車査定のマニア
任意保険の補償項目

任意保険の補償項目

車の任意保険といっても、補償項目は対人や対物、車両保険など多岐にわたります。そして、何でもかんでも補償を付ければ良いと言う訳では無く、自分に合った補償を付ける事が重要です。

そこで、ここでは任意保険の主な補償項目や必要性について解説していきます。

主な補償項目と必要性

主な任意保険の補償項目としては、以下の様なものが有ります。

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害補償保険
  • 車両保険

ここからは、それぞれの項目について内容や必要性を見ていきましょう。

対人賠償責任保険

交通事故により他人にケガをさせたり死亡させた場合、加害者は被害者に対して損害賠償責任を負う事になります。

対人の交通事故

対人賠償責任保険は、この様に被害者に対して損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われるものです。対物賠償保険と並んで自動車保険のメインとなる補償で、必ず契約する必要が有ります。

:保険金が支払われるのは、自賠責保険で支払われる金額を超過した部分に限られます。

対人賠償責任は、支払金額が高額になる事が多いため、基本的に加入する際の補償金額は「無制限」が条件となっています。

対物賠償責任保険

交通事故により他人の財物に損傷を与えた場合、損害賠償責任を負う事になります。例えば、他人の運転する車に衝突し破損させたり、ガードレールに衝突し破損させた様な場合です。

対物賠償責任保険は、この様に他人の財物を破損し損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われるものです。対人賠償保険と同様に、メインの補償となるので必ず契約する必要が有ります。

ガードレールに衝突

但し、対人賠償責任保険と異なり、対物賠償責任保険は必ずしも「無制限」で契約しなければならない、という訳では有りません。

保険会社によっては無制限以外の選択が出来ない事も有りますが、5,000万円や1億円などの選択が出来るケース保険会社が多いです。確かに、補償金額を下げると保険料が安くなるので、無制限を選びたく無いという方もいるかもしれないですが、それによる保険料の差は微々たるものです。

一方で、対物賠償責任は対人賠償責任と同様に賠償金額が高額になる事が多いので、微々たる保険料の差をケチるのではなく、万が一の場合に備えて「無制限」とした方が良いでしょう。

対人・対物・人身傷害補償保険の補償金額は無制限がおすすめ

自損事故保険

交通事故を起こし被保険者が死傷したものの、崖からの転落等の様に他の人に対して損害賠償請求が出来ない場合(加害者がいない場合)に保険金が支払われるのが、自損事故保険です。

参考:居眠り運転をして反対車線の車にぶつかってしまった場合の様に、相手に過失が全く無い様な事故にも自損事故保険は使う事が出来ます。

自損事故保険については他の補償項目と重複する事が多く、人身傷害保険に包括されたり、特約で付帯出来たりと存在感が薄れつつ有ります。

とはいえ、自損事故は非常に多く発生していますし、後遺障害が残る人も多いです。自損事故保険に加入するか、別の保険で自損事故に対する補償は付ける様にしましょうね。

無保険車傷害保険

交通事故に遭遇し、被保険者が死亡又は後遺障害を負ったものの、相手方が任意保険に入ってない、若しくは入っていても補償金額が低くて、損害賠償金を負担しきれない様な場合に保険金が支払われるのが、無保険車傷害保険です。

参考:ひき逃げやあて逃げの様に、加害者が不明の場合も保険金支払の対象となります。

無保険車との事故

交通事故の相手方が保険に加入していない場合、被害者への賠償責任は自賠責保険の範囲内に限られてしまい、十分に果たされない事が有ります。自分を守る為にも、相手が任意保険に加入していないという状況を想定して、無保険者傷害保険は加入しておいた方が良いでしょう。

参考:無保険車傷害保険は、人身傷害補償保険に付帯されている事が多いです。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、車に乗っている方が事故により死傷した場合に予め決められた保険金が支払われるものです。

:トランクの中にいたり、車の外にいた際に交通事故に遭ったとしても保険金は支払われません。保険金が支払われるのは、通常の乗り方をしていた際に起きた事故に限ります。

搭乗者傷害保険では、例えば「打撲や捻挫だと5万円、骨折だと60万円」といった様に、支払われる保険金の金額が細かく決められている事が多いです。また、保険請求をするとすぐに保険金が支払われるといった嬉しい特徴も有ります。

保険料の負担は増えますが、契約しておくと交通事故時にコストに見合うリターンは得られるはずなので、是非契約したいところですね。

人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険に似た保険で「人身傷害補償保険」が有ります。

車に乗ってる方が死傷した場合に保険金が支払われるという点は、搭乗者傷害保険と同じですが、人身傷害補償保険は実際にかかった治療費や休業損害などが、過失割合に関係無く支払われる点に特徴が有ります。

人身傷害補償保険の保険金

交通事故の相手方がいたかどうかも問わず、搭乗者のケガをカバーしてくれるので、嬉しい補償ですね。

なお、搭乗者傷害保険と補償内容が重複している為、どちらか片方しか契約出来ないという保険会社も多いです。

車両保険

車両保険は、衝突や墜落等の偶然の事故によって契約車両に損害が発生した場合に、保険金が支払われるものです。偶然な事故以外にも、転覆や火災、盗難、台風、洪水などの事故によって損害が発生した場合も保険金支払の対象となります。

今まで紹介して来た補償内容は、人や他人の財物に対する補償でしたが、車両保険は自分の車の損害に対する補償です。

新車や高年式の車は車両保険は付けておいた方が良いですが、中古車に車両保険を付けるかどうかは車の価値なども考慮して決める必要が有ります。

車両保険は中古車や新車購入後数年経った車にも必要か否か

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定