車査定マニア
メリット・デメリット

自動車保険(任意保険)は、一般的に契約期間を1年とする方が多いですが、他にも2年や3年といった長期契約)をする事も可能です。

:一般的に「長期自動車保険」や「長期分割払い自動車保険」と呼ばれています。なお、ダイレクト型(通販型)の自動車保険では、今のところ長期契約が出来る保険会社は無い様です。

では、契約期間を1年ではなく3年にするとどの様なメリットやデメリットが有るのでしょうか?

メリット・デメリット

長期契約のメリット

長期契約をするメリットとして、以下の様なものが有ります。

更新の手続きが不要

1年契約の自動車保険の場合、毎年契約内容の見直しをしたり、継続手続きを行わなければなりません。長期契約だと、契約期間中は更新手続きが不要なので、手間が省けます。

契約期間中は保険料が変わらない

1年契約の自動車保険は、等級が毎年変わるので保険料も毎年変わります。しかし、長期契約の場合は、当初の契約時に満期までの保険料を確定させてしまうので、契約期間中の保険料は変わりません。

消費税の増税等による保険料の改定があったとしても、契約期間中は保険料が変わりません。

保険料一定

つまり、仮に1年目に交通事故を起こしたとしても、翌年の保険料が上がる事は無いのです。但し、長期契約は保険料を下げる事が目的ではないので、無事故だった場合の保険料は1年契約の保険料と殆ど変わり有りません。

保険料は分割払い(年払いor月払い)する事も出来ますし、契約期間分を一括払いする事も出来ます。(損保ジャパン日本興亜の様に、一括払いすれば最長で7年の契約が出来る保険会社も有ります)

:支払方法については、保険会社によって異なる事が有るので確認する様にして下さい。

クーリングオフが出来る

1年契約の自動車保険は1度契約してしまうと、原則としてクーリングオフは出来ません。従って、契約をやめたい時は、解約をする必要が有ります(解約するまでの期間分の保険料は返って来ません)。

参考:アクサダイレクトやソニー損保など、1年契約の保険でもクーリングオフが出来る様に独自に規定しているダイレクト型(通販型)の保険会社が有ります。

しかし、契約期間が1年を超える長期契約の場合は保険業法309条で、クーリングオフにより申込の撤回が出来る旨定められています。

(保険契約の申込みの撤回等)
第三百九条  保険会社等若しくは外国保険会社等に対し保険契約の申込みをした者又は保険契約者は、次に掲げる場合を除き、書面によりその保険契約の申込みの撤回又は解除を行うことができる。
一  申込者等が、内閣府令で定めるところにより、保険契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面を交付された場合において、その交付をされた日と申込みをした日とのいずれか遅い日から起算して八日を経過したとき。
二  省略
三  省略
四  当該保険契約の保険期間が一年以下であるとき。

自動車保険は、ディーラーで過剰な補償を付ける様に勧められる事が有ります。家に帰って考えてみたら「そんなに分厚い補償は不要だったかな」と思う事も有るでしょう。そういう時に、クーリングオフが使えると便利ですね。

長期契約のデメリット

長期契約をするデメリットとしては、以下の様なものが有ります。

保険料が一気に高くなる可能性が有る

後述しますが、長期契約では契約期間中に交通事故を起こして保険請求したとしても翌年の等級は変わりません。しかし、満期が来た後の等級は1年契約の時と変わり有りません。

中には、その事に気付いておらず何度も保険請求をしてしまい、満期後に保険料が一気に上がってしまったという方もいます。

保険料が上がる

平成25年以降は事故有り係数が適用され、事故を起こした方の保険料割引率は今まで以上に少なくなっています。その結果、無事故で13等級になった方の保険料と、事故を起こして13等級にダウンした方の保険料は大きく差が出る様になりました。

ノンフリート等級制度の意味と等級ごとの割引率

そこで、最近は長期契約の満期と同時に保険料の安いダイレクト型(通販型)の自動車保険に切り替える方が増えている様ですね。ダイレクト型の自動車保険に乗り換えると、代理店型より保険料が大幅に安くなるので、事故による保険料が増えるダメージを軽減する事が出来る訳ですね。

ゴールド免許割引が受けられない可能性が有る

免許証の色がゴールドの人のみ受けられる割引制度として「ゴールド免許割引」が有ります。この割引を適用するには、保険契約の開始時点で免許証がゴールドとなっている必要が有ります。

従って、現在の免許証がブルーで、翌年や2年後にゴールドになる予定の方が3年契約すると、ゴールド免許割引は受けられません。免許証がブルーの前提で3年分の保険料が計算されてしまうので、1年契約の場合よりも保険料が高くなってしまいますね。

参考:最近は、長期契約中でもゴールド免許割引を追加出来る保険会社も増えて来ています。ゴールド免許になる予定の方は、契約前に保険会社に追加が出来るかを確かめておきましょう。

但し、逆にゴールド免許の時に3年契約をして、契約途中で交通違反等によりゴールド免許でなくなっとしても、満期が来るまではゴールド免許割引を受けられる、というメリットも有ります。

長期契約の等級計算

長期契約では、契約時の等級・料率で保険料を計算します。とはいっても、仮に3年契約の契約時が10等級だとすると、3年間ずっと10等級の保険料を支払うという訳では有りません。

初年度は10等級で、2年目は11等級、3年目は12等級と毎年無事故で有る事を前提として保険料を計算しています。

事故

そして、等級の見直しは満期時に行われます。無事故で契約期間が満了すると、翌年は13等級になる訳です。なお、等級は以下の式によって計算されます。

前契約の等級+(前契約の保険期間の年数-3等級ダウン事故件数-1等級ダウン事故件数)-3×3等級ダウン事故件数-1×1等級ダウン事故件数

少々計算式がややこしいですが、3年間無事故だったと場合は「10+(3−0−0)-3×0−1×0」で13等級となりますし、2年目に3等級事故を起こした場合は「10+(3-1-0)-3×1-1×0」で9等級となります。

より分かり易くする為に、1年契約と3年契約とで年毎の等級がどうなるかを見てみましょう?(契約時7等級で、1年目に3等級ダウン事故を起こしたという前提です)

 1年契約3年契約
1年目8等級8等級
2年目5等級9等級
3年目6等級10等級
4年目7等級7等級

ポイントは、4年目になると1年契約だろうが3年契約だろうが等級は同じになる、という事ですね。

それなら、同じ保険会社が前提であれば、1年契約よりも3年契約の方が保険料が若干安いですし、事故を起こしても契約期間中は等級が一定に保たれるので、長期契約の方が得では!?と思いますよね。

但し、保険会社によって同条件でも保険料は異なります。3年契約という縛りを受けるより、毎年安い保険料の保険会社を選んだ方が、結果的に安く済む事も有ります。

長期契約の途中で解約あるいは他社へ乗り換えするとどうなる?

長期契約と聞くと、「途中で解約出来ないのでは?」「解約出来ても違約金が発生するのでは?」と心配になりますよね。

解約

確かに自動車保険は、通常満期が来たら乗り換えるもので、契約途中で解約したり他社に乗り換えるといった事はあまりしません。しかし、自動車保険の長期契約は契約期間の途中で解約したとしても違約金は発生しません。また、途中で保険会社を乗り換える事も出来ます。

:満期で乗り換える場合は、次の保険会社と契約をすれば済みますが、途中解約をして他社へ移る場合は、保険会社に電話連絡をする必要が有ります。

なお、解約すると保険会社から未経過分の保険料相当分(月割)が解約返戻金として支払われます。

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定