車査定マニア
サーキット

サーキット

モータースポーツは格好いいですよね。車で走る事が好きな方は、一度はレースに出てみたいと思った事が有るのではないでしょうか?しかし、危険なスポーツなので、誰でもいきなりレースに出られるという訳ではなく、まずはライセンスを取得する必要が有ります。

そこで、ここでは、モータースポーツのライセンス制度の仕組みや取得方法、出場出来るレースなどについて紹介していきます。

ライセンス制度の仕組み

日本国内で実施されている自動車競技は、JAF(日本自動車連盟)が統括しています。従って、日本でモータースポーツに参加する場合は、JAFが発行している競技ライセンスを取得する必要が有ります。

レース

そして、モータースポーツは、以下の様に持っているライセンスの種類毎に、出場出来るレースが異なります。

ライセンスの種類カテゴリー
国内A級ライセンス国内の全てのレース
国内B級ライセンス国内ラリー
スピード行事(ジムカーナ・ダートトライアル等)
国際スーパーAライセンス世界選手権のF1
国際Aライセンス世界選手権以外のF1
国際BライセンスグループC1・C2・カンナムなど
国際Cライセンス国際レース(国際B以上を除くすべて)
国際Cレース除外ライセンス国際ラリー(国内はレースまで可)
ドラッグライセンスドラッグレース
ソーラーカーライセンスソーラーカーレース

参考:サーキットを走るのが「レース」、公道を走るのが「ラリー」、舗装された広場や駐車場などを走るのが「ジムカーナ」、非舗装路面などにコースを作って走るのが「ダートトライアル」です。

以下では、国内ライセンスの取得方法について見ていきましょう。

国内ライセンスの取得方法

ここからは、国内ライセンスの取得方法について解説していきます。

サーキットを走る車

国内B級ライセンスの取得方法

国内Bライセンスは、普通自動車以上の運転免許証()を持っていてJAF会員であれば、誰でも以下の方法で簡単に取得する事が出来ます。

:18歳以上の方で、普通自動車以上に相当する外国の免許証を持っている方もOKです。

  • B級ライセンス講習会を受講する
  • 所属クラブの推薦を受ける
  • 所属クラブ主催のクローズド競技への出場証明を貰う
  • JAFが実施している資格認定試験(筆記試験)を受験し、合格する

なお、講習会を申し込むには、B級ライセンス講習会スケジュールを見て、参加出来る講習会をJAFやサーキットに連絡する必要が有ります。

参考:講習会の日程は、JAF会員に毎月送られて来る雑誌「JAFメイト」にも掲載されています。

講習会

国内A級ライセンスの取得方法

国内A級ライセンスは、B級ライセンスの上級ライセンスとなるので、取得資格として以下の要件を満たす必要が有ります。

  • B級ライセンス保持者
  • JAF公認のジムカーナ・ダートトライアル・ラリーのいずれか1つに、1回以上参加している事

これらの要件を満たした方は、A級ライセンスの講習会を受ける事が出来ます。なお、講習会には講義と実技()が有り、講義後には筆記試験、実技後には走行実技試験が行われるので、丸一日かかります。

:原則、車を持ち込む必要が有りますが、サーキットでレンタカーを借りる事も出来るので、自分の車が無くても大丈夫です。

実技試験

講習会には丸一日必要ですが、だからといって取得するのが難しいという訳では有りません。筆記試験はルールやマナーに関する簡単な問題で、実技試験もフラッグの指示やマナーを守って走ればOKです。よほどの事が無い限り、ほぼ間違いなく合格出来るでしょう。

なお、ほとんどのサーキットが、国内B級ライセンス・国内A級ライセンスの両方をセットで取得出来るコースを用意しています。従って、基本的には1日あればB級ライセンスを持っていなかった方でも、A級ライセンスまで一気に取得する事が出来ます。

参考:A級ライセンスの講習会の受講資格として2点書きましたが、B級ライセンスを持っていない方でも、JAF公認のサーキットで50分以上の走行証明を貰えれば、A級ライセンスの取得が可能です。(既にB級ライセンスを持っている方は、25分以上の走行証明を貰えば、レースに1回以上参加という条件は免除されます。)

ライセンスの取得費用や有効期限

ライセンスにかかえる費用

ライセンス取得費用は、サーキットによって異なりますが、大体3〜5万円程度だと思っておくと良いでしょう。

また、ライセンスは有効期限が1年(1月1日〜12月31日)なので、取得後毎年更新をする必要が有ります。更新料はA級ライセンスが4,000円で、B級ライセンスが3,000円です。

まとめ

いかがでしたか?国内A級ライセンスというと、何だか敷居が高そうな感じもしますが、実際にはそれほど取得が難しいものではない事が分かりましたね。

興味の有る方は、是非ライセンスを取得してみてはいかがでしょうか?

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定