車査定マニア
廃車

買取業者に査定を依頼をして「買取金額は0円です」と言われたとしたら、かなりショックですよね。

愛車に値段が付かない衝撃もさることながら、新たに購入する車の頭金や旅行、買い物など、買取金額の使い道として立てていた予定が狂ってしまいますからね。

この場合諦めて廃車にするか・・・と考える人が多いかもしれません。しかし、それはちょっと早計です。1つの買取業者が愛車を「0円」と評価したからといって、全ての買取業者が同じように「0円」と評価するわけでは有りません。きっと値段を付けてくれる業者がいるはずです。

この記事では、0円評価された愛車に価格を付けてくれる業者を探す方法を簡単に紹介していきます。

車一括査定に取り敢えず出してみる

全ての買取業者が同じ買取金額を提示するわけでは有りません。その理由については「中古車買取専門店でもお店ごとに査定金額が違う理由」の記事で説明している通り、業者によって販路や専門分野などが異なるからです。

そのため、たくさんの買取業者に査定をしてもらえば、その中に「0円評価」された愛車に値段を付けてくれる業者がいるかもしれません。ただ、地道に1社ずつ店舗に訪れるのは面倒くさい作業になりますし、何より走行距離が増えてしまい車の価値を下げてしまう恐れがあります。

車の買取金額

そこでオススメなのが「車一括査定」です。車一括査定で値段を付けてくれた業者に自宅に出張査定をしてもらえば、煩わしさや価値低下を避ける事が出来ます。まず車一括査定を利用してみましょう。

下取りに持って行ってみる

一般的に、下取りは買取査定よりも提示金額が低くなる傾向が強いので、買取業者が0円評価した車に値段が付く可能性は低いです。(参考:車の下取り査定をする前に買取専門業者の査定を利用した方が良い理由

しかし、下取りは車の購入とセットで行われるので、販売による利益を獲得するために下取り価格を多めに見積もってくれる場合が有ります。新車の値引きの代りに下取り価格を上乗せする事は、新車ディーラーマンの代表的な商談テクニックです。

車を下取りに出す

もし車一括査定を利用しても値段が付かない場合は、下取り査定に出してみましょう。

廃車業者に買い取ってもらう

「買取査定」と「下取り」をしても値段が付かなかった場合は、その車は乗り物としての価値が無い、という事になります。となると、選択肢としては「廃車」しか残されていません。ただ廃車は最後の手段では有りますが、最悪な手段では有りません。

廃車に関する記事一覧

廃車

廃車は1円にもならないばかりか、手続き等で出費が発生して赤字になる、と思っている人も多いのではないでしょうか?もちろん車によりけりな部分は有りますが、値段が付く場合も有ります。

なぜなら、廃車する車でも「部品」や「鉄」としての価値が有れば、廃車業者はそれに見合う値段で買い取ってくれるからです。(参考:車の鉄スクラップ価値の推移

中古車買取業者とは違い、値段交渉は難しい面が有りますが、なるべく高く買い取ってくれる業者を探してみると良いでしょう。

【注意】部品取りする場合は廃車業者と要相談

廃車する車からオーディオやカーナビなどの部品を取り外して、オークションなどで販売しようと考える人もいるかもしれません。しかし、廃車からの部品取りは、法律違反となるので注意が必要です。

カーナビ

リサイクル法では、使用済自動車から部品取りを行うには解体業の許可が必要と規定されています。一般人が勝手に部品取りを行ったら無許可営業となるわけです。さらにいうと、使用済自動車は廃棄物とみなされるので、廃棄物処理法においても無許可営業となります。

ここでいう使用済自動車には明確な定義が無いのですが、最終所有者がその車を廃車すると判断すれば使用済自動車となります。たとえボロボロの車でも販売すると判断すれば、それは中古車となります。最終所有者は最後のオーナーではなく、車を引き取った業者です。

ちなみに、使用済自動車は中古車として販売する事は出来ず、廃車するしか有りません。

廃車業者に引き取ってもらう場合には、その後使用済自動車となる事は明らかなので、その車から部品取りを行う事は出来ません。ただし、自動車リサイクルシステムのホームページには、以下のような記載が有るので、廃車業者に相談の上、部品取りを行う事は出来るかもしれません。

最終所有者の依頼を受けて、カーステレオ、カーナビなどを取り外す行為については、解体とは解釈されません。

もし、一般人が勝手に使用済自動車から部品取りを行うと、廃棄物処理法の無許可営業における罰則(5年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金)を受けます(罰則は併科される場合も有ります)。

せっかく「0円評価」されていた車に値段を付けてもらったのに、部品取りによって罰則を受けてしまっては意味が有りません。もし部品取りを行うのなら、廃車業者に逐一報告・相談するようにして下さいね。

まとめ

以上見てきたように、ある業者で「0円評価」を受けたからといって、1円の得にもならない【廃車】しか選択肢が無いという訳では有りません。

探せば金額を付けてくれる業者は必ずいますので、根気よく探しましょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス