の人の中には、車を初めて購入する人も多いですよね。車の購入に慣れていないので、予算を車両本体価格だけで組んでしまいがちです。

まず、購入する際には車両本体価格以外に登録手続きや税金などの購入諸費用がかかります。これが概ね10万円ぐらい必要になります(車検切れの中古車の場合はもっと掛かる事も)。

そして、購入後には駐車場代やガソリン代、保険などの維持費が必ず必要になります。

維持費

このような車両本体価格以外の費用も考慮しておかないと、ローン代と維持費の支払いに苦慮して、早々に車を手放さなければならなくなります。

冒頭で「独身者の車選びは基本的に自由だ」と言いましたが、月々の収入と支出のバランスを考えて車選びをして下さいね。モテたいからと言って、無理して高級車を購入してもローン地獄に嵌るだけですので、気を付けましょう。

本当、クルマ持ってるとお金貯まりませんからね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス