車査定のマニア
必要書類

家や新車は高い買い物なので、人生の間でそう何度も購入する機会は有りません。従って、新車を購入する際の必要書類や発注してから納車されるまでの流れを、きちんと把握している方はそれほどいないのでは?

ここでは、新車を購入しようと思った時に迷わない様に、必要書類や納車までの流れについて紹介していきます。

新車購入の流れ

中古車には買取専門店や販売店、オークションなど様々な流通経路が有り、結構複雑です。

中古車市場の流通の仕組み~オートオークションが流通の要

一方で、新車の流通経路はいたってシンプルで、発注から納車までのおおまかな流れは、以下の通りとなります。

  • ディーラーで注文
  • (ディーラーが)メーカーに発注
  • 登録・諸費用精算
  • 納車

以下で、この流れを「注文・発注時」「登録・精算・納車時」に区切って、流れや必要な書類等を見ていきましょう。

注文・発注時

欲しい車が有ったとしても、直接自動車メーカーに対して注文する事は出来ません。値引き交渉やオプションの追加等を含め、必ず新車ディーラーで注文をする必要が有ります。

従って、新車を買おうかなと思ったら(欲しい車種が既に決まっている場合も)まずは新車ディーラーに行く事になります。

但し、何も予備知識の無い状態でディーラーに行くと、営業文句に流されてしまうかもしれないので、車に関する最低限の情報は身に付けてから行く様にしましょうね。

車買うなら知っておきたい事のまとめ

新車ディーラー

新車ディーラーに行くと営業マンが必ず担当に付き、カタログや展示されている実車を見ながら話をしてくれます。ここで、車の特徴や値段・オプションなど疑問に思っている点をしっかりと確認する様にしましょう。

新車の値引き交渉術まとめ

また、車種によっては試乗をさせて貰う事が出来ます。いざ試乗してみると、期待していた乗り心地ではなかったという事も有ります。営業マンの話だけで購入してしまうのではなく、しっかりと自分で試乗してみてから最終決定する様にしましょうね。

車に試乗する時のチェックポイント

欲しい車が決定し注文をすると、ディーラーは車種やグレード、オプション装備の内容等をメーカーに発注します。発注を受けたメーカーは発注内容通りの新車をディーラーに移送しますが、在庫車が無い場合は、受注してから生産する事になります。

契約書

なお、従来はオプション装備の内容がシンプルでしたが、最近の自動車はオプションが豊富に用意されている事もあり、ほとんどの場合で受注生産になるのが普通です。

新車購入時の必要書類(普通車の場合)

車は車検を受ける必要が有るので、納車時までに様々な書類等が必要となります。但し、いつ・どの書類が必要になるかは営業マンがちゃんと教えてくれますし、営業マンの方で用意してくれる物も有るので、手間は殆どかかりません。

一応、必要になってくる書類を一覧で紹介しておきます。(基本的には営業マンの指示通りに用意すればOKです!)

必要書類補足
実印&印鑑証明書
普通車は動産であり権利関係を登録する必要があリます。自分名義で登録する場合には「実印」と「印鑑証明」を用意する必要が有ります。

【車関連】印鑑証明書が必要な手続き

注:ローンで購入する場合で名義がディーラーや信販会社となる場合には「認印」と「住民票」でもOKです。
住民票
車の登録自体には必要有りませんが、車庫証明の取得を委任する時に必要になります。
車庫証明書
自動車は購入後どこかの駐車場等に保管する事になり、その保管場所に関して警察に申請し証明書を取得する必要が有ります(逆に言うと、保管場所が確保出来ていない場合は新車登録は出来ません)。ディーラーに手続を代行して貰う事も可能ですが、その場合は1万円程度手数料が必要となります。

参考:自分で車庫証明を取る方法
委任状
ディーラーが登録手続きや車庫証明取得を代行する場合に必要となります。登録手続きは通常ディーラーがしますが、自分で手続きする事も不可能ではありません。

参考:新車購入時の登録を自分でする方法
車両代金及び諸費用
現金一括で支払う場合は、契約時に支払っても大丈夫ですが、通常は契約時には頭金を支払い、残金は納車時に一括で支払うか分割払い(ローン契約)となります。

軽自動車の必要書類

軽自動車を購入する場合の必要書類は、一部普通車と異なります。

まず、軽自動車の場合は「実印&印鑑証明書」が不要となる代わりに「認印&住民票」が必要となります。また、車庫証明書は地域によって要否が異なります。

軽自動車で車庫の届出義務のある地域一覧

キャンセルするならいち早く!

ディーラーで営業マンの話を聞きながら実車を見ていると、車の魅力が倍増する事でしょう。とりあえず話を聞くだけ、と思っていたのに契約書にサインしてしまう事も有ります。

必要書類

後々冷静に考えてみて、「やはりキャンセルしよう!」と思った場合は、1日も早くキャンセルを申し出ましょう。ディーラーの用意した契約書にサインすると、ディーラーはすぐにメーカーに発注をかけ、納車までの手続きをスタートします。

すぐにキャンセルを申し出れば、ディーラー側も何も言わないかもしれないですが、数日経ってからだと、既にメーカーオプションを装備してしまっている事も有ります。

標準的なオプションであればまだしも、特殊なオプションの場合、キャンセルされるとその車は他の客に売りづらくなるので、最悪の場合、キャンセルしてもオプション料金を請求される事も有ります。

新車契約後にキャンセルしたりオプション変更することは可能か

登録・精算・納車時

新車の場合、納車までに登録手続きや代金等の精算をする必要が有ります(登録手続きや代金の精算は上記参照)。

新車の納期/納車日までの期間

新車を注文してから納車までの期間は、多くの場合1ヶ月程度です。但し、在庫対応が可能か受注生産になるのか、登録手続きを自分でするかディーラーが代行するか、によって多少は前後します。

新型プリウスのような人気車種の場合は納車まで3ヶ月待ち!なんて事も有ります。

納車時の点検はしっかりと

納車の日をまだかまだかと待ち続け、新車に乗る喜びのあまり、特に車の状況を細かくチェックせずに受け取ってしまいがちですが、納車時には整備状況やオプションの内容・車検証の記載内容等をしっかりとチェックする様にしましょうね。

なお、問題があればすぐにディーラー側に言う必要がありますし、暗いと傷の有無が分かりにくい事も考えられます。また、休日や祝日は来客が多いので、納車時に担当者がじっくりと説明をしてくれない可能性も有ります。

従って、可能な限り納車は平日の午前中を指定しましょう。

新車の納車

代金を精算し、納車が終わると晴れて自分の車となります。新車の場合は、メーカー保証や無料点検等のサービスが付帯しています。中には不具合が生じてリコールとなる事も有りますが、こういった納車後の車に関する手続きや点検等は、基本的に購入したディーラーで行う事になります。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス