車査定マニア
車のタイヤのパンク

車のタイヤのパンク

タイヤがパンクすると正常な走行が出来ず危険なので、すぐに修理する必要が有ります。では、そもそもなぜ車のタイヤはパンクするのでしょう?

ここでは、タイヤがパンクする原因や、パンク時の対処方法について見ていきましょう。

車のタイヤがパンクする原因

タイヤがパンクするのには様々な原因が有りますが、ここでは代表的なパンクの原因を見てみましょう。

釘やガラスの破片でパンク

釘等により後輪がパンクした車

まず、道路に落ちていた金属(釘等)やガラスの破片などを踏む事でパンクする事が有ります。前輪で釘などを踏んで起こし、それを後輪が踏んでパンクするのが一般的なので、後輪がパンクするケースが多いです。

最近のタイヤは、釘を踏んだからといってすぐに貫通してパンクする訳ではないのですが、空気圧は徐々に下がり、やがてはパンクしてしまいます。

路肩や縁石が原因でバースト

次に、路肩や縁石にタイヤの側面をぶつける事でタイヤがバースト(破裂)する事が有ります。勢いよくぶつかると一発でパンクする事も有りますが、少し擦っただけであればいきなりパンクする事は有りません。

道路の縁石

しかし、小さなキズが付くと空気圧が下がり、後々バーストする可能性が有ります。路肩や縁石にタイヤの側面をぶつけた場合は、必ず事後的に空気圧のチェックをする様にしましょうね。

タイヤへの負荷でパンク

他にも高速道路を走っているとタイヤの負荷が原因でバーストする事が有ります。タイヤの空気圧が低下していると、タイヤのたわみが大きくなりタイヤが発熱するので、最終的にバーストしてしまうのです。

また、中にはイタズラでタイヤをパンクさせられてしまう、というケースも有る様です。

パンクするとどうなる?!

タイヤがパンクすると、まずハンドルがとられて思い通りに運転するのが困難になります。そして、空気が抜けていく段階では路面の凹凸が激しく伝わってくる様になります。

最終的にタイヤの空気が大半が抜けてしまうと、ゴロゴロと路面に硬い物が当たる様な音がする様になります。どの段階でも正常な走行は困難なので、パンクしたらすぐに車を止めて対処する事が必要ですね。

パンクの予防法

タイヤのパンクは上記の様に様々な原因によって起こるので、完全に予防する事は難しいです。道路に落ちている釘を走行中に見分けて避けるなんて事は、現実的には困難ですからね。

しかし、路肩にぶつからない様に車の寄せ過ぎに注意したり、高速道路でのバーストを防ぐ為に定期的に空気圧をチェックするといった対策は可能です。

タイヤの空気圧チェック

また、タイヤの消耗が激しいとパンクやバーストに繋がるので、溝の深さを定期的にチェックして、タイヤ交換も忘れない様にしましょうね。

車のパンクの原因となるイタズラ対策

車は高い買い物なので、遊び半分でイタズラされると腹が立ちますよね。一番多いのは鍵や小銭などで車体にキズを付けるイタズラですが、タイヤをパンクさせるというイタズラも有ります。

犯人を捕まえる事が出来れば修理代を出させる事が出来るのでまだ良いですが、基本的にはイタズラをされても、現行犯として捕まえない限りは泣き寝入りとなるケースが殆どです。

絶対にイタズラされない方法というのは有りませんが、有効な対策としては車体が傾いたり車体にキズが付けられたらりした際に、警報が鳴るセキュリティー装置を付ける方法が有ります。

また、犯人を特定するという意味では、監視カメラ(ドライブレコーダーと12vバッテリーを併用するのも可)を近くに設置しておくのも良いですね。

パンク時の対処:応急処置としてタイヤ修理キットが有ると便利!

走行中にパンクした場合は、パンクしたタイヤの方向にハンドルがとられるのでとても危険です。ハンドルをしっかりと持って、安全な場所に車を止めましょう。なお、路上に止まる場合は三角停止表示版を使って周囲に知らせる様にしましょう。

:高速道路でパンクした場合は、その場でいきなり止まらずに、最寄のSAやパーキングエリアまでゆっくり走っていった方が安全です。

三角停止表示板

大きなパンクだった場合は、タイヤの交換が必要となります。スペアタイヤを積んでいる方は、タイヤの交換をしましょう。なお、自分でスペアタイヤに交換出来る方はいいですが、不安な方は迷わずロードサービスを呼びましょうね。

自分で車のタイヤ交換を行う場合の手順・方法まとめ

一方で、小さなキズによるパンクであれば、市販されているタイヤ修理キットで応急処置をする事が出来ます。

タイヤ修理キットには、タイヤの空気バルブから特殊な液体を注入する事で、タイヤの穴を内部から塞いで空気が漏れない様にする応急処置用のものと、タイヤの外部から穴を塞ぐものとの2種類が有ります。

応急処置用のタイヤ修理キットは簡単に使用出来るので、トランクに常備しておくといざというときに役に立つでしょう。但し、あくまでも応急処置なので、処置後どれくらいの距離を走る事が出来るかは走ってみないと分かりません・・・。

応急処置をしたから大丈夫!と思わずに、出来るだけ早く修理をする様にしましょうね。

参考:最近は、スペアタイヤの代わりにパンク修理キットが車に付属されている車種も増えて来ている様です。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定