車査定マニア
シルフィ

シルフィ
<出典:favcars

日産のシルフィは、世界約120カ国で販売されているワールドワイドなコンパクトセダンです。上質さと快適性を追求した、あらゆるシーンで使う事の出来る1台となっています。

最近はミニバンやSUV人気が高まりセダン離れが進む中、セダン人気を取り戻す起爆剤となることが期待されるシルフィ。

以下で、シルフィの中古車買取情報や特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

中古車買取価格予想

(2015年8月17日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *184~146
カーセンサー買取相場147.9
Goo-net市場価格135.7

シルフィの平均的な中古車買取価格は、81万~152万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯199万~267万
車種セダン
燃費15.6km/L
排気量1.798L
エコカー減税適合せず
乗員5人乗り
ドア数4ドア
全長×全幅×全高4615×1760×1495mm*1
パワーウェイトレシオ9.38kg/ps*1

*1 versionSの場合

燃費について

シルフィのJC08モードでのカタログ燃費は15.6km/Lとなっています。

実燃費は、街乗りで7〜8km/L、高速道路で13〜14km/L程度で、平均で12km/Lくらいは走ります。最近のコンパクトセダンの燃費性能が向上している中では、少し見劣りしてしまいますね。

エコカー減税も不適合となっています。

ピックアップポイント

シルフィの注目ポイントを厳選して解説していきます。

■動力性能がいまいち■
1.8Lエンジンを搭載している割に、高回転域での踏ん張りが効かず、加速も素直にスムーズと言えるレベルではありません。また、トランスミッションがCVTで車両重量も軽めなのに、アクセル操作に対するレスポンスが微妙です。

■安全装備は△■
比較的新しいモデルにも関わらず、横滑り防止装置が標準装備されている事以外、最新の安全機能は特に無いです。最低限必要な安全装備はあるのですが、目新しさという点では一歩引いた感じですね。

■運転はし易く、居心地も○■
ボディサイズを拡大し、従来の5ナンバーから3ナンバーに変わりましたが、特段取り回し性に影響は無く、車両感覚も掴み易いです。視界も良好で総じて運転はし易いですね。

後部座席の居心地についても特に問題なく、長距離ドライブも苦にはなりません。乗り降りも自然な動作で出来ます。

シルフィの変遷

日産のシルフィ(SYLPHEY)は、2000年に発売されたセダンです。1959年から長く愛されて来た「ブルーバード」の後継車で、初代・2代目は「ブルーバードシルフィ」の名前で販売されていました。

なお、シルフィという名前は、「シルフ」という風の精を表す英語からきた造語です。北米市場では「セントラ」、オセアニア市場では「パルサーセダン」、台湾では「スーパーセントラ」の名で販売されており、実に世界約120カ国で流通しています。

2代目の「G11型」が2005年に発売され、ダッシュボードがグランドピアノをモチーフとされていたり、S字曲線を全体に取り入れたりと、デザインが一新されています。

2012年12月に、現行となる3代目「B17型」が登場しました。ボディサイズを拡大し、車幅が1,700mmを超えたため、従来の5ナンバーから3ナンバーへと変わりました。

シルフィの口コミ

良い口コミ

・値段が安めの設定の割には高級感も備わっていて、デザインも気に入っています。大人の車に乗っているという感じが味わえます。

・トランクが大きく、一般的なゴルフバッグなら4個位積む事が出来るのが嬉しいですね。後部座席の乗り心地もいいので、積極的にみんなを誘ってゴルフに行けます。

・ボタン類がすっきりしていて、「どこだったかな?」と迷う事も無く操作しが易いです。エアコンが左右独立で温度調整が出来るというのがいいですね。


悪い口コミ

・大きな不満は特にないけど、これといってシルフィじゃないとダメ!という点も見当たりません。普通のコンパクトセダンという感じです。

・エコカー減税に適合していないのが残念です。燃費ももう少し良ければいいんですけどね。

・収納スペースが必要最小限という感じ。もう少し多くてもいいかな・・・。グローブボックスに照明が付いているのは○

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス