車査定マニア

「新車」の記事一覧

新車の見積書

新車の見積書の見方・チェックポイント

公開日: 更新日:

「車両本体価格の分だけお金を用意したらいい」と思っていませんか?車は車両本体価格以外にも、税金や保険料などの諸経費がかかります。どういう費用がどれくらい上乗せされるのかを知った上で予算決めをしないと、実際の見積書を見た時に驚く事になりますよ。そこで、ここでは新車の見積書の見方やチェックポイントについて解説していきます。

新車の値引き交渉

新車の値引き相場を調べても正確な数字は分からない

公開日: 更新日:

新車は出来れば値引きをたくさん受けて安く購入したいですよね。新車ディーラー側はある程度の値引きは許容範囲内としているので、交渉次第では安く購入する事が出来ます。しかし、「ネットや雑誌などで、新車の値引き相場を調べてもあまり意味が無い」って知っていますか?どういう事なの見ていきましょう。

新車のオプション

一昔前は、標準装備が充実した状態で売りに出される車が多かったのですが、最近は標準装備は少なめに設定されている事が多いですが、なぜなのでしょうか?また、装備品やオプションには魅力的な物もたくさん有りますが、何でもかんでも追加するのではなく、数年先を見据えておいた方が得です。どういう事なのか詳しく見ていきましょう。

自動車の値引き交渉

新車を購入する際には、ステップの1つに「ディーラーの担当者との値引き交渉」が有ります。車は高い買い物なので、出来る限り値引きをしてもらって安く購入したいですよね。値引き交渉の方法には色々有るのですが、ここではその中の1つとして「オプションを全部つけて値引きしてもらう」方法について紹介します。

営業マン

日本では、1度新車を購入するとそのまま同じメーカーの車を乗り換えていく方が多いです。しかし、賢い乗り換え方としてトヨタ車と日産車を交互に乗り継いでいくという方法が有るのを知っていますか?同じメーカーに車に乗り続ける事が多い方からすると一見奇妙な乗り換え方ですが、一体どういう事なのでしょうか?

マツダ地獄

マツダ地獄という言葉を知っていますか?「1度マツダで新車を購入すると、マツダ車以外乗れなくなってしまう」という連鎖の事を意味しているのですが、これは本当の話なのでしょうか?それとも単なる噂に過ぎないのでしょうか?以下で実際はどうなのかを見ていきましょう。

値引き率

新車を購入するときに値引き交渉できる項目としては、以下の様な物が有ります。 その中でも今回は「車両本体価格」に着目してみます。 この車両本体価格からの値引きですが、本体価格の約10%前後の値引きを引き出すことが出来ればま …

試乗

車に試乗する時のチェックポイント

公開日: 更新日:

車を購入する前に必ず試乗するようにして下さい。実際に乗ってみないと分からない事は多々有ります。「試乗」は車を納得して購入する為の必要な行為です。そこで、今回は車を試乗する時のチェックポイントを紹介します。視界やデザイン、走行性能など隅々までチェックして下さいね。

必要書類

新車購入時の必要書類と発注から納車までの流れ

公開日: 更新日:

車は多くの方が、人生で数える程しか購入する機会が有りません。従って、手続きに必要な書類や流れを全て理解出来ていない方も多いはず。そこで、ここでは新車を購入する際に必要な書類や、ディーラーで注文してから代金の精算や登録等、納車までの流れを見ていきましょう。

グレード

リセールバリューが高い車は新車を選ぶ時の一つの基準

公開日: 更新日:

車は高い買い物なので、出来れば安く購入したいですよね。しかし、購入価格ばかりに目がいってしまってませんか?車を購入する時は、後々いくら位で売る事が出来るのか(リセールバリュー)も考慮して買う必要が有ります。この記事では、車のリセールバリューについて見ていきましょう。

新車の値引き交渉

新車を購入する際には値引きを最大限に引き出して、安く買いたいですよね。しかし、闇雲に安くして欲しいと言ってもディーラーも商売なので、限界が有ります。そこで、ここでは値引き交渉の各段階に応じたテクニックを紹介していきます。営業マンとの交渉に負けないテクニック満載です。

値引き

車を買う際には可能な限り値引きを受けて安く購入したいですよね。しかし、中には流行車の様に値引きを受けるのが難しいものも有ります。ここでは、流行車が値引きを受ける事が難しい理由について考えていきます。なお、流行の車は売る時の事も考えて購入する必要が有りますよ。

新車値引き

新車は高い買い物になので、出来る限り値引きをしてもらって安く購入したいですよね。乗っていた車が有れば、下取りに出して購入代金の一部に充当する事になるので、下取額も可能な限り高くして欲しいところです。 ところで、新車の見積 …

考える

流行りの車や人気の車はつい欲しくなりますよね。しかし、「人気が有るから」という理由だけで購入すると、後々必要な機能が備わってなかったり、燃費が悪かったりと、後悔してしまう事が有ります。ここでは、流行りの車を購入する「前」に考えておきたい事を紹介していきます。

新車値引

新車は何とかして安く購入したいですよね。値引きの交渉が思う様に進めば良いですが、滅多に買う事の無い車の値引き交渉は難しいです。そこで、モデルチェンジの前後には新車の値引額が大きく変わるって知っていますか?ここでは、モデルチェンジが値引き額に与える影響について見ていきます。

新車値引き

新車を買う時にディーラーで下取りしてもらう事はよく有りますよね。出来れば、値引きは大きく下取額も高くして欲しいところです。しかし、ディーラーは巧みに下取り価格と値引き金額を操作して、客があたかも得しているかの様に見せかけて来ます。ここでは、下取価格と値引き金額の注意したいカラクリについて紹介します。

新車

人気車種を新車で買うと損をする事がある

公開日: 更新日:

車は高い買い物なので出来れば損をする事無く買いたいですよね。また、中古車を買うより人気の車種をいち早く新車で乗りたいという方も多いのでは?しかし、人気車種を新車で買うと後々損をしてしまう事が有ります。ここでは、損をしてしまう理由を解説していきます。

車とお金

現金一括で車を購入すれば大幅な値引きを受けられるのでは?・・・そんなことを思っていた時代が私にもありました。そして、それを値引きの切り札としてディーラーの営業マンに伝えたわけですが・・・結果は撃沈でした。ディーラーの営業マンにはっきりと「現金一括だからといって値引き額を増やすことはできません」と言われたのです。ではなぜ、現金一括払いは値引きに影響が無いのでしょうか?それは主に2つ理由があります。一つはディーラーは「ローンを組んで買ってくれた方が儲かるから」というのが一つ。もう一つが「現金一括だと逆にキャッシュフローの面でリスクが発生する」というのがあります。一番の理由はやっぱりローンの方が儲かるからでしょうね。

交渉

新車の商談終盤戦で使える値引きテクニック

公開日: 更新日:

新車を買う際の商談での値引き交渉は重要です。終盤まで来て、後は契約書に押印という直前でもまだ使えるテクニックはあります。この記事では、商談の終盤で是非使ってみたい値引き交渉テクニックをいくつか紹介していきます。但し、過度な値引き交渉は悪影響となるので、注意も必要ですよ。

見積もり

新車を購入する際に、値引きを引き出すのは中々難しいですよね。頻繁に購入する物ではないので、どれくらい値引きが受けられるのかの判断も難しいです。ここでは、新車の値引きを引き出すテクニックの1つとして、未使用車の見積書を利用する方法について紹介していきます。

支出

基本的に、車は人生の中で何回か乗り継いでいかなければならない物です。大きな支出を伴うのでなるべく節約していきたい所ですよね。乗り継ぐ車両を「新車」ではなく「3年落ちの中古車」にすれば、購入金額をかなり節約する事が出来ます。今回はこの両者の支出額の差を計算しています。

新車が安くなる時期

新車が安く買える購入時期まとめ

公開日: 更新日:

新車には定価が有りますが、購入時期によって価格は高くなったり安くなったりします。新車は高い買い物となるので、なるべく価格が安い時期に購入するようにしましょう。今回は新車が安くなる時期について紹介しています。その他にも安くなる要因も紹介しているので参考にして下さい。

ライバル車

新車の買い方のポイントの1つが「他メーカーのライバル車を引き合いに出して値引きをゲット」する事です。ライバル車とは、基本的に同タイプで同じような価格帯・機能の車を指します。値引き交渉時に他メーカーのライバル車の見積書を見せて営業マンから値引きをゲットしましょう。

ディーラーの営業マン

ディーラーで新車を購入する時に必ず行って欲しいのが「値引き交渉」です。ただ、値引きの限界ラインが分かり難いので、ただただ値引きを無心するお客様になってしまう危険もあります。値引きの限界ラインを知るために「ディーラーの営業マンの動きや表情」をチェックすると良いですよ。

カーナビ

新車購入時のオプションの付け方で、自動車取得税を節約出来るって知ってますか?自動車取得税が安くなると、自動車購入時の総支払額が減るのでお財布に優しいですよね。 ここでは、自動車取得税とオプションの関係や節約の仕方について …

新車

新車を契約した後でキャンセルする事は可能なのでしょうか?また、グレードやオプション、色などを変更する事は可能なのでしょうか?今回は新車の契約後のキャンセルやグレード等の変更の可能性について紹介しています。なるべく契約前にグレード等をしっかりと吟味しておきましょうね。

車の模型を片手にOKサインを出す女性

新車に半額で乗れるなんてどんなカラクリがあるの?そう思っている人も多いと思うので、トヨタやホンダなどのメーカー各社がしきりに宣伝をしている新車に半額で乗れる仕組みのカラクリを紹介したいと思います。結論から書きますと、その方法とは「残価設定ローン(クレジット)」を組むことです。実はこのローン、新車に安く乗れるから!といって気軽に利用するものではありません。しっかりとメリット・デメリットを把握して利用しないと大損してしまう可能性がある制度なのです。使い時として考えられるのは「3年毎に乗り換える」ケースくらいですね。この場合だと普通に購入したときと比べても費用を抑えることが可能だと思います。

ディーラーと客との交渉場面

新車を購入する際に、上手に値引きを引き出す方法として「ディーラー同士で競合させる」というものがあります。お互いに売ろうとして値段を下げてくれるので、最大限の値引き額が引き出せる可能性がありますよ。但し、同じ系列のディーラーに競合させてはいけません!同じ系列のディーラーは情報共有しているので、競合させている事が筒抜けです。バレてしまうと今後の交渉がうまくいかなくなってしまいますよ。ここでは、ディーラー同士を競合させる際の注意点や、主要なメーカー毎(トヨタ・日産・ホンダ・スバル・スズキ)の系列のポイントなどについて解説していきます。交渉の結果、うまく値引きしてもらえるといいですね!