1. 車査定のマニア
  2. ≫車関連の仕訳

車関連の仕訳

減価償却費の計算に必須!車の耐用年数一覧表と減価償却率表

車の耐用年数の計算

事業に使う車両(普通車・軽自動車など)を個人事業主や会社が購入した場合、通常は購入した年に一括で費用処理することはできず、購入した車の耐用年数にわたって毎年減価償却費として費用処理していくことになります。耐用年数が何年なのかを知っておかないと、減価償却費の計上額を間違えてあとで痛い目に遭う可能性があるので、しっかりとおさえておきたいですね。また、耐用年数を知ることで、購入する減価償却費計上額が算出できるので、今後の利益計画にも役立ちますよ。そこで、ここでは自動車の耐用年数について紹介していきます。減価償却計算時に使用する減価償却率についても触れていますよ。

【事例サンプル付き】自動車の減価償却費の計算方法と仕訳の仕方

車と電卓

自動車関連の会計処理って難しくて敬遠しがちですよね。特に車(普通車・軽自動車)の減価償却費の計算は苦手としている方が多いのではないでしょうか。確かに減価償却計算はややこしいですが、しっかりと理解しておかないと税務調査時に思わぬ痛手を負う事も有ります。そこで、ここでは自動車の減価償却に焦点を当てて、減価償却費の計算や仕訳の切り方といった会計処理方法についてわかりやすく解説していこうと思います。法人と個人での処理方法の違いや個人事業主の家事按分の方法、損金処理できる金額から見て新車と中古車はどちらがお得なのか?などについても解説していますよ。一度理解すればあとはすんなり処理出来るので、ここでしっかりとおさえておきましょう。

車両購入時の仕訳【法人の場合・個人事業主の場合両方解説】

車の購入

事業用の車両を購入した場合、通常は購入時の経費ではなく減価償却資産として耐用年数に応じて毎年減価償却をしていきます。減価償却をするにしても購入時の仕訳が分からないと先に進まないですよね。そこで、ここでは車を購入したときの仕訳の方法についてわかりやすく解説していきます。個人事業主と法人の場合に分けて書いていくので、それぞれ自分が該当する方を参考にしてみてください。また、ローンを組んだ場合の仕訳の切り方、割賦手数料やローン金利、税金などに使用される勘定科目の考え方についても紹介しています。車両購入に関わる費用の中には、購入年度に一気に費用に出来るものもありますので、取得価額の考え方をしっかりと理解して、無駄な税金を払わないように気をつけて行きましょう。

車のリサイクル預託金関連の仕訳と使用する勘定科目まとめ

リサイクル預託金の仕訳イメージ

自動車を購入する時、「リサイクル預託金」を支払わなければなりません。このリサイクル預託金関連の仕訳で悩む人は多いです。理由は金額は小さいくせに資金管理料金やらシュレッダーダスト料金やら色々と種類があるからですね。種類別に使用する勘定科目も違いますし、何より金額が小さいのでやる気も起きません。本当にめんどくさい!と思われている人も多いでしょう。そこで、この記事では自動車の「購入時・売却時・廃車時」に分けてリサイクル預託金関連の仕訳を徹底的に解説していきたいと思います。消費税込・税別処理ごとにも仕訳例を記載していますので、個人事業主でも法人でもどんな媒体の方でも参考になると思いますよ!