車査定のマニア
ドキドキ

住宅街に良くある、センターラインの無い狭い道。圧迫感があり、前から車が来てすれ違うときに「ぶつけたらどうしよう」とドキドキしますよね。運転の初心者でなくても、苦手だという方は多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは細い道や狭い道で車同士がすれ違う際のコツや走り方を紹介していきます。

ドキドキ

すれ違う場所を探す!

細い道の走行中に対向車が来た場合は、まずはすれ違い易い場所を探しましょう。速度を落として周りの状況をしっかりと把握し、どこですれ違うのが一番かを見定めます。

狭い道

電柱が有ったり、道の隅にバイクや植木鉢などが有ったりするとその場所でのすれ違いは困難です。出来るだけ左右に余裕の有る場所を探す様にしましょうね。

なお、相手が先にすれ違い易い場所を見つけて待機していてくれる事も有ります。その場合は、対向車が待機してくれている場所ですれ違う様にしましょう(すれ違う際には、会釈などで感謝の気持ちを表しましょう)。

前方ですれ違う自信が無い場合は、スペースに余裕が有る地点までバックするのも1つの手です。

左に寄りながらのバックは難易度が高そうですが、寄りたい方向にハンドルを切りながらゆっくりとバックする様にしましょう。

早めに車を寄せて、すれ違いはゆっくり!

すれ違う場所を決めたら、早めに車を左側に寄せましょう。すれ違い始める前に車が真っすぐ前を向いていないと、すれ違うのが難しくなってしまいます。

すれ違い

そして、すれ違う場所にたどり着いたら無駄なハンドル操作はせずに、左右の幅を見てゆっくりとすれ違いましょう。すれ違う際には、ドアミラーが壁や対向車のドアミラーに当たらないかを確認しながら進む必要が有ります。ドアミラーがぶつかりそうであれば、1度ドアミラーを閉じるのもアリです。

なお、すれ違いをしようとしたものの、自分の運転技術では前後どちらに進むのも難しいと思ったら、その場に停止して対向車に先に進んでもらう様にしましょう。

参考:相手が「ここで待っているので、お先にどうぞ」という場合、パッシングをしてくれる事も有るので、合図を見逃さない様にしましょう。(参考記事:パッシングの意味・やり方のまとめ~車同士の暗黙のコミュニケーション

路上の障害物を避けてすれ違う場合

運転の初心者が悩みがちなものとして、「路上駐車などによって片側車線が塞がれている場所で対向車とすれ違う」というケースが挙げられます。

この様なケースでは、塞がっている車線を走行している車が一旦停止をして、対向車に道を譲るのがルールです。無理矢理先にすれ違おうとすると、衝突しかねないので注意が必要です。

ルール

狭い道は見通しが悪く、子供や自転車が飛び出してくる事も有ります。常に周囲に気を配り、安全に通過出来る様に心がけましょうね。なお、普通の道路を走っているときもそうですが、運転はお互いに譲り合う気持ちが重要です。

自分の事ばかり考えるのではなく、周囲の安全を優先して考えられるドライバーになりたいですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定はこちらから

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり