車査定マニア
プレオ

プレオプラス(出典:favcars

スバルのプレオは、軽自動車トップクラスの走行性能を持っています。走れる軽自動車を探している人には、ピッタリの1台と言えるでしょう。ただし、内外装のデザインに関しては、口を閉ざす必要が有りますけどね。

それでは、まずプレオの中古車買取額の予想から見ていきましょう。

スポンサーリンク

中古車買取額予想

(2015年8月7日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *1
8~71
カーセンサー買取相場18.6
Goo-net市場価格31.5

プレオの平均的な中古車査定相場は、15万~32万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯88万~102万円
車種
燃費21.6km/L~24.2km/L
排気量660cc
エコカー減税取得税40%、重量税25% *1
乗員4人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3395×1475×1530mm
パワーウェイトレシオ12.9kg/ps *1

*1 2WDの場合

燃費について

プレオの燃費は、メーカー発表では21.6km/L~24.2km/Lとなっています。

実燃費は、街乗りでは13km/L~15km/L、流れの良い道路(高速道路など)では19km/L~21km/Lといった所です。やっぱり、街乗りは燃費がメーカー発表よりも悪くなってしまうようですね。

ピックアップポイント

プレオの気になるポイントをここでピックアップして解説します。

■軽自動車とは思えない力強い走り■
アクセルワークと車の加速が連動していて、軽自動車とは思えない力強い走りを見せてくれます。法定速度までなら、なんのストレスも感じずに到達します。普通車とまでは言えませんが、性能の低い小型車となら、十分に張り合える走行性能と言えるでしょう。

軽自動車に走りを求めたらダメだろうな・・・と、今まで我慢していた人にとっては最適の一台と言うことが出来るかもしれません。

■内外装のデザインは目を瞑ろう■
インパネ周りの各機能の配置などは凝って作られていますが、デザインに関しては雑な印象を受けます。

また、外装に関しては、至って普通。乗り物って感じですね。人によっては「格好悪い」と感じるかもしれません。

■収納アイテムが少ない■
ドリンクホルダーや小物を収納するスペースが非常に少ないです。「軽自動車だから仕方が無い」なんて、思って開発したのかは不明ですが、この部分は残念の一言。他社の軽自動車は、そういう細かい所もカバーしている車も多いですからね。

ドリンクホルダーとかだったら、後から自分で装着する事も可能なので、自分で車を弄る人が好きな人にとっては、なんら問題は無いかもですが。

プレオの変遷

1998年に、ヴィヴィオの後継者として、初代モデルの発売が開始されました。車名の由来は、ラテン語の造語で「豊かに、そして完全に」という意味です。

販売当初、軽自動車は「トールワゴン」が主流となっていたので、プレオもその流れに従い、車高の高いデザインで販売されます(他の軽自動車よりはやや低め)。1999年には「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」の特別賞を獲得しています。

そして、2010年に2代目が登場。この2代目はダイハツ「ミラ」のOEM供給モデルにもなっています。2015年現在、2代目が最新のモデルとなっています。

プレオの口コミ

良い口コミ

・加速もブレーキも十二分な性能を発揮してくれます。ただし、登録車からの乗り換えなら、少し戸惑うかもしれませんが。

・燃費がそこそこ良い。プレオプラスはもっと良いので、次乗り換えるならプレオプラスかな。


悪い口コミ

・デザインは価格に比例するわけで、、、。やっぱり、プレオのデザインは、質素な仕上がりになっています。不満なら、自分で弄るしかないですね。

・軽自動車だから仕方が無いけど、後部座席が狭いよね。大人はまず10分と持たない。子供ならちょうど良いんだろうけど。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス