車査定マニア
派手なスポーツカー

派手なスポーツカー

車を買い替える際、今乗っている車をディーラーに買い取ってもらう事が有りますよね。車は高い買物なので、出来れば下取り価格を高くしてもらって、総支払額を抑えたいところですよね。

しかし、あなたが輸入車やスポーツカーに乗っていた場合、国産ディーラーで下取りしてもらうと、下取り価格が低くなってしまう可能性が高いって知っていましたか?

以下で詳しく見ていきましょう。

輸入車やスポーツカーの下取り額は低くなる理由

なぜ、輸入車やスポーツカーの下取り額が低くなるのでしょうか?考えられる理由を、以下で見ていきましょう。

前提:輸入車は値落ちが激しい!?

値落ち

輸入車は、国産車に比べると新車販売価格が高い事が多いです。しかし、発売から数年経つと市場価値が一気に落ちる事が有ります。

これは、国産車と比べると輸入車は故障し易く、消耗品の交換サイクルも短い傾向に有るからだと考えられます。「故障し易いけど高い中古の輸入車と、故障しにくく安い国産の新車」だとどちらの方が人気が有るかは明白ですよね。

「発売後数年経った輸入車を高く買うくらいであれば、安めの国産車を新車で買った方が得」と考えてしまい、中古の輸入車は価格を下げざるを得なくなるのです。

従って、発売後メーカー保証が有る間は輸入車も高い金額で取引されていますが、保証期間が切れると一気に値落ちするケースが多く、下取り価格も連動して低くなる傾向に有ります。

ゴルフ(フォルクスワーゲン)の様に、日本でも人気が有り、中古車市場でも多く流通している様な輸入車は、下取り価格もある程度は期待出来ます。

販路が確保出来ない

中古車の下取り価格

国産ディーラーは、国産車を扱っているので、輸入車や高級なスポーツカーをさばく販路は持ち合わせていません。また、輸入車や高級なスポーツカーはそもそもの流通量が少ないので、下取りしてもすぐに買い手が見つかるとは限りません。

自分たちのメーカー車であれば、系列の中古車販売店で売れるのである程度高く下取りする事も出来るのですが、他社メーカー、特に輸入車となると難しいでしょう。

従って、輸入車や高級なスポーツカーの下取り価格は国産ディーラーだと低くなってしまうのです。

客層が違う!

国産車を買う客と輸入車を買う客とでは、客層が違います。これは、両者の新車価格の差を見れば分かりますよね。コンパクトカーでも新車価格で50〜60万程度の差は普通に有ります。

それなのに輸入車に乗っていた方が、国産ディーラーに国産車を買いに来た、という事はその客は輸入車をやめてこれからは国産車に乗ろうと決めた、と考えられます。

国産ディーラーからすると、敢えて売るのが苦手な輸入車に高い下取り価格を付けなくても、この客は逃げないだろうと強気になる訳です。

従って、国産ディーラーに輸入車を下取りしてもらうと下取り価格が低くなってしまうのです。

国産車を買って欲しいから

国産車

上で紹介した「客層が違う」と関連しますが、国産ディーラーの立場からすると、輸入車よりも国産車に乗って欲しいと思うのは当然ですよね。

そこで、輸入車の下取り価格を下げると、「こんな安くなってしまうのだったら、国産車の方が良いかな・・・。」とユーザーに印象付ける事が出来ます。

輸入車がやスポーツカーで、特定の車種がどうしても欲しいと思っている方は、そんな事は気にしないでしょうが、多くの方は車の車種よりも車の値段の方がまず気になるでしょうから、輸入車が高く売れないと分かると、国産車に流れて行くのです。

これは本当かどうかは分からないですが、こういう考え方も有る程度に思っておきましょう。

一般的に下取りと新しく買う車の値引きとはシーソーの様な関係に有ります。下取り価格が上がれば値引額が下がりますし、値引額が上がれば、下取り価格は下がるので、下取り価格だけを見て損得の判断をするのはやめましょうね。

ディーラーの下取り価格と新車の値引き金額のカラクリ

下取りよりも買取専門店で!

毎回の様に同じディーラーで買い替えている場合は、付き合いも有るでしょうから下取りに出すのも良いでしょう。

しかし、外車から国産車に買い替える様な場合は、買取専門店に売った方が高い値が付く可能性が見込めるので、買取専門業者の査定に出す事をオススメします(参考記事:車買取専門店とディーラーの下取り査定はどちらの方が高く売れるか)。

ディーラーの本業は、車を買う(下取りする)事ではなく車を売る事です。下取りは車を買ってもらう為の手段に過ぎないので、サービス程度と思っておいた方が良いでしょうね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス