車査定のマニア
新車値引き

新車は高い買い物になので、出来る限り値引きをしてもらって安く購入したいですよね。乗っていた車が有れば、下取りに出して購入代金の一部に充当する事になるので、下取額も可能な限り高くして欲しいところです。

ところで、新車の見積りを出してもらう時は、まずは「下取車無し」でお願いした方が良いって知っていますか?そちらの方が値引き額が増える可能性が高いですよ。以下詳しく見ていきましょう。

新車の値引き交渉術まとめ

下取額と値引額の関係

新車販売時の交渉は、営業マンにとっては言わば心理戦です。

「この客は乗っていた車に愛着がありそうだから、値引額を上げるより、下取額を高めに言った方が喜びそうだ」と考えたり、逆に客が値引額を気にしそうなタイプだと判断すると、「下取額を減らして値引額を上げる」方針で営業をかけてくる事も有ります。

新車の値引き交渉

しかし、ディーラー側は「総支払額」で物事を考えているので、値引額が上がっても、下取額が上がっても、値引額と下取額を合計すると総支払額は変わらないのが一般的です。

ディーラーの下取り価格と新車の値引き金額のカラクリ

そうすると、値引額と下取額がごっちゃになってしまって、「自分の値引き交渉の成果がどこまで反映されているのか?」「下取車の価値は本当はいくらだったのか?」が巧妙にうやむやにされてしまうのです。

見積は下取車無しで出してもらう

「能ある鷹は爪を隠す」では無いですが、新車購入時の値引きは立派な「交渉」なので、最初から自分の持っているカードを全て見せてしまうのはお勧め出来ません。

そこで、最初の交渉段階では、「下取車は有りますか?」と営業マンに聞かれても「有りません」若しくは「車は有るけど、友人に売ろうか迷っている」程度に言っておきましょう。

新車値引き

そして、下取車無しで可能な限りの値引き交渉を進めて、「もうこれ以上は無理かな」という段階まで来て初めて下取車の存在を伝えるのです。(参考:新車の商談終盤戦で使える値引きテク

今までの交渉で引き出した下取車無しでの値引額は、あなたの努力による「純粋な値引額」です。そして、この段階でディーラーから提示される下取価格は、値引額が混ざっていない「純粋な下取額」です。

値引きの隠れ蓑に使えるのであればディーラー側にも下取の魅力は有りますが、単純に引き取るだけであればディーラーは特に興味が有りません。従ってこの段階で下取りをお願いしたからと言って、今以上の値引きは望めません。

この「純粋な下取額」が提示されたら、一般の買取専門店での買取相場と比べて()下取りに出すかを決めましょう。

:ナビやアルミホイール等置いておきたい付属品は取り外して、値引き交渉の前に買取相場を調べておく事をお勧めします。

もし両者に差がないのであれば、買取専門店に引き取ってもらう方が良いでしょう。なぜなら、下取に出してしまうと提示額から引取額としていくらか(通常は1〜2万円程度)を引かれる事が多いからです。

但し、買取専門店は未経過の自動車税相当額を買取額に上乗せしてくれない事も有るので、総合的に考えてどちらが得なのか判断する様にしましょうね。

ディーラーとの今後の付き合いも有るので、強引な値引交渉は控えめに。

ディーラーの営業マンの表情や動きから値引きの限界ラインを知る

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス