車査定マニア
高級セダン

A3セダン
出典:favcars

アウディA3のセダンは、既に先行で発売されているA3(ハッチバックモデル)をベースに作られたセダンです。ハッチバックをセダン化した場合、無理矢理感が漂う事が多い中、A3は上位のA4に退けを取らない様な上質なセダンに仕上がりました。

A3セダンの乗り心地やちょうどいいプレミアム感などは、国産でいうカローラに近いものがあるかもしれません。

スポンサーリンク

中古車買取相場予想

(2015年7月30日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *1235~283
カーセンサー買取相場319.3
Goo-net市場価格ー(※)

※:Goo-netでは、当記事作成時は価格相場は未公表です。

アウディA3(セダン)の平均的な中古車査定相場は、119万~183万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯328万~608万
車種セダン
燃費14.8km/L〜20.0km/L
排気量1.394L&1.798L
エコカー減税取得税60%+重量税50%
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4465×1795×1390mm  *1
パワーウェイトレシオ8.16kg/ps  *1

*1 AudiA3 1.8TFSI クワトロの場合

燃費について

アウディA3(セダン)のカタログ燃費は14.8km/L〜20.0km/Lです。実際の走行では、街乗りで10〜13km/L、高速道路で15km/L〜17km/Lといったところです。

燃費性能はコンパクトセダンとしては決して悪くないレベルですね。

ピックアップポイント

アウディA3(セダン)の気になる特徴をピックアップして解説していきます。

■クオリティはA4並み■
両車を並べるとサイズ差はすぐに分かりますが、1台ずつみるとA4と見間違えそうになるほどで、全然退けを取っていません。いずれのラインナップもターボ付きの直噴システムを採用したエンジンで、走行性能は折り紙付きです。

■収納スペースは十分■
ハッチバック型と違って独立したトランクルームがあり、通常の状態で425Lの収納力、さらに後部座席を収納することで880Lと、より多くの荷物が積める様になっています。

キャリーバッグはもちろん余裕で積む事が可能で、スキーバッグが標準装備されています。

■後部座席も十分な広さ■
頭上は広くはないですが、身長170cm程度の大人の方であれば十分余裕を持って座る事が出来ます。また、センターアームレストは蓋を開けるとテーブルとしても使える便利な収納スペースとなっています。

アウディA3(セダン)の変遷

従来、A3はハッチバック及びスポーツパックのみで、デビュー当時はアウディの中ではエントリーモデルでしたが、A3のセダンが2014年1月に日本で発売されました。アウディとしてはこれが初めてのプレミアムコンパクトセダンになります。

オプション装備の追加等は行われていますが、2015年7月時点ではセダンとしては初代(A3全体としては3代目)です。

アウディA3(セダン)の評判

良い評判

・スタイリングがよく、後姿が特にカッコいいですね。内装や座り心地などどれをとっても上質で満足しています。同じクラスの国産車と比べるとだいぶ質感が良いと思います。

・エンジン性能もさることながら、パドルシフトも付いているので走る楽しみが味わえる車ですね。サスペンションやハンドリングを含む走行性能は十分満足レベルです。


悪い評判

・アイドリングストップからリスタートするときに結構揺れを感じます。また、ドアが結構重い上に開け閉めは3段階くらいしかありません。狭い場所などでの開け閉めは少し不便ですね。

・値段が少し高くて気になりますね・・・、特にオプションの値段は高いです。必須オプションを順当に装備していくと、車両本体価格から100万円程度は上乗せになってしまいます。

・小物の収納スペースが他の車と比べると大分少ない感じがします。特に前列シートにはもう少し工夫のある収納が欲しかったですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス