車査定マニア
交通事故

交通事故

車両保険に加入していれば、修理代は大丈夫!」と安心しきっていませんか?車両保険に加入しているからといって、必ず事故等による修理代に対して保険金がもらえるとは限りません。

そこで、ここでは「車両保険が使える事故や使えない事故」について解説していきます。なお、一般型かエコノミー型かによる使用の可否、それぞれの事故による等級のダウンについても解説します。

車両保険は使える?使えない?

ここでは、以下のケース毎に車両保険が使えるか使えないかを見ていきます。

  • 飛び石でガラスが割れた
  • 当て逃げされた
  • 停車中の車に追突し、バンパーが浮いた
  • イタズラ(コインでキズを付けられた・落書きされた)
  • タイヤがパンクした
  • 地震・噴火・津波による被害を受けた
  • 台風や火事/ひょうによる被害
  • 車が盗難された
  • 無免許時や飲酒運転時、麻薬服用時の事故
  • 電柱や壁に追突した(自損事故)

飛び石でガラスが割れた

割れたフロントガラス

走行中や停止中に石が飛んできて車のガラスが割れた(ヒビも含む)場合、「飛来中の他物の衝突」に該当し、車両保険を使う事が出来ます。

一般型でもエコノミー型でも補償されますが、車両保険を使うと1等級ダウンとなるので翌年の保険料は上がります。

参考:石を飛ばした相手が悪いのだから、相手方に修理代を払わせたい!と思うかもしれないですが、一般的にどの車が原因なのかを特定するのは困難な事が多いです。従って、車両保険って修理をせざるを得ないケースが大半です。

当て逃げされた

「車に衝突されたけど、加害者にそのまま走って逃げられてしまった」、若しくは「駐車場に止めている間に車をぶつけられていた」といったいわゆる「当て逃げ(相手車両が不明)」の場合、一般型の車両保険であれば補償対象となり、保険金をもらう事が出来ます。

なお、当て逃げによる損害に対して車両保険を使うと、3等級ダウンするので翌年の保険料は大幅に上がる事になります。

停車中の車に追突し、バンパーが浮いた

衝突事故

停車中の車に追突した場合、相手の車の損害は対物賠償保険によって支払いされます。そして、自分の車のバンパーの修理代については、車両保険から支払ってもらう事が出来ます(3等級ダウン)。

なお、一般型もエコノミー型も使う事は出来ますが、エコノミー型の場合は、相手の車のナンバーと運転者(若しくは所有者)が確認出来た場合のみ補償されます。

イタズラ(コインでキズを付けられた・落書きされた)

駐車中にコインでキズを付けられたり、落書きされたりといったイタズラに遭った場合、ボンネットやドアの塗装費用に関しては車両保険を使う事が出来ます。

一般型もエコノミー型も使う事が出来ますが、1等級ダウン事故となります。

タイヤがパンクした

車のタイヤのパンク

タイヤのパンクを含む、タイヤ単独の損傷については車両保険は補償対象外となっています。

但し、他の車と接触し、タイヤと車体に損害を受けた場合や、ホイールなどタイヤ以外の箇所にもイタズラされた場合は補償の対象となるので、車両保険を使う事が出来ます。

従って、タイヤの損傷に対して、車両保険が使用出来るかどうかやダウンする等級については、車両保険を使う原因によって異なる事になります。

地震・噴火・津波による被害を受けた

最近は地震が頻繁に発生していますし、噴火や津波による被害もニュースで見かける事が有りますよね。

しかし、基本的に地震や噴火、津波による損害は車両保険の補償対象外となっているので、使う事は出来ません。

:自宅に地震保険をかけている方は多いですが、地震保険は家財に対する保険です。車は家財ではないので、地震保険を使う事は出来ません。

台風や火事/雹(ひょう)による被害

台風

雹が降って来て、車にキズがついた場合、飛来中の他物との衝突に該当するので、修理費用に対して車両保険を使う事が出来ます。同様に、隕石や台風、竜巻、洪水、火災などによる損害に対しても車両保険は使う事が出来ます。

なお、一般型でもエコノミー型でも使用出来ますが、1等級ダウンとなります。

車が盗難された

駐車していた車が盗難された場合、車両保険の補償対象となるので保険金を受け取る事が出来ます。

なお、盗難の場合は一般型でもエコノミー型でも補償され、1等級ダウンとなります。

無免許時や飲酒運転時、麻薬服用時の事故

飲酒運転時の事故

自動車保険は、そもそもの制度目的は「被害者保護」です。そう考えると、運転をしてはいけない状態の方が、車を運転して交通事故に遭った様な場合にまで、保護する必要は有りませんよね。

従って、無免許飲酒運転、麻薬服用時に車を運転し、交通事故を起こした場合は車両保険を使う事は出来ません。

但し、被害者に対する補償は必要なので、対人賠償保険や対物賠償保険は使う事が出来ます。

電柱や壁に追突した(自損事故)

バック時の運転ミスなどでで電柱や壁に追突した様な場合、被害者はいないですが(自損事故)、問題なく車両保険を使う事が出来ます。

但し、車両保険が使えるのは一般型の場合のみで、使うと3等級ダウンとなります。

参考:電柱や壁の修理代は対物賠償保険から支払われますが、自宅の駐車場の柱にぶつけた場合は支払われません(マンションの共有部等であれば支払われる事が有ります)。

まとめ

いかがでしたか?車両保険はどのような事故にも対応している、という訳ではない事が分かりましたね。

最後に一覧にしてまとめておきましょう。

事故内容一般型エコノミー型等級
飛び石1等級ダウン
停車中の車に追突3等級ダウン
当て逃げ×3等級ダウン
イタズラ1等級ダウン
タイヤのパンク事故の内容による
地震・噴火・津波××
台風・火事・ひょう1等級ダウン
盗難1等級ダウン
無免許・飲酒・麻薬××
自損事故×3等級ダウン

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定