車査定マニア
電気自動車

次世代自動車ビジネス早わかり(出版社:(株)中経出版)」によると、消費者が電気自動車の購入をためらう主な要因は以下の4つだそうです。

  • 価格
  • 走行距離
  • 充電インフラ
  • 性能

言われてみると「確かにそうかも」と思いませんか?これら4つの項目に対する不安・不満を解消できない限りは電気自動車がガソリン車のように普及する事は難しそうです。

では、今販売されている電気自動車の上記4つの項目の現状はどうなっているのでしょうか?

電気自動車の価格

今市販されている主な電気自動車の価格は以下の通りです。

車種価格補助金
リーフ280万~428万円26万~33万円
i-MiEV226万~283万円11万~17万円
テスラ1,015万~1,437万円60万円

ちなみに、テスラは新たなモデルの予約が始まっています。その価格は米ドルで「35,000ドル~」です。新モデルや旧モデルに比べるとかなり安い価格設定になりそうです。

リーフ・i-MiEVの価格は補助金を利用したとしても、ガソリン車と比べると「やや高い」です。

電気自動車

しかし、購入価格だけではなく、ランニングコストも含めてトータルで考えると十分購入出来る価格となっています。

例えば、走行に必要なガソリン車の「ガソリン代」と電気自動車の「電気代」を比較すると、はるかに電気自動車の方が安く済みます。日産のサイトの電気代シュミレーションを利用して、簡単に比較してみます。

電気代

電費とは、1kwh当たりの走行距離を言います。また、電気代の13.1円は関西電力の夜間の料金単価です。

毎月1,000km走行すると仮定した場合の年間の電気代は約26,200円です。同じ走行距離をプリウス(約40km/L)が走った場合で計算してみると、年間のガソリン代は約36,000円です(ガソリン単価120円/L)。

2016年4月現在で最も燃費性能の良いプリウスでもこれだけの差が出るんですね。本体価格は標準価格よりもやや高いイメージの有る電気自動車ですが、ランニングコストも考えれば購入に値する商品かもしれませんね。

電気自動車の量産体制が今より進めば価格低下に繋がるでしょうし、またより安価なバッテリーの開発に成功すれば価格は下がるでしょう。

電気自動車の走行距離

1回の充電で走行出来る距離は以下のようになっています。

車種走行距離
リーフ228km~280km
i-MiEV120km~180km
テスラ470km~557km

普段、どれくらいの距離を自動車で移動しますか?多くの人は30km~50kmぐらいだと思います。そう考えると、普段の利用においては十二分な走行距離性能が有ると言えます。

ただし、遠出をする場合の事を考えると物足りない走行距離です。自宅以外にも充電出来る設備環境が整っていないと、電気自動車の購入を考える人は増えないかもしれません。次に、充電インフラがどれだけ整っているのか見ていきます。

電気自動車の充電インフラ

充電スタンド数とガソリンスタンド数を比較してみると、以下のようになります。

種類スタンド数
充電スタンド普通充電:13,119箇所
急速充電:6,920箇所
ガソリンスタンド約30,000箇所

電気自動車(EV車)の充電時間や料金と充電スタンドの整備状況
全国及び都道府県別のガソリンスタンド数の推移

充電スタンド数はガソリンスタンド数のおよそ5分の3の数しかなく、まだまだ整備が追い付いていない状況です。しかも、そのほとんどが大都市圏に集中しています。地方においても充電スタンドを整備する事が課題と言えます。

電気自動車の性能

電気自動車の性能に疑問を感じている人もいます。しかし、実際はガソリン車よりも電気自動車の方が性能は高いんです。特に加速力はガソリンエンジン車の比では有りません。例えば、テスラは約3秒で時速100kmに到達します。

一度販売店で試乗してみてはいかがでしょうか?

今、世の中の人は「電気自動車を買いたい」と思っているのか?

世の中の人が「電気自動車の購入」に対してどのような意見を持っているのでしょうか。twitterでちょっと調べてみました。

ガソリン車又はハイブリッド車が良いという人が多いのかな、という印象でした。また、電気自動車の購入を検討する人でも「今ではない」と考えている人が多いようです。

今後「電気自動車を買う」と考えている人の割合

価格.comが2016年4月に行ったアンケート調査(回答者4,581人)によると、「今後電気自動車を購入したい」と考えている人はなんと3%にも満たなかったようです。それに対してガソリン車を購入すると考えている人は約50%にものぼりました。

アンケート結果

将来的には電気自動車がどんどん普及していくと思いますが、現時点ではガソリン車と肩を並べるのは難しそうです。

■参考
電気自動車の普及の歴史【リチウムイオン電池登場まで】

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定