車査定のマニア
ガソリンの価格

自動車に乗っていると、ガソリンの価格は気になるもの。満タンにした次の日に、何気なくガソスタの価格を見てみたら、自分が入れた日の単価より安くてちょっと落ち込んだ・・・なんて経験は誰しも持っているでしょう。

ガソリンにかかる税金の内訳

そして、ガソリンの価格は地域毎でもかなり差が有ります。まずは、地域毎のガソリンの価格差を実際に見てみましょう。

スポンサーリンク

地域毎のガソリン価格ベスト&ワースト10

下記表は、2015年8月4日以前の直近7日間の都道府県別レギュラーガソリン価格表です。(出典:都道府県別平均ガソリン価格ランキング gogo.gs)

■最も安かった地域ベスト10

順位
(安い順)
価格
(円/L)
都道府県
1130.4千葉県
2131.1茨城県
3131.3和歌山県
4131.8徳島県
5132.5三重県
6132.7栃木県
7133.0埼玉県
8133.1京都府
9133.1神奈川県
10133.5東京都

■最も高かった地域ワースト10
順位
(高い順)
価格
(円/L)
都道府県
1149.4高知県
2146.8香川県
3144.3滋賀県
4141.7石川県
5141.3鳥取県
6141.0長野県
7140.7静岡県
8140.7岐阜県
9140.5富山県
10139.8愛媛県

ちなみに、この時の全国平均値は「136.9円/L」でした。

一番安い千葉では、リッターあたり130.4円の価格設定であるのに対し、一番高い高知では149.4円。

同じ日本なのに、リッター当たりのガソリン価格に19円もの差が発生しています。仮に、1,000L入れるとしたら1.9万円、10,000L入れるとしたら19万円の差ですね。

ガソリン価格が高いから・・・という理由で引っ越すなんて考えられませんから、ガソリン価格の高い地域に住んでいる人からすると「勘弁して欲しい」というのが、本音では無いでしょうか。

では、なぜ「地域毎にここまでガソリン価格に違いが出てしまうのか?」、その理由を見て行きましょう。

ガソリン価格に地域差が有る理由

価格に差が出る主な理由は、「輸送コスト」「ガソリンスタンド間の競争の有無」です。

輸送コストについて

ガソリンは、製油所で石油から精製されます。そして、精製されたガソリンは、タンクローリーに積載されて、各ガソリンスタンドへと輸送されて行きます。

ちなみに、この製油所、2014年4月時点で全国に23箇所しか有りません(出典)。つまり、製油所が近くにある地域も有れば、近くにない地域も有るという事ですね。

そして、製油所からガソリンスタンドまでの距離が遠い地域では、それだけ輸送コストが高くなり、ガソリン価格も高くなってしまいます。

ガソリン価格に地域差が有る一つの理由は、製油所からの輸送コストが影響しているのです。

現在のところ、「日本国内の製油所で精製する事が出来る石油供給量」は「日本国内の石油需要量(ガソリン需要含)」を大きく上回っています。従って、政府としては今後も製油所の数を減らしていく方向のようです。

そうなると、今は輸送コストがさほどかからない地域でも、輸送コストが上乗せされ、ガソリン価格が高くなってしまう地域が増えそうです。

もちろん、ガソリンの価格は原油価格に依存するところが大きいので、そこまで大きな価格変動は起きないでしょう。しかし、製油所の数の減少が、ドライバーにとっては痛手となるのは間違いなさそうです。

ガソリンスタンド間の競争の有無

複数のガソリンスタンドが存在する地域では、お客様を他の店舗に取られまいと、ガソリン価格を安く設定する傾向が有ります。そして、それを見た他店舗がまた安くする・・・という、ドライバーにとって好都合な価格競争が起こります。

逆に、近くに他のガソリンスタンドが無ければ、競争する必要が無いので、値下げ(価格競争が)があまり行われず、ガソリン価格は高止まりする傾向に有ります。

自分が住んでいる地域のガソスタ間の競争があまり激しくない・・・という人は、スタンドカードやセールを上手く組み合わせて、給油単価を下げる必要が有りますね。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら