車査定マニア
トヨタ-ハリアー

トヨタ-ハリアー

(出典:トヨタ公式サイト

人気の高級SUVハリアーの「中古車買取相場」は一体いくらになっているのか?その他気になる情報も紹介しています。

スポンサーリンク

中古車買取相場予想

(2015年6月1日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *1
164~450
カーセンサー買取相場152.9
Goo-net市場価格106.9

ハリアーの平均的な中古車買取相場は、149~169万円と予想されます。

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯288万~459.7万
車種SUV
燃費14.8~21.8km/L
排気量2.0L/2.5L
エコカー減税重量税・取得税100%、グリーン税制約75% *1
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4720×1835×1690mm
パワーウェイトレシオ11.64kg/ps  *1

*1 グレードがプレミアムハイブリッドの場合

燃費について

ハリアーの街中での実燃費は、10km/Lを切るぐらいです。一方、高速道路では14~15km/Lとカタログ値に近い数字の燃費となります。また、平均的な実燃費は11~13km/Lと、この車体ではなかなかの平均燃費と言っても良いのではないでしょうか。

ハリアーハイブリッドの平均実燃費は18km/Lとカタログ値よりも少し下がるぐらいのようです。

ピックアップポイント

トヨタハリアーの主なピックアップポイントを紹介します。

■3代目モデルは国内専用車■
日本人のオーナーにとって嬉しいのは、やはり日本向けに開発された車である事だと思います。海外と日本の道路事情は全く異なりますからね。3代目のハリアーは、日本の狭い道路に合わせて最小回転半径が5.3mとなり、より小回りが利くようになっています(ハイブリッドモデルは5.7m)。

また、外装も派手な感じに仕上げるのではなく、日本人好みのセンスあるフロントデザインになっています。

■高級感のある内装、そして、近未来的なメーター■
内装デザインの高級感はさすが「高級SUVのパイオニア」と言われる仕上がりです。本皮はメーカーオプションとなっていますが、標準オプションの「合成表皮」のシートも、本皮に負けない高級感を醸し出しています。

また、メーターには青色のリングが装飾され、運転手に近未来感を与えてくれます。そして、「青」で統一された室内照明は、「視認性」と「高級感」を向上させるポイントになっているのではないでしょうか。

■色んな需要に応えてくれる■
ハリアーは様々な需要を満たしてくれる1台です。後部座席の快適性やラゲッジスペースの収納力は、ファミリーカーとしても十二分に利用可能な仕様になっています。また、SUVなので「悪路走行」や「アウトドアスポーツ」にも対応する事が可能です。

外観のかっこよさから、デートにも打って付けの1台と言えるでしょう。

こういった幅広い需要を満たす事が出来る点も、人気がある理由の一つなのかもしれません。

■ただし、走りを楽しみたい人にとっては不満は残る■
先代にはあった3,500ccや3,300cc(ハイブリッド)の大排気量エンジンは、新型ハリアーにはラインナップされていません。そのため、「加速力」や「パワー」を期待している人にとっては、満足出来ない可能性が有ります。

今後のマイナーチェンジやグレードの追加の時に「大排気量のハリアー」を期待するしかないでしょう。

ハリアーの歴史

1997年に「高級セダン」と「SUV」を融合させた新たなジャンルとして販売開始。

初代は、2,200cc~3,000ccのエンジンを搭載し、2003年まで販売が行われました。

そして、2003年にフルモデルチェンジが行われ、二代目ハリアーが登場。二代目は2,400ccと3,000ccでスタートしましたが、改良により3,500ccそしてハイブリッドの3,300ccがラインナップに加わりました。

2013年7月には一旦販売を終了しましたが、同年12月に2,000ccの3代目の販売を開始。そして2014年1月には、2,500ccのハイブリッドも販売が開始されています。

ハリアーの評価

良い評価

・エクステリアは、皆さん褒めるように「かっこいい」の一言。インテリアも価格以上に豪華な仕上がりで、「外観だけでは無い」と、乗ったらよくわかります。内外のデザインを重視する人なら、ハリアーはかなりオススメです。

・車重の影響による燃費の悪化はそれほどなく、街乗りで12km/Lぐらい記録するので、かなり満足しています。走行性能は何を求めるかによると思いますが、3,000回転以上はあまり出さない私からすると、満足な走りを与えてくれます。

・2.5Lエンジンの加速感はなかなか迫力があります。購入時は2.0Lとかなり迷いましたが、ハイブリッド2.5Lにして本当に良かったと思っています。

悪い評価

・このサイズにしては、室内空間が狭いのかなと不満に感じています。前の車がミニバンだったという影響はあるのかもしれませんが、外から見たイメージのまま乗ると、なんか違和感のある狭さなんですよね。他にも同じように思っている人はいるはず。

・車高のせいかタイヤのせいかはわかりませんが、ふわふわした感じがあってコーナリングは全く楽しめないというか、思いっきりいけないので走りに関してはあまり楽しめていません。

・内装はまずまず、外観は前から見るとやっぱりかっこいい。ただし、横から見たときのビヨーンとしたノーズの感じは、ハンマーで叩いて短くしたい衝動に駆られる。なるべく横から見ない事とハンマーを持たない事にしています。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス