車査定のマニア
クレジットカード

自動車税のお得な支払い方法は、nanacoにクレジットカードでチャージして、セブンイレブンで納付する方法です。なぜなら、クレジットカードのポイントを貯める事が出来るからです。しかも、手数料は掛かりません(分割払いにする場合は手数料が発生する可能性が有ります)。

ただし、公共料金である自動車税の決済に対してnanacoポイントは付与されません。クレジットカードのポイントだけ貯まります。


自動車税をnanacoで支払う方法を丁寧に解説してみた

是非とも「nanaco&クレジットカード」で自動車税の支払いをして欲しいのですが、もっとお得に利用するためには、やはり「高還元率のクレジットカード」は欠かせません。

そこで今回は高還元率のクレジットカードを紹介したいと思います。

nanacoチャージにおすすめの高還元率クレジットカード

nanacoチャージにおすすめの高還元率クレジットカードは以下の5つです。

クレジットカードnanacoチャージによる還元率
リクルートカードプラス2%
リクルートカード1.2%
Yahoo!JAPANカード1%
楽天カード1%
楽天プレミアムカード1%

他にも高還元率のクレジットカードが有るのでは?と思った人もいるのではないでしょうか。確かに還元率が1%を超えるクレジットカードは他にも有ります。しかし、高還元率のクレジットカードなら何でも良いわけでは有りません。

重要な点はnanacoへチャージする際にクレジットカードのポイントが満額付与されるかどうか?という点です。実は、クレジットカードによってはnanacoにチャージ出来ないカードやチャージ出来たとしてもポイント付与対象外であったり、ポイントが満額付与されないカードが有るんです。

クレジットカード

その点、紹介した5つのクレジットカードはnanacoへチャージする際に、クレジットカードの還元率通りポイントが付与されます。

では、それぞれのクレジットカードの特徴を見ていきましょう。

リクルートカードプラス

リクルートグループが発行するクレジットカードです。このカードの主な特徴は以下の通りです。

項目備考
還元率
2%
年会費
2,000円(税抜)
国際ブランド
JCB
ポイント
ポンタポイント
電子マネー
nanaco:ポイント満額付与
モバイルSuica:ポイント満額付与
付帯保険
海外旅行傷害保険が自動付帯
国内旅行障害保険が自動付帯 等
家族カード
年会費:1,000円(税込)
発行手数料;無料
ETCカード
年会費:無料
発行手数料:無料

なんと言っても、リクルートカードプラスの最大の特徴は「2%の還元率」です。nanacoにチャージしてポイントが満額付与されるカードの中では、NO.1の高還元率クレジットカードとなっています。

年会費2,000円(税抜)が必要になりますが、普段クレジットカードを利用する人なら、十二分に元が取れるカードでしょう。

リクルートカードプラスの申込はこちらから

リクルートカード

こちらもリクルートグループが発行するカードです。特徴は以下の通りです。

項目備考
還元率
1.2%
年会費
無料
国際ブランド
JCB、VISA
ポイント
ポンタポイント
電子マネー
nanaco:ポイント満額付与(JCB・VISA両方共)
楽天Edy:ポイント満額付与(VISAのみ)
モバイルSuica:ポイント満額付与(JCB・VISA両方共)
付帯保険
海外旅行傷害保険が利用付帯
国内旅行障害保険が利用付帯 等
家族カード
年会費:無料
発行手数料:無料
ETCカード
年会費:無料
発行手数料:JCB無料、VISA1,000円(税抜)

年会費が無料のクレジットカードの中ではトップクラスの還元率です。また、国際ブランドのJCBとVISAの両方でnanacoにチャージが出来る点もリクルートカードの特徴と言えるでしょう。

リクルートカードの申込はこちら

Yahoo!JAPANカード

ヤフー株式会社の子会社であるワイジェーカード株式会社が発行するクレジットカードです。その特徴は以下の通りです。

項目備考
還元率
1.0%
年会費
無料
国際ブランド
JCB、VISA、MasterCard
ポイント
Tポイント
電子マネー
nanaco:ポイント満額付与(JCBのみ)
モバイルSuica:ポイント満額付与
付帯保険
ショッピング保険 等
家族カード
年会費:無料
発行手数料:無料
ETCカード
年会費:500円(税抜)
発行手数料:無料

今回紹介するクレジットカードの中では3番目に還元率が高いです。その他の普通のクレジットカードと比較すると高還元率のクレジットカードと言えます。還元率が0.3%とか0.5%のクレジットカードが多いですからね。

また、年会費が無料で有る点もオススメ出来るポイントです。

Yahoo JAPANカードの申込はこちらから

なお、JCBだけがnanacoにチャージ可能となっているので、注意して下さい。これから紹介する楽天カードと楽天プレミアムカードも同様です。

楽天カード

楽天が発行しているクレジットカードです。その特徴は以下の通りです。

項目備考
還元率
1.0%
年会費
無料
国際ブランド
JCB、VISA、MasterCard
ポイント
楽天スーパーポイント
電子マネー
nanaco:ポイント満額付与(JCBのみ)
楽天Edy:200円で1ポイント
モバイルSuica:ポイント満額付与
付帯保険
海外旅行傷害保険が利用付帯 等
家族カード
年会費:無料
発行手数料:無料
ETCカード
年会費:500円(税抜)(プラチナ会員以上で無料)
発行手数料:無料

年会費が無料、そして還元率が1%となっているので、選択肢の1つとなるクレジットカードです。楽天でネットショッピングをする人なら貯めたポイントを利用しやすいというメリットも有ります。

楽天カードの申込はこちら

楽天プレミアムカード

同じくこちらも楽天が発行しているクレジットカードです。特徴は以下の通りです。

項目備考
還元率
1.0%
年会費
10,000円(税抜)
国際ブランド
JCB、VISA、MasterCard
ポイント
楽天スーパーポイント
電子マネー
nanaco:ポイント満額付与(JCBのみ)
モバイルSuica:ポイント満額付与
付帯保険
海外旅行傷害保険が自動付帯
国内旅行傷害保険が自動付帯 等
家族カード
年会費:5,000円(税抜)
発行手数料:無料
ETCカード
年会費:無料
発行手数料:無料

「楽天カード」と「Yahoo!JAPANカード」と同じ還元率1%のクレジットカードですが、年会費が10,000円もするので、nanacoで自動車税を支払うためだけに入会するのはあまりオススメ出来ません。

楽天プレミアムカードの申込はこちら

そのため、選択肢は楽天プレミアムカード以外の4つになるでしょうか。

個人的にオススメのクレジットカードは還元率が最も高い「リクルートカードプラス」と年会費が無料で還元率が高い「リクルートカード」です。

【参考】還元率の高いその他のクレジットカード

自動車税の支払いにお得で便利な「nanaco&クレジットカード払い」ですが、近くにセブンイレブンが無い地域もあるはずです。

例えば、鳥取県は、2016年1月時点で県内に4店舗しか有りません。こういった地域では「nanaco&クレジットカード払い」は手軽な方法とは言えませんよね。

また、このような地域では、その他のコンビニもあまり見当たらないのではないでしょうか?

クレジットカード

じゃあ、自動車税のクレジットカード払いを諦めるしかないのか?と言うと、そうでも有りません。代替案として以下の2つが考えられます。

ただし、全ての自治体が導入しているとは限りません。そのため、お住まいの自治体が導入しているか、確認して下さいね。

で、上記2つの方法の最大の欠点は「決済手数料がかかる事」です。どちらの方法でも、ほとんどの場合300円(税抜)の決済手数料が必要です。

自動車税をクレジットカード払いにする事で獲得出来るポイントよりも決済手数料の方が高くなってしまっては、本末転倒ですからね。

ちなみに、軽自動車税の支払いに必要な決済手数料は、自治体によって100円・150円・200円(税抜)とバラつきが有ります(軽自動車税が10,800円の場合)。

そのため、nanaco以外で自動車税をクレジットカード払いする場合、決済手数料を上回るポイントを獲得出来る高還元率のクレジットカードを利用しないことにはあまり意味が有りません。

前置きが長くなりましたが、以下、本題の“還元率の高いクレジットカード”を紹介していきたいと思います。

還元率1.5%のREX CARD

「REX CARD」は還元率が1.5%となっています。TOPクラスの還元率と言っても良いでしょう。

年会費は2,500円(税抜)ですが、年間50万円以上利用すると無料になります。自動車税の支払いだけで年会費を無料にする事は不可能なので、クレジットカードの支払いをこの1枚に集約する必要が有りますね。

で、Yahoo!公金支払い等で発生する決済手数料よりもポイントが獲得出来るかについてですが、自動車税の支払いによるポイント獲得数は以下のようになります。

レックスカードはポイント付与単位が2,000円となっているので、端数は切り捨てています。

排気量自動車税 *1ポイント獲得数
1L以下29,500円420円分のポイント
1L超1.5L以下34,500円510円分のポイント
1.5L超2L以下39,500円570円分のポイント
2L超2.5L以下45,000円660円分のポイント

*1 エコカー減税は適用していません。

レックスカードを利用すれば、決済手数料以上のポイントを獲得出来るので、損をする事は有りませんね。

還元率1.5%の漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードも還元率は1.5%です。年会費は初年度無料で、2年目以降は1,500円(税抜)が必要になります。

還元率、そしてポイント付与単位がレックスカードと同じなので、自動車税の支払いで決済手数料以上のポイントを獲得する事が出来ます。という事で、軽自動車税について計算してみましょう。

軽自動車税の金額と改正による増税額

獲得ポイント

軽自動車税は10,800円です(自家用乗用車の場合)。つまり、軽自動車税の支払いに漢方スタイルクラブカードを利用すると、獲得出来るポイントは150円分のポイントとなります。

前述したように、Yahoo!公金支払い等での軽自動車税の決済手数料は100円・150円・200円(税抜)となっています。そのため、決済手数料が100円の場合のみ獲得ポイントの方が多くなります。自治体によっては損をする場合が有るという事ですね。

決済手数料の方が高い自治体にお住まいの人は、還元率が2%の「リクルートカードプラス」を検討した方が良いでしょう。ただし、このカードでも216円分の獲得ポイントとなるので、消費税を考慮するとトントンとなります。

5月が誕生日ならライフカードがオススメ

ライフカードは、基本還元率が0.5%とやや低いです。そのため、ほとんどの人にオススメ出来るクレジットカードでは有りません。

しかし、このカードなんと誕生日の月は還元率が5倍の2.5%に跳ね上がるのです。つまり、1ヶ月間だけは今回紹介したクレジットカードの中で還元率が最も高いカードになります。

自動車税は5月に通知が来て、5月末が支払い期限です。また、Yahoo!公金支払いが利用出来るのも期限の5月末までです。そのため、誕生月が5月の人には、ライフカードが最もおすすめのクレジットカードとなります。

排気量自動車税通常時のポイント獲得数誕生月のポイント獲得数
1L以下29,500円145円分のポイント725円分のポイント
1L超1.5L以下34,500円170円分のポイント850円分のポイント
1.5L超2L以下39,500円195円分のポイント975円分のポイント
2L超2.5L以下45,000円225円分のポイント1,125円分のポイント

ライフカードの年会費は無料なので、5月に誕生日を迎える人は検討してみてはいかがでしょうか?

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス