車査定マニア
車を売る

車を売るタイミングは人それぞれです。「子供が巣立ったので車の必要性が薄れた」、「どうしてもお金がいる」、「海外に転勤するから日本にある車を使えない」など。

そして、よほどのお金持ちで「売る金額なんて気にしない!」という方で無い限り、自分の車は可能な限り高く売りたいですよね。

車を高く売るポイントの1つとして「1回目の車検前に売る!」というものがあることを知っていますか?

1回目の車検前だと高く売れる理由まとめ

簡単に理由をまとめてみました。要約すると「新しいからこそ需要がある!」というのが理由なんですけどね。以下で詳しく見ていきましょう。

高年式かつ走行距離が少ないという魅力

自動車の価値は、人気や車種など様々な要因によって変わります。

しかし、どの車にでも共通して言えるのは「高年式で走行距離が少ない車(=新しい車)」は価値が高い!ということです。

車の走行距離・走行キロ数が少ないとプラス査定・多いとマイナス査定

中古車を買おうとしている人が、欲しい車種を見付けた後にまずチェックするのは「年式」や「走行距離」です。クラシックカーの様に古いからこそ価値が出て来る、という例外を除くと、古い車より新しい車の方が人気があるので、査定額は必然的に上がる事になります。

需要がまだまだあるという魅力

中古車を買う人で「安ければ何でも良い」と思っている人はあまりいませんよね。どうせ買うのであれば「良い車を手頃な値段」で買いたいと思っているはずです。

価値のある車

そういう方にとって、新車から3年程度しか経過していない車というのはとても魅力があります。程度が良いのに、新車と比べると大分安く手に入りますからね。(一般的に3年落ちの車の店頭価格は新車価格の半額くらいです。)

もちろん、新しくても乗り方が荒かったり事故車という事情があれば、魅力は半減ですけどね・・・。

また、中古車ディーラーから車を買う方は、車の整備状況についても気にしている方が多いです。中古車を買う場合、基本的にディーラーの方で納車前に点検をしてくれるのですが、この点検はあくまでもディーラーがサービスで行うものなので、どれほどの程度の点検かは分かりません。

点検済みの車

しかし、3年落ちの車なら丁度車検が切れる時です。購入時に新しく車検を受けることで安心して乗る事が出来る訳ですね。そういった意味でも、新車購入後3年程度の車は需要があるのです。

ワンオーナーであるという魅力

中古車を買う人が気にする項目の1つに「ワンオーナーであるかどうか」という点があります。

残念ながら中古車の場合、前のオーナーがどんな人だったのかが分かりません。前の所有者が車を丁寧に扱ってくれていれば良いですが、複数の所有者を経ている場合は、全員が丁寧に扱っていたとは限りませんよね。

ワンオーナーカー

しかし、ワンオーナー(=新車で登場してから1人にしか所有されていない)の車の場合は、新車の状態から自分の車だったという事もあり、愛着をもって丁寧に扱ってくれている事が多いんです。

そのため、ワンオーナーの車の場合は人気があり、査定額も上がる傾向にあるのです。

ワンオーナーカーは高額査定を引き出す重要なポイント

メーカー保証があるという魅力

新車で購入した場合、車にはメーカー保証が付いています。これは、消耗品など(一部対象外の部品を除く)車の部品が故障したときに、無料で対応して貰うことが出来る保証制度です。

メーカーによって内容は少々異なる事がありますが、基本的な保証(一般保証と言われています)だと、購入後3年間経過時(つまり、最初の車検まで)若しくは走行距離が6万kmに達するまで有効であることが多いです。

メーカー保証

また、上乗せの保証として特別保証を付けていると、新車で購入したときから5年間もしくは走行距離が10万kmに達するまで、エンジンやブレーキなどメーカー指定の部品について無料で修理してもらう事が出来ます(参考例:マツダ

これらのメーカー保証期間が残っている車は、部品の故障を無料で修理してもらう事が出来るので、メーカー保証の無い車と比べると価値が高く、査定額も高くなる傾向にあるのです。

売るだけなら1回目の車検前がベスト!

上記で見て来た様に、「新しい車」、つまり「最初の車検が来る前の車」というのは価値が高いです。

「新車は購入直後に価値が3割程度減る」と言われていますので、購入直後に売るのはもったいないですが、購入直後から最初の車検が来る3年目頃までであれば、それほど価値は下がっていないことが多いです。(大体半額位です)。

もし、近いうちに売ろうかなと考えているのであれば、最初の車検が来る前に売る事を検討してみて下さい。

買い換える場合は損になるので注意!!

車を乗り換えるつもりの人が、この方法を使うのは得策では有りません。もう車に乗る予定が無いという人だけ使って下さい。

まだまだ運転をし続けるつもりなのに、新車で3年落ちに車を売却してしまうとトータルコストでは損になることが殆どです。どうしても新車を3年おきくらいに乗り換えたいのであれば、残価設定クレジット(残クレ)の利用も考えてみてください。

個人的には、残クレはデメリットが大きいのであまりおすすめしていませんが。(参考:残クレの仕組みとデメリット


新車じゃなくても良い人は「中古車」を3年程度で乗り換えていきましょう。ソッチのほうがコスト的には断然お得です。

■関連記事
新車を買うよりも中古車を乗り継いだ方がトータルコストは安くなる

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス