車査定マニア
クレジットカードで車購入

クレジットカードで車購入

車を購入する事になったときに、「クレジットカードで車を購入出来たらいいのに・・・。」と思った事は無いですか?

クレジットカードでの支払が出来たら、カード会社のポイントもたくさん貯まるし、一括払いや分割払いなどの支払い方法も決める事が出来るので嬉しいですよね。

そこで、ここでは「車を購入する際にクレジットカードが使えるのかどうか」について見ていきましょう。

新車の場合

新車購入

新車ディーラーでのクレジットカード利用については、販売店によってルールが有るので一概には言えませんが、基本的には「断られる」「代金の内、一部だけ支払が可能」といった感じになります。

通常、ディーラーでは提携している「オートローンでの支払」か、「現金(振込)一括払いによる支払」のどちらにするかを聞いて来ます。仮に、クレジットカードでの支払がシステム上可能だったとしても、ディーラー側からクレジットカードでの支払を薦めて来る事は無いでしょう。

なぜかというと、客がクレジットカードを使用して代金を支払った場合、クレジットカードの手数料はディーラー側が負担しなければならないからです。

この手数料は、クレジットカード会社によって異なるのですが、概ね5%前後がかかると言われています。代金の5%も手数料として取られてしまうと、ディーラーとしては当然利益が減ってしまいます。

値引き交渉の結果、結構ギリギリのラインまで値段を下げたのに、そこからさらにクレジットカードの手数料を引かれてしまうと、ディーラーの経営を圧迫しかねないですからね。

クレジットカードの手数料

なお、車の代金には自動車税や重量税等の税金も含まれており、納税者が直接納付先(都道府県や国税庁など)に支払う場合は、クレジットカードが使用出来ます。

しかし、ディーラーが手続き代行をする場合は現金支払いのみとなるので、客にクレジットカードを使用されると支払いの代行までをしなければならなくなり、手続きがややこしくなってしまいます。

従って、基本的にディーラーはクレジットカードでの支払いを敬遠している()のです。

:クレジットカードの決済システムが使えるのだったら、使わせて欲しいところですが、そこは店側の判断によるので致し方ないですね(カード払いを断っても違法では有りません)。

但し、下記の様に使用出来るケースも有ります。

ディーラーによってはクレジットカードが使える事が有る!?

例えば、BMWの正規ディーラーでは、BMWダイナースやBMW三井住友VISAなどの自社提携カードであれば使用出来る事が有ります。

これは、自社が提携しているクレジットカードであれば、手数料を安く抑える事が出来るからですね。提携のクレジットカードは値引きの材料としても使えるので、選択肢の1つに入れたいですね。

但し、自分が使いたいクレジットカードが使える訳では無いので、狙っているポイントが手に入るとは限らないですね。

ディーラー

参考に、自社提携のクレジットカードとしては、例えば日産であれば日産カード、トヨタであればTS CUBIC、ホンダであればホンダCカードといったものが有ります。

なお、自社提携のカードが有ったとしても、日産カードの様に車購入時には使えないものも有ります。

日産のHPより抜粋
クレジットカードは、クルマの購入費用のお支払い方法としてはお受けいたしておりません。修理や点検・車検などではご利用いただけます。

JCBは全額支払い可能な場合も!

基本的、にクレジットカードを使っての支払いは出来ませんが、JCBは特別に車両本体代金をクレジットカードで支払う事が可能です。

JCBカード

但し、全てのディーラーで使えるという訳ではなく、下記の輸入車を正規ディーラーで購入する場合に限られます。また、使用出来る店舗も決められているので、注意が必要です。

AudiVolkswagenMercedes-BenzBMW
MINIALPINAJAGUARLAND ROVER
VOLVOPEUGEOTHARLEY-DAVIDSONFord
シトロエンRENAULTALFA ROMEOFIAT/ABARTH
CHRYSLER

なお、クレジットカードで支払う場合は、ディーラーに事前にその旨を伝えておく必要が有ります。また、カードの利用可能枠を超えている場合は、一時的に枠を広げてもらう様にしましょう。

参考:その他のクレジットカード会社では、JCBの様に特別に車の支払いを認めるという決まりは無い様です。従って、mastercard(マスターカード)やAmex(アメックス)などでも、ディーラーがOKと言えば利用出来ます。

ブラックカードの場合は支払い可能!?

ブラックカード

普通のクレジットカードやゴールドカードでは無理でも、「ブラックカードを持っていれば車をクレジットカード払い出来るのでは?!」と思う方がいるかもしれません。

確かに、ブラックカードは選ばれし者のみ(収入・仕様実績が一定上有り、審査に通った方)が持つ事を許されるクレジットカードで、通常のクレジットカードと違ってカードの利用可能枠が有りません。

しかし、そもそもディーラーがカード払いを認めていない場合は、ブラックカードを持っていても使う事は出来ないでしょう。一方で、カード払いは出来るけど、利用可能枠が足りない(一時的に枠を広げてもらっても足りない)ケースでは、ブラックカードが有れば支払いが可能となります。

従って、ブラックカードを持っているからといって、必ずクレジットカードで購入出来る訳ではない、という事ですね。

一括払い?それとも分割払い?

クレジットカードでの支払いが出来る場合、一括払いにした方が良いでしょうか?それとも分割払いの方が良いのでしょうか?

この点については、クレジットカードで支払う際の金利を考慮する必要が有ります。

クレジットカードでの支払いを分割払いやリボ払いにすると、支払いが終わるまでの間、クレジットカード会社の定めた金利手数料を支払う必要が有ります。

そして、手数料率は10〜15%程度と結構高いのです。

車両代金を分割払い

一方で、車をローンで購入した場合の金利は2〜6%程度が多いので、支払い回数を多くするとローンで購入した方が支払いが少なくて済む可能性が有ります。

なお、クレジットカードでの支払いをする場合、一部の例外を除くと殆どのクレジットカードで「2回払い」の選択が可能です。

そして、この2回払いはなんと「金利手数料無料」で利用出来るのです!クレジットカードで分割払いをする場合は、金利手数料を考慮する必要が有りますが、一括か2回で支払いが出来るのであればお得ですね。

ONIX(オニキス)では使用可能!

新車販売や中古車買取りをしているONIX(オニキス)は、2014年からCoiney(コイニー)を導入し、新車代金の一部や車検費用などの支払いがクレジットカードで出来る様になりました。

オニキスは国内のメーカーは全て取り扱っているので、車のメーカーやカードの種類を問わず、クレジットカードの支払いが出来る様になった、という意味では大きな進展ですね。

:「代金の一部」という表現が使われている様に、「全額」では有りません。

デビットカードでの支払いは可能?

デビットカードは、銀行が発行しているカードで、支払時に即座に預金口座からお金が引き落とされるというものですが、車の支払いには利用出来るのでしょうか?

この点、デビットカードはクレジットカードよりも利用(加盟店)手数料が低めで2〜3%程度となっています。クレジットカードと比べるとディーラー側の負担は少ないですが、それでもディーラー側からすると手数料は無視出来ないですよね。

従って、デビットカードについても利用出来るかどうかは、ディーラーの判断に委ねられる事になります。

中古車の場合

中古車の場合は、新車と比べるとクレジットカードでの支払いが出来るケースが多い様です。

しかし、クレジットカードを利用されるとディーラーは手数料を負担しないといけないので、あまり使って欲しく無いと思っている点は、新車ディーラーの場合と同じですね。

中古車販売店

また、中古車ディーラーの仕入は業者オークションがメインですが、仕入の代金支払いは購入後すぐに支払いが必要となる事が多く、販売代金がクレジットカード払いになると資金繰りが圧迫される事も、嫌がる理由として考えられます。

なお、中古車ディーラーの場合、クレジットカード手数料が購入価格にプラスされる事が有ります。これは、クレジットカード手数料を実質的に客の負担にして、ディーラーの負担を減らそうとするものなので、客としてはメリットは全く有りません。

楽天で車を購入するとポイントがもらえる!

最近は、ネットショッピング大手の楽天でも車を購入する事が出来ます。

楽天で新車販売を展開している「新車選び.COM」を訪問する方はこちら

楽天の場合は、クレジットカードは利用出来ませんが、その代わり購入金額に応じて楽天スーパーポイントが付与されます。楽天で車を購入すると、数万円単位のポイントがあっという間に貯まる可能性が有りますね。

なお、アマゾンではクレジットカードは利用出来ず、購入してもアマゾンのポイントは貯まりません。

まとめ

いかがでしたか?車の購入時に、クレジットカードでの支払いが出来るケースと出来ないケースとが有りますが、いずれにしてもディーラー側にとってはクレジットカードでの支払いによるメリットは、特に有りません。

ディーラーとの付き合いは、車購入後も長く続きます。後々の事も考えると、購入時にクレジットカード会社のポイントを狙うよりも、提携のローンを組んで値引きを最大限に引き出した方が良さそうですね。

なお、現金一括払いをアピールしても値引きはあまり期待出来ません、悪しからず。(参考記事:車を現金一括で購入しても値引き額が増えない理由

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス