車査定マニア
N-one

N-one
(出典:favcars

ホンダのN-ONEは軽自動車の枠を超えた性能を持つ、ホンダのNシリーズ第3弾です。デザインや装備のクオリティも高く、妥協を許さないユーザーにオススメの1台です。

以下で、N-ONEの中古車査定相場や特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年9月23日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *170~158
カーセンサー買取相場112.4
Goo-net市場価格112.6

N-ONEの平均的な中古車査定相場は、65万~114万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯118万〜189万
車種軽自動車
燃費23.0km/L〜28.4km/L
排気量0.658L
エコカー減税取得税40%〜80%+重量税25%〜75%
乗員4人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3395×1475×1610mm *1
パワーウェイトレシオ14.48kg/ps *1

*1 スタンダードG FFの場合

燃費について

N-ONEのカタログ燃費は23.0km/L〜28.4km/Lです。街乗りでは13〜15km/L程度、高速道路で18〜20km/L程度で、平均して16〜18km/L程度は走ります。

同クラスの他車と比べると、特別いい訳ではなく標準的と言った感じですね。

ピックアップポイント

N-ONEの是非抑えておきたい特徴を、厳選して紹介していきます。

■ライバルはリッターカー■
NAエンジンの魅力もさることながら、ターボエンジンを搭載したモデルはリッターカーにも退けを取らない走行性能です。エンジンはトランスミッションとの相性も良く、気持ちよい走りが楽しめます。

また、直進時やコーナリング時の安定性も抜群で、市街地・高速道路を問わず扱い易いです。

■広々とした内装■
ホンダならではのセンタータンクレイアウトを採用しているので、後部座席はゆったりとしたスペースがあり、特に足元には十分なスペースがあります。

また、後部座席は倒すだけでなく跳ね上げる事が出来るので、大きな荷室スペースを確保することも可能です。

■使い勝手の良さも◎■
インパネアンダーボックスに始まり、助手席のダッシュボードにあるインパネトレイやセンターロアボックス(500mlのペットボトル収納可能)など、使い勝手の良さを考慮した収納や小物入れが満載です。

あったらいいな、と思う物が一通り用意されている優れものですね。純正ナビの状態でもスマートフォンを接続する事が出来るのも、使い勝手の良さに貢献しています。

N-ONEの変遷

HONDAのN-ONEは2012年11月に発売された軽自動車(トールワゴン)で、N-BOX、N-BOX+に続くNシリーズの第三弾です。

N-ONEは、スタンダードモデルの「G」と上級クラスの「Premium」から構成されています。

2012年には、オートカラーアウォード2013、2013年には東京オートサロン2013でコンセプトモデル部門の最優秀賞を受賞。一方で、2013年6月には油圧制御のプログラムに異常があったため、リコールを発表しています。

2014年の5月に1度目のマイナーチェンジを実施し、安全装備を強化し、ボディカラーも大幅に変更されています。

2015年7月には2度目のマイナーチェンジを実施し、ボディカラーの変更に加え、コンプリートカーである「ModuloX」を追加しています。

N-ONEの口コミ

良い口コミ

・デザインがかわいらしいですね。チョロQの実写版みたいで気に入っています。かわいいだけでなく性能も優れているのが素晴らしい!

・コンパクトカーから乗り換えたのですが、全然違和感無く乗れています。軽自動車とは思えない性能ですね。

・他の軽自動車と違って後部座席が前後にスライドしないですが、跳ね上げられるので大きな荷物も楽々積み込めるのがいいですね。


悪い口コミ

・パワステとアクセルが軽いのがちょっと残念です。もう少し重かったら車を操っている感が増えるのですけどね・・・。あと、トールワゴンなので仕方が無いですが、背が少し高過ぎますね。

・能力が高いのは分かりますが、少し割高感があります・・・。オプションの値段も高いので、財布と相談しないといけないです。

・ノーマル車だと坂道の多い道は結構厳しいです。軽自動車と考えれば良い方ですが、ターボ車を買えば良かったかな。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス