車査定マニア
パーキングチケット

街中にいくと、パーキングメーターやパーキングチケットを見かける事が有りますが、これらの違いや正しい利用方法を知っていますか?

ここでは、パーキングメーター等の原則的な利用方法や細かな疑問点などを紹介していきたいと思います。

パーキングメーター・チケットの利用方法

パーキングメーターやパーキングチケットは、本来は駐車禁止の道路に一時的に駐車を認める為の機械及びスペースです。間違った利用の仕方をすると、駐車違反となってしまうので、以下でそれぞれの正しい利用方法等を見ていきましょう。

パーキングメーター

パーキングメーターは、下の写真の様な機械を指し、各駐車スペース毎に設置されています。そして、枠内に車を止めると機械が車を感知し、メーターが作動し始めます。

パーキングメーター

駐車する際には、必ずメーターが「0(ゼロ)」となっている事を確認し、手数料()を入れて下さい。駐車出来る時間は最大で60分(他に20分と40分も有り)です。なお、100円硬貨しか使用出来ないので、お札等しか無い方は予め用意しておく必要が有ります。

:支払う料金は「駐車場の料金」ではなく、パーキングメーター等の「維持管理手数料」として扱われています。

ちなみに通常のパーキングメーターとは別に、貨物車等の大きな車が一時的に駐車出来る様に「貨物車用」のパーキングメーターが設置されている事が有ります(パーキングチケットも有り)。

一般車も使用する事は出来ますが、貨物車が止められる様に一台分の駐車スペースがが大きめとなっています。よっぽどの事が無い限り、一般車は他のスペースを使用する様にしましょうね。

パーキングチケット

一方のパーキングチケットは、下の写真の様なチケット発行機を指し、複数の駐車スペース毎に1つ設置されています。

必要な料金(多くの場合、60分で300円)を入れると、シール型のチケット()が出て来るので、これをフロントガラスの見やすい位置に内側から貼りましょう。駐車出来る時間は最大で60分(40分も有り)です。

パーキングチケット

:チケット発行機は旧型と新型が有り、新型機は「車のナンバー」の入力が必要です。発行されたチケットにもナンバーが記載される様になっています。

パーキングチケットの場合、料金を支払っていたとしてもチケットを貼っていなければ駐車違反となるので、注意が必要です。

ちなみに、チケット発行機は以下の標識が有る付近に設置されています。

チケット発行機

参考にこの標識の場合、チケット発行機に料金を入れると60分間の駐車が可能となります(利用出来るのは9時〜20時)。

そもそもなぜ1時間を超えて駐車出来ないのか

パーキングチケットやパーキングメーターは、皆さんに「一般道路の一部を駐車場として開放し、有意義に使って貰おう!」という趣旨で運営されているのでは有りません。

あくまでも、「ほんの数分だけでもいいから停めたい!」といった「短時間駐車の需要」に応える為のもので、一般の駐車場の様に長時間置く事を想定していないのです。

従って、1回当たりの駐車時間は決められており、「1日分のお金を払うから貸し切りたい!」といった事は出来ません。

土日でも利用できる事は有るのか

基本的に、パーキングチケットやパーキングメーターの利用は平日に限定されている事が多いですが、全てが平日限定という訳では無く、場所によっては日曜・祝日も利用出来る場合が有ります。

但し、利用可能時間外に駐車すると駐車違反となってしまいますので、標識や機械に表示されている利用可能曜日・時間をチェックした上で利用する様にしましょうね。(参考記事:時間外や土日にパーキングメーターを利用すると駐車違反になるのか?

超過は駐車違反!

パーキングメーターやパーキングチケットが設置されている場所での駐車は、駐車場に車を止めているのとは異なり、「普通の道路」にお金を払って一時的に車を止めさせて貰っているだけです。

駐車違反

従って、チケットに記載されている「終了時刻」を超過、若しくはメーターが上限の時間を超過した状態で駐車していると、駐車をする権利は無くなり駐車違反となります。

:チケットを複数発行して貼っていたとしても、合計時間分の駐車出来る訳では有りません。あくまでも、最初に購入したチケットの「終了時刻」までしか駐車出来ません。続けて駐車する場合は、1度枠外に出てから改めてチケットを発行する必要が有ります。

規定の時間を1分でも超えたらいつ取締りを受けてもおかしく無い状態なので、時間を超過してしまったらすぐに車をどける様にしましょうね。

パーキングメーターは59分以内に料金入れればいい?

上述の様に、パーキングメーターは機械が感知し始めてから最大60分以内であれば駐車が可能です。そして、警視庁のHPには以下の記載が有るので、料金は「前払い」ですぐに入れないと駐車違反となりそうな感じがしますよね。

手数料は最初に入れてください。後払いではありません。手数料を入れないと駐車違反となります。

しかし、中には手持ちがお札しか無く、コンビニや銀行等にお金を崩しに行く人もいます。その間に駐車違反として取り締まってしまうのは酷ですよね。そこで実際上は、警官も駐車違反の監視員も、メーターが59分以内であれば駐車違反の取締りはしない様になっています。

枠内に止めないと駐車違反になる例

パーキングチケットやパーキングメーターの有る駐車スペースは、白線で1台分のスペースが予め決められています。そして、枠の中にしっかりと収まる様に駐車しないと駐車違反となります。

駐車違反となる例としては、以下の様なケースが有ります。

  • 枠からはみ出して止めている
  • 枠の向きと異なる向きで止めている
  • 完全に枠外に止めている
  • 隣接している駐車枠にはみ出しており、他の利用者の駐車の妨げになっている

せっかく正規料金を払って駐車しているのに、駐車違反となってしまっては勿体ないですから、正確に枠内に止める様にしましょうね。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定