車査定マニア
外車

ベンツやBMW、アウディ、VWなど日本で人気の外車は数多く有ります。新車だと高すぎるけど、中古車なら買えるかも!と思っている人も良いでしょう。

しかし、中古の外車・輸入車を購入する時はいくつか注意しなければならない事が有ります。今回は外車を購入する前に知っておいて欲しい注意点を簡単に紹介します。

購入前に外車の特徴を知っておこう

外車は故障しやすいイメージが有りますが、それは昔の話で、現在の外車の品質はかなり向上し、次から次へと異なる部分が故障するような事は有りません。しかし、国産車に比べると故障しやすいのは確かです。

外車が国産車より故障しやすい理由は、車に対する考え方が外国と日本では異なるからです。

外車

外国では、車を趣味の一環として購入する人が多いです。そのため、車をいじる事が好きな人も多く、整備も小まめに行います。こういう風土が有るので、外国メーカーはユーザー自身が整備をしっかりと行う前提で車を製造しています。

故障した時は、車自体が悪いというのも有りますが、整備不足だったと考える人も多いようです。

日本車

一方、日本は交通手段の1つとして購入する人が多いです。そのため、日々車を使用するものの、小まめに整備を行う人はあまりいません。ボンネットの開け方を知らないドライバーもけっこういます。車の整備は1年毎の定期点検や車検の時だけという場合も多いです。

日本メーカーはこうした日本人の車に対する考え方に合わせて、整備をそこまでしなくても故障しにくい車を作っています。

このような背景があるため、外車は国産車より故障しやすいのです。しかし、整備をしっかりしてあげれば、たとえ外車であっても故障する可能性は低くなります。外車を購入するのなら整備は怠らないようにして下さいね。

各パーツの寿命と価格の違い

各パーツの寿命も外車と国産車では異なります。

外車の各パーツの寿命は、バラバラです。毎年、何かしらのパーツが寿命を迎えて交換が必要になります。普段の整備を疎かにしていると、小さな故障がエンジンやミッションなどの重大な故障に繋がる可能性も有ります。外車は普段の整備が本当に大切です。

一方、国産車の各パーツは同じ年数で寿命を迎える事が多いです。5年や10年で何箇所かのパーツを一気に交換する、といった感じです。

各パーツの寿命も外国と日本の車に対する考え方が反映されているのでしょう。

そのため、中古の外車を購入する時は、販売店で各パーツの寿命と交換済みのパーツの交換時期などを聞いておいた方が良いでしょう。

パーツ

そして、各パーツの価格も確認しておいた方が良いです。基本的に外車のパーツは国産車のパーツより高いです。さらに、国内ディーラーに在庫が無ければ、海外から取り寄せとなり、値段は跳ね上がります。

また、整備工場によっては外車に対して特別工賃を設定している所も有ります。もちろん、国産車と同じ工賃を設定している整備工場も有るので、こういった工場を見つけておいた方が良いでしょう。

中古の外車・輸入車を購入するにあたって一番大事な事

中古の外車・輸入車を購入する際は、前オーナーがきっちり整備していた車を選ぶ事が何より大切になります。

前述したように、前オーナーが整備をしてこなかった中古の外車は故障しやすいです。その修理費を支払うのは誰でしょうか?次のオーナーですよね。外車を購入して毎月のように修理費がかかった、と嘆いている人はおそらくこのような中古車を購入してしまったのでしょう。

中古の外車を購入する時は、整備記録簿をチェックして、前オーナーに丁寧に扱われていた中古車を選ぶようにしましょう。

中古車購入前に定期点検整備記録簿(整備手帳)をチェックしよう

【参考】外車・輸入車を運転する際の注意点

まず、左ハンドルの外車・輸入車を運転する時の注意点を紹介します。

日本向けに右ハンドルの外車も販売されています。

左ハンドルの外車を運転する時の注意点

  • 無意識のうちに左(路肩)に寄ってしまう
  • 交差点の右折時に、対向車線にも右折車がいれば、直進車が非常に見にくくなる
  • 追越をする時にも対向車が見にくい
  • ETCを搭載していない場合、高速道路などの料金所での支払いに苦労する 等

ハンドル

ハンドル関係なく気をつけるべき事

次に、ハンドル横に設置されている「方向指示器」と「ワイパー」を操作するレバーについてです。

左ハンドル・右ハンドルに関係なく、外車は日本車とは逆の仕様になっています。

レバー外車日本車
方向指示器
ワイパー

慣れていないと、方向指示器を操作したつもりが、ワイパーが全開で作動してしまうなんて事も有ります。

ガソリン

最後に給油に関してです。外車は基本的にハイオク仕様の車が多いです。そのため、ハイオク仕様の外車に間違ってレギュラーガソリンを給油してしまわないように注意しましょう。

レギュラー・ハイオク・軽油の違いと正しい使い分けの方法

ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを給油してしまうと、ノッキングという現象が起きて、燃費の悪化・走行性能の低下の原因となります。また、エンジンに多大なダメージを与えてしまいます。

車のエンジンは、燃料と空気を混ぜて点火プラグでタイミングよく着火させて、その力でピストンを動かしてパワーを生み出します。しかし、燃料は引火性が有り、エンジンのピストン運動による圧力で、点火プラグによらずに自己着火してしまう事が有ります。これがノッキングです。

レギュラーガソリンはハイオクよりも自己着火しやすく、また外車はピストン運動による圧力が高くなるエンジンを搭載しています。そのため、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを給油すると、ノッキングが発生する可能性が高くなってしまいます。これがハイオク仕様の外車にレギュラーガソリンを給油してはいけない理由です。

今回紹介した外車の運転に関する注意点は慣れればそこまで問題になりませんが、不慣れな購入直後はやはり注意した方が良いでしょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス