車査定マニア
車を盗難する男

車を盗難する男

「自動車の盗難は自分には関係ない」
と思っていませんか?

最近の車は盗難防止装置が付いている事が多く、ユーザー自身が盗難防止を心がけている事も有り、自動車の盗難件数自体は年々減ってきています。しかし、それでも平成27年単年で13,821件が盗難として認知されています。

自動車盗難ランキング~車種別・都道府県別でまとめてみた

乗っている車種によって、盗難に遭い易いものと遭いにくいものとに分かれますが、いずれにしても盗難防止対策をしっかりと施しておく事で、盗難を未然に防ぐ事が出来る事に変わり有りません。

そこで、ここでは車が盗難に遭わない為に出来る対策や、盗難防止に役に立つグッズを紹介していきます。

自動車の盗難に遭わない為の対策

自動車の盗難に遭わない為に出来る事としては、特に難しいものは無く、日常的に注意していれば良いものばかりです。

まず、路上に放置駐車をしない様に注意が必要です。駐車場ではない場所に置いていると駐車違反の取締りを受けますし、止めてはいけない場所に止めているのだから盗まれても文句が言えませんよね。

駐車場の監視カメラ

駐車場に止める際は、盗難防止の配慮がされている駐車場を選びましょう。例えば、利用者以外の方が中に入れない様にフェンスやゲートが設置されていたり、照明設備が整っていて夜間でも見通しが良い、防犯カメラが設置されていて管理人が常駐している、といった駐車場が良いでしょう。

また、車から少しでも離れる際は必ずカギを抜いてドアロックをし、貴重品を車の中(特に外から見える場所)に置きっぱなしにしない様にしましょう。

:簡単に取り外しが出来る上に盗まれ易いポータブルナビやETCカードなどは、車から離れる際は極力取り外して持ち帰る等した方が良いでしょう。

いかがですか?特に難しい事は無いですよね?日常的にこれらの点に気を付けているだけで、盗難に遭うリスクは減らす事が出来ます。

また、これらに合わせて以下で紹介する盗難防止グッズを活用する事で、さらに盗難リスクを減らす事が出来ますよ。

盗難防止に役立つグッズ

以下では、車の盗難防止の為に役に立つグッズをいくつか紹介していきます。

ハンドルロック

ハンドルロックは、ハンドルに固定してキーでロックし、ハンドル操作が出来ない様にする装置です。車の外からもハンドルロックが付いている事が分かるので、盗難防止に役立ちますよ。

ハンドルロック

加藤電機 ホーネット(HORNET) カーセキュリティ ハンドルロック LH-10R:アマゾン

ハンドルロックには、様々な種類が有り値段もバラバラです。安いものを買って、犯人に簡単に取り外されてしまっては意味が有りません。少し値段は高くなりますが、「ディンプルキー付き」のものにすれば、キーの複製が出来ないので防犯効果がより高まりますよ。

タイヤロック

タイヤロックは、タイヤに固定して車が動かない様にする為の装置です。自転車に付けるカギの自動車版といった感じですね。

タイヤロック

キラメック(KIRAMEK)タイヤロック WORCH-2000M:Amazon

タイヤロックもハンドルロック同様に、ディンプルキーのものを選んだ方が盗難防止には役に立ちます。

なお、タイヤロックは、タイヤのサイズによって適応する車種が分かれます。購入する前に、自分の車で使えるかどうかを必ず確認する様にしましょうね。

警報装置

最近の車は、盗難防止警報装置が標準装備されている事も多く、ガラスを割られたりカギをこじ開けようとした際の衝撃に反応して、警報が鳴る様になっています。愛車が盗難に遭うリスクを、追加でお金を払わなくても軽減する事が出来ているという訳ですね。

参考:警報装置は誤作動を起こす事が有ります。誤作動すると、何も無いのに大きな音が響き渡り迷惑なので、すぐに止められる様にしておきましょうね(関連記事:車の盗難防止装置(警報アラーム)が誤作動した時の止め方・解除方法

警報装置が付いていない車も、市販の警報装置で安くて良いものが有るので是非取り付けておく様にしましょう。

警報装置

カーメイト 自動車用セキュリティ ナイドシグナルアラームEX-R SQ80:Amazon

これは、ダッシュボードに置いておくだけで、簡単に設置出来る(乾電池式なので配線も不要)警報装置です。作動しているときは、装置の正面が青く流れる様に光るので、警報装置が付いている事を周囲にアピールし、盗難しようとしている方を牽制する事が出来ます。

GPS機能付位置探査装置

GPS機能付位置探査装置は、車が盗難された際に車の位置情報を取得し、GPSで探す事が出来る装置です。

GPS機能付き探査装置

(GPSロガー i-gotU GT-120:Amazon)

これは、車に載せておく事で、離れた所からでも車の位置をパソコン等で確認出来るGPS装置です。車の盗難に限らず、ランニング時の走行履歴の管理や旅行時などにも使う事の出来るので便利ですよ。

イモビライザー

車のスマートキー

イモビライザーは、キーに内蔵された電子チップのIDと車に組み込まれているコンピューター内のIDとを照合し、一致すればエンジンが始動するという装置です。IDが一致しない限りエンジンがかからないので、車の盗難防止に役に立ちます。

イモビライザーとは?その仕組と防犯効果

最近の車には標準装備されている事が多いですが、イモビカッターと呼ばれる、コンピューター内のIDをリセットして別のIDに登録する装置によって、イモビライザーは破れられる事が有ります。

従って、イモビライザーが付いているからといって、絶対に安心という訳では有りません。

参考:イモビライザーは後付けする事も出来ますが、新車時に取り付けていた方が安上がりになる事が多いです。

まとめ

いかがでしたか?盗難に遭わない様にする為に普段から心がける事や、盗難防止に役に立つグッズが色々有る事が分かりましたね。

防犯対策をしているのとしていないのとでは、盗難に遭う可能性は大きく変わってきます。今まで何の対策もして来なかった方は、これを機に防犯対策をしてみてはいかがでしょうか?

とは言え、盗難防止装置を付けていたとしても犯人が本気を出せば、結局盗まれてしまう事が多いです。そこで、万が一盗難に遭った場合の為にも、車両保険にも加入しておく事をオススメします。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定