車査定のマニア

ポルテ
出典:favcars

家族や友人はもちろんのこと、荷物も多く載せたい、そういった希望を叶えてくれる身近な車がポルテです。コンパクトなボディにも関わらず、助手席側の大きなスライドドアが特徴的で乗降性をサポートしてくれています。

助手席の背もたれを前倒ししてスライドすることで、広々した空間を作る事も出来るので荷物を載せるだけでなく、後部座席で目一杯足を伸ばしてくつろぐことも出来る優しい設計ですね。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年7月1日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *140~210
カーセンサー買取相場52.5
Goo-net市場価格91.5

ポルテの平均的な中古車査定相場は、45万~110万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯149万~196万
車種プチバン
燃費16.0~22.2km/L
排気量1.3L/1.5L
エコカー減税重量税25%+取得税40%
乗員5人乗り
ドア数4ドア
全長×全幅×全高3995×1695×1690mm  *1
パワーウェイトレシオ10.18kg/ps  *1

*1 グレード1.5G(2WD)の場合

燃費について

JC08モードによる公表燃費性能は16.0km/l〜22.2km/lとなっています。街乗りではおおよそ14〜17km、高速道路16〜20km程度。混雑している街中などを考慮しても平均して14〜15km/l近くは走るでしょうね。

燃費面でも実用性は高いですね。

ピックアップポイント

ポルテのセールスポイントなどの特徴をピックアップして解説します。

■大型スライドドアが快適■
助手席側には開口幅1m以上になる電動大型スライドドアが装備されています。また、地上高が300mmと、可能な限り低く設計された床面や室内高1,380mmというちょっとした子どもなら室内で立てるほど広々とした設計となっています。

子どもや高齢者を乗せる機会が多い方には最高のおもてなしが可能ですね。

■動力性能も◎■
1.5lエンジンはファミリーカーとして乗るのであれば最適です。トランスミッションが全車CVTなので、発信や加速もスムーズにすることが可能です。(もちろん1.3lでも普段使用としては十分よく走ります)

初代は走行に不満の声が多かった為か、フルモデルチェンジによって走行面に関して一気に改善がされ、よく走る車に生まれ変わっています。

■運転操作が快適■
一般的なコンパクトカーよりも着座位置が高く設定されている為、死角になりがちな斜め後方を含む全体の視界が良好です。各種スイッチやメーターはシンプルになっており、操作も簡単に行う事が出来ます。

ポルテの変遷

ポルテはトヨタのラウムに続いて、第二弾のユニバーサルデザインとして2004年7月に発売が開始されました。ポルテはフランス語で「扉」の意味があります。

床が低い設計となっていたことから、当初はFF駆動モデルのみでしたが、2005年12月に4WDモデルも追加がされました。

また、2012年7月にトヨタの「プチバン」としては初めてのフルモデルチェンジがされました。この時に、姉妹車であるスペイドが発売開始されました(ポルテの扱いが無いカローラ店・ネッツ店向け)。

ポルテの口コミ

良い口コミ

・チャイルドシートを付けても全然狭く感じない、広い設計が嬉しいですね。大人用の自転車を積み込めるのもすごいです!

・室内はとても静かです。操作性もよく、収納なども実用的で、車を移動手段と考えている方にとっては最高の車だと思います。

・上着を下げるフックや傘差しなど細かい箇所にまで便利さを意識した設計がされているところが、お気に入りです。


悪い口コミ

・後部座席の窓が開閉しません。タバコを吸う人が乗ると車内が煙たくなるのが辛いです。また、外を見たいという子ども達には少しかわいそうかな。

・内装がも広くて乗り降りし易い点も嬉しいのですが、ひじ掛けがないというのが少し不便ですね。

・プチバンなのに車高が高い設計の為、便利な反面入れない駐車場があるのがたまにあるのが残念です。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス