車査定のマニア
事故車

事故車

事故車(修復歴車)は、高度な修復技術によって、見た目はほぼ元通りに復元されて販売されています。一般の人が事故車かどうか見分けるのは、かなり難しいと言って良いでしょう。

こういった事故車(修復歴車)は、事故歴・修復歴の無い中古車と比較して、3、40万円ほど安い価格で販売されています。

一見、綺麗な車でしかも安い価格となると、飛びついて購入してしまう人もいるかもしれません。しかし、事故車(修復歴車)は、購入後に様々なトラブルを引き起こす可能性が高いので、注意が必要です。

修復歴車の定義と修復歴車が危険な理由

スポンサーリンク

販売価格が安い中古車は事故車の可能性有り

事故車の販売価格は、安く設定されています。

販売価格が安くなる理由は以下の通りです。

  • 事故車はイメージが悪く、人気が無いため
  • 事故の衝撃により、修復したとしても安全面・性能面で問題があるため 等

このような理由から、事故によるダメージに応じて販売価格は安く設定されています。

なるべく安く買いたいという気持ちも分かりますが、安い物にはそれなりの理由がある事を認識して、購入を検討するようにして下さい。

販売されている事故車(修復歴車)は見分けにくい

事故車(修復歴車)は外観が綺麗に修復されています。この修理跡を見つけるのは、一般の人にとっては非常に難しいでしょう。外観が綺麗であるため、事故車かどうか疑う事すら忘れてしまうかもしれません。

つまり、事故車(修復歴車)かどうか見極めが出来ない人は、気付かないうちに事故車を購入してしまう恐れがあるわけです。

このような事態を招かないように、自動車公正取引協議会は、販売店に「修復歴の有無の表示」を義務付けています。

しかし、事故車と修復歴車は範囲が異なり、修復歴車を包含するのが事故車という関係に有ります。つまり、「修復歴無」と表示されていても、「事故車」の場合が有ります。

事故車と修復歴車は同じ?違う?

このような事から、修復歴の有無の表示だけを信じるのは良くありません。

また、一部の中古車販売店では、義務を守らずに「事故車隠し」をして販売している悪徳業者もあるようです。

事故車(修復歴車)は、中古車販売店が中古車を仕入れる業者オークションにおいて安い価格で取引されています(プロの目は騙せませんからね)。ここで安く仕入れて、事故車隠しをすれば利益がかなり大きく出せるため、事故車隠しが行われているわけです。

中古車を購入する時には、「事故車」・「事故車隠し」の可能性があるかもしれないと疑って掛かるべきです。たとえそれが大手ディーラーの中古車販売店であってもです。

参考:中古車の修復歴を見分けるポイント!チェックすべきはここだ!

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス