車査定のマニア
ガソリン

ガソリンスタンドに行くと、入れる事の出来る燃料は「レギュラー・ハイオク・軽油」に分かれていますが、これらの違いは知っていますか?また、正しい使い分け方についてもここでは紹介して行きます。

ガソリン

それぞれの違い

大前提として、これらの3つをまとめて「ガソリン」だと思っている方もいるかもしれませんが、軽油はガソリンでは有りません。ガソリンも軽油も元を辿れば同じ石油なのですが、蒸留時の採取温度の違い()により最終的に異なる物となります。

:ガソリンは30℃〜230℃で発生する蒸気で作られ、軽油は140℃〜380℃で発生する蒸気で作られます。

燃料の違い

また、レギュラーとハイオクはガソリンですが、軽油はディーゼルエンジンに対応することからディーゼル燃料と呼ばれます。たまに軽油は「軽」が付くから軽自動車の燃料だ、と勘違いしている方がいますが、軽油は軽自動車には使えません。

レギュラーとハイオクの違い

ガソリンは、精製する過程で自然発火しない様に添加剤などで調整するのですが、最終的に出来上がったガソリンの「発火のしにくさ」でレギュラーとハイオクは分類されています。

なお、発火のしにくさを数値化したものを「オクタン価」と言い、ハイオクは高い(high)オクタン価なのでそういう名前が付けられています。

参考:日本のレギュラーガソリンは、「JIS K2202」でオクタン価が89以上(ハイオクは96以上)と定められています。

エンジンには燃焼温度が高くノッキング()がし易い高性能なものが有り、こういったエンジンに対応する為にハイオクが有る訳です。なお、ハイオクの方がレギュラーよりも精製に手間がかかるので、値段も高めとなっています。

:点火のタイミングのズレにより起こる燃焼異常の事で、エンジンからの「カラカラ」「ガリガリ」といった音が特徴。

燃料の使い分け方

後述しますが、ガソリンと軽油は油種が異なり、間違って使用すると故障の元となるので注意が必要です。では、レギュラーとハイオクはどの様に使い分けると良いのでしょうか?

使い分け

基本的には、国産車の場合は車の仕様書にどちらのガソリンを使うかの記載が有りますので、それに従えば問題有りません。一方で、外車の場合はどちらを使うかの指示が無い事も有りますが、基本的にはハイオクを使用する事になります。

これは、海外と日本のレギュラーガソリンのオクタン価基準が異なる為です。外車も生産国ではレギュラーガソリン用として売り出されているのですが、例えばドイツのレギュラーガソリンはオクタン価92以上と、日本より高めの基準となっています。

上述した様に、日本のレギュラーガソリンのオクタン価は89以上なので少々足りませんね。そこで、外車については一般的にハイオクを使う事になる訳です。

ガソリン車に軽油を入れるとどうなる?結構大問題!

ガソリン車に誤って軽油を入れてしまうとどうなるでしょうか?若しくは軽油車にガソリンを入れるとどうなるでしょうか?「単なる燃料の間違いだから大した事無いのでは?」と思うかもしれませんが、燃料の入れ間違いは重大な間違いです。

入れ間違い

ガソリン車と軽油車は、エンジンの構造や燃焼の工程が違うので、異なる油種の燃料は受け付けられない様になっています。ガソリン車に軽油を入れてしまうと、ノッキングと黒煙が激しくなります。そして、最終的にはエンジンがかからなくなってしまいます。

入れる燃料を間違えた事に気付いたら、すぐにエンジンを切り、レッカー車を呼ぶ様にしましょう。

なお、間違って軽油を入れた事に早く気付けばプラグ交換で対応する事が出来ますが、手遅れになるとヘッドを分解して燃料の抜き取りや洗浄が必要となります。

軽油の方が安いから!という安易な気持ちでガソリン車に軽油を入れる事は絶対にやめましょうね。

ちなみに、軽油車にガソリンを入れた場合は、ノッキングと白煙が激しくなり、同様にエンジンが止まってしまいます。但し、ガソリン車に軽油を入れた場合と異なり、燃料ポンプと噴射ノズルが破損するので、修理費用が高額になりがちです。

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れるとどうなる?

最近の国産車は、点火を自動で制御する事が出来るので、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れたからと言って故障する訳では有りません。

ハイオク

しかし、オクタン価が下がるとノッキングは起き易くなりますし、パワーが落ちる(5〜30%程度)ので燃費も悪くなります。酷い時には、ハイオクを入れていた方が燃料代が安かった、という事もあり得ます。

ちなみに、レギュラー車にハイオクを入れても特に何も起きません。燃費が変わる訳でなく、パワーも特に変化は有りません。燃料代が高くなるだけなので、敢えてレギュラー車にハイオクを入れるメリットは無いですね。

「レギュラーガソリンとハイオクガソリンを混ぜたらどうなるのか?」と疑問に思う方もいる様ですが、基本的には問題は有りません。最近は電子制御のエンジンが殆どなので、自動で調整をしてくれます。


■参考記事
ガソリンにかかる税金の内訳~ガソリン税・石油税・消費税について解説~

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら