車査定のマニア
車両感覚

日頃から運転していないと、車両感覚は掴みにくい物です。対向車とすれ違う際の距離感で有ったり、左の溝や壁との距離感で有ったり・・・。これらのような車の幅や前後の感覚が掴めないと怖くて運転出来ませんよね。だからと言って、運転する事から逃げてしまうと車両感覚は一向に身に付きません。

やはり、車両感覚を身に付けるには「慣れ」が必要です。そして、慣れに加えて「目安」を知っておけば、より早く車両感覚を掴む事が出来ます。

今回は車両感覚の掴み方を紹介したいと思います。

当記事は右ハンドルの車両を前提に構成されています。

車両感覚が掴みにくい理由

車両感覚が掴みにくい理由は、単純に車が大きいからです。運転手の体又は目から車の「左端」や「前後の端」まで距離が有り、体から遠く離れた位置の感覚を掴む事は難しいんです。

車両感覚

一方、同じ乗り物でもバイクの車両感覚に悩む人はまずいません(バイクに乗った事が無い人は自転車に置き換えてみて下さい)。なぜなら、バイクの車幅と人間の肩幅はほぼ同じだからです。歩く感覚と同じように運転出来るため、車両感覚を掴めないなんて事は起こりません(前後の感覚も体から近いため分かりやすいです)。

この事からも自動車の掴みにくい車両感覚の位置が分かります。それが以下の3つです。

  • 左側
  • 前方
  • 後ろ

体に近い車の右側の車両感覚を掴めない人は少ないと思います。

そこで、上記3つの位置の車両感覚の掴み方について見ていきましょう。

なお、今回紹介する目安などは、運転姿勢や車種によって変わってきます。当記事を参考にして、ご自身で愛車の車両感覚を掴むための目安を確認するようにして下さい。

左側の車両感覚と目印

車の左側の車両感覚が一番掴みにくいです。左側の感覚を掴む為には、まず左の車輪の位置を把握する事が大切です。

運転席から見ると、左車輪の延長線は下記画像の「1」のようにボンネットの中央辺りに位置します。感覚的にはフットレストに置いた左足が左車輪の位置となるでしょう。

左車輪の位置の目安(出典:ホンダ

次に左側の車線や縁石などの位置を把握します。目安としては、車線や縁石がフロントガラスの中央付近より10~15cmほど左に見えていると、車両との間隔は50cmぐらいになっています。

このような目安を参考にして、左側に車を寄せる練習をすれば、車の左側の車両感覚を掴む事が出来ます。

前方の車両感覚

前方の車両感覚も意外と掴みにくいです。前方車両に対してギリギリに止めたつもりでも、降りて確認してみるとかなり距離があいていますよね。この事からも分かるように、運転手の感覚よりもだいぶ手前に車両の前端は位置しています。

下の画像は前端(3)と前車軸(4)の延長線を表したものです。どちらもサイドミラーより下に位置している事が分かります。これを1つの目安として利用してみましょう。

前方の車両感覚(出典:ホンダ)

また、実際に壁や車両に車を前向きで近づけて、運転席から見た感覚と降りて確認した距離のすり合わせをすれば、前方の車両感覚を養う事が出来ます。

後ろの車両感覚

視界も狭く、運転席から遠い後方の車両感覚も掴むのが難しいです。

前方の車両感覚と同様に、後方の車両感覚も「運転席から感じる後方車両などとの距離」と「実際に降りて確認した距離」をすり合わせる事で車両感覚を養う事が出来ます。この時、運転席からは「目視」と「バックミラー」の両方で後方車両などを確認するようにしましょう。

後方の車両感覚

また、駐車をする際は後方の感覚だけでなく、車両の横の何か目印になる物も利用するようにしましょう。自宅の駐車場に駐車するならガレージの屋根の支柱や家の壁などを、またお店に駐車する時は横に駐車している車両などを目印にすると良いでしょう。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら