車査定マニア
結婚

今回は、結婚や離婚によって氏名が変わった場合に、自動車関連で必要な手続きについて紹介します。

氏名が変わった場合に必要な手続き

氏名が変わった場合に、自動車関連で行う必要の有る手続きは以下の通りです。

  • 変更登録手続き
  • 自動車税の申告手続き
  • 自賠責保険の改姓手続き
  • 運転免許証の氏名変更手続き

では、それぞれの手続きについて見ていきましょう。

なお、運転免許証の氏名変更手続きについては下記記事を参考にして下さい。

免許証の住所変更・氏名変更手続きに必要な書類や流れ

変更登録手続き

変更登録手続きとは、車検証に記載されている旧氏名を新氏名に変更する手続きなどを指します。手続きを行う場所は運輸支局又は自動車検査登録事務所です(参考:運輸支局・自動車検査登録事務所の一覧)。

なお、住所の変更も伴う場合は同時に手続きを行います。

手続きの流れ

手続きの流れは概ね以下のようになります。

手続きの流れ備考
① 申請書等の入手と記入
申請書等は運輸支局内(周辺)の販売所にて購入。
記載例は運輸支局に備え付けられています。
② 登録手数料の支払い
運輸支局の印紙販売窓口で自動車検査登録印紙を購入し、手数料納付書に貼付。
③ 書類の提出
書類のチェック及び新しい車検証の作成のため少々時間がかかります。
④ 新車検証の受け取り
名前又は整理番号を呼ばれ、新しい車検証を受け取ります。

運輸支局又は検査事務所によって、手続きの順序等が若干異なる場合が有ります。念の為、事前に住所地を管轄する運輸支局等に確認するようにして下さい。

必要書類

変更登録手続きの必要書類は、

  • ①所有者と使用者が同一かどうかに関係なく共通して必要な書類
  • ②使用者と所有者が「同一」又は「異なる」場合に応じて集めなければならない書類
の2種類に大別出来ます。(参考:国土交通省

車検証

■共通必要書類

まず、共通して必要な書類について見てみましょう。

  • 申請書(OCR第1号様式)
  • 手数料納付書(検査登録印紙を貼付)
  • 氏名変更を証明する書類(戸籍謄本又は抄本)
  • 自動車検査証
  • 住所変更を証明する書類(住民票など。住所の変更を伴う場合のみ必要)
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明の事。住所の変更を伴う場合のみ必要)

申請書と手数料納付書は運輸支局にて購入します。その他の書類は自身で前もって準備しなければなりません。

■所有者と使用者が同一の場合

上記書類に加えて、以下の書類が必要になります。

  • 判子(本人が手続きを行う場合は認印で可。代理人申請する場合は本人・代理人共に不要)
  • 委任状(代理人申請する場合にのみ必要。押印は認印で可)

本人は所有者(使用者)、代理人は所有者と使用者以外の者を指します。

例外として、所有者と使用者が異なる場合で所有者の氏名を変更するにあたっては、上記の書類で足ります。この場合、上記の()内の「本人」は所有者、「代理人」は使用者を含みます。

■所有者と使用者が異なる場合

共通して必要な書類に加えて、以下の書類が必要になります。なお、使用者の氏名を変更する場合に必要な書類です。

  • 所有者の判子(認印で可。所有者本人以外が申請する場合は不要)
  • 所有者の委任状(所有者以外が申請する場合に必要。押印は認印で可)
  • 使用者の住所を証明する書類(住民票など)
  • 使用者の判子(認印で可。使用者以外が申請する場合は不要)
  • 使用者の委任状(使用者以外が申請する場合に必要)

所有者と使用者が異なる場合は少し複雑ですね。申請者を軸にして整理すると以下のようになります。

申請者書類
所有者所有者の認印
使用者の住民票
使用者の委任状
使用者所有者の委任状
使用者の住民票
使用者の認印
上記以外(代理人)所有者の委任状
使用者の住民票
使用者の委任状

なお、Bタイプの車検証の場合には、現在の所有者が車検証発行時の所有者と異なる場合が有ります。その場合は、車検証に記載されている所有者に現在の所有者を確認し、委任状を用意する必要が有ります。

車検証の種類【Aタイプ】と【Bタイプ】について

費用

変更登録手続きの費用は以下の通りです。

  • 登録手数料・・・350円
  • 申請書代・・・100円

住所の変更を伴い、かつ管轄の運輸支局が変わる場合は、ナンバープレート代も必要になります。およそ2,000円です。

自動車税の申告手続き

自動車税の登録内容を新しい氏名に変更するために申告手続きを行います。氏名を変更するだけなので新たに税金が課税される事は有りません。

自動車税

自動車税の申告手続きは運輸支局に隣接している税事務所で行えるので、変更手続きと一緒に手続きを済ませてしまうとラクですね。なお、申告手続きには新しい車検証が必要なので、手続きの順番は変更手続きの後となります。

手続きの流れは、税事務所窓口にて申告書を貰い、必要事項を記入し、必要書類と一緒に提出するだけです。

必要書類

自動車税の氏名変更の手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 車検証

申告書の記載例が税事務所に備え付けられているので、それを参考に記入して下さい。

費用

自動車税の申告手続きに費用は掛かりません。

自賠責保険の改姓手続き

氏名が変わった場合は自賠責保険の改姓手続きが必要です。手続きは「郵送」又は「窓口」で行う事が出来ます(郵送の場合は手続き完了までおよそ3週間ほどかかります)。

自賠責保険

手続きの流れは、書類に必要事項を記入して提出するだけです。特にややこしい内容の手続きでは有りません。

なお、任意保険に加入している場合は任意保険に関しても改姓手続きが必要です。

必要書類

東京海上日動の場合では、自賠責保険の改姓手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • 自賠責保険証明書
  • 改姓前後の判子(改姓前の判子が無ければ改正後のみでも可) *
  • 改姓を証明する書類(運転免許(変更済)や住民票、戸籍抄本など)

* 印鑑証明が必要書類に含まれていないので認印で構わないと思います(参考:実印と認印の違い)。

保険会社によって異なる場合が有るので、加入している保険会社を自賠責保険証明書で確認して問い合わせて下さいね。

費用

自賠責保険の改姓手続きに費用は掛かりません。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス