車査定マニア
査定

車を売る方法としては、主に”ディーラーへの下取り”や”買取り業者に売る”という2つの方法が有ります。

最近は、ネットやテレビCM等で「下取りよりも買取りの方が高い査定額が付く事が多い!」、と言われる事が多く、買取りをしてもらおうかな、と考えている人も多いのでは?(参考記事:車買取専門店とディーラーの下取り査定はどちらの方が高く売れるか

しかし、初めて買取業者に査定をしてもらう方にとっては、(出張)査定ってどういう事をするんだろう?どれくらい時間がかかるんだろう、と疑問がたくさん有りますよね。

疑問

そこで、ここでは車の買取り査定の簡単な流れや必要な時間などについて紹介していきます。

査定の流れ

ここでは、買取り査定の簡単な流れを紹介します。

買取業者にホームページ等から査定の依頼をすると、業者から連絡が有るので担当者と詳細な査定の日程を打ち合わせして決めます。そして、査定当日になると、査定士の方が自宅や車の保管場所まで来てくれます(車を買取店に持ち込む事も可能です)。

査定

査定の作業としては、車検証や整備記録簿に記載されている情報の確認から始まり、内装や外装の状態をチェックしたり、修復歴の有無や機関系(エンジンやミッションなど)の動作チェックなどが含まれます。

参考:オプションはプラス査定になる事が多いので、積極的にアピールする事をオススメします。

車査定の時に査定士がチェックするポイント

車の査定が終わると、査定結果の説明と契約に関する相談をする事になります。そして、金額や契約内容に納得がいったら、契約書に押印して車の引き渡し、買取り代金の受領(後日振込が多いです)となります。

中古車の相場は日々変動しています。査定額はあくまでも査定をしてもらった日時点の買取り金額に過ぎません。

提示金額で買い取ってもらうかどうかを少し日を置いて考えたい方もいるでしょうが、査定から契約まで日が開くと査定のやり直しになる事も有るので注意が必要です。

なお、車の無料一括査定サイトを利用した場合、上記のやり取りを複数の業者と繰り返す事になります。1社だけならまだしも、多い場合は10社を超える業者を相手にする必要が有るので、手間や時間が想像以上にかかります。

そこで、複数の業者と同じやり取りを何度も繰り返すのが嫌な方は、同時査定を依頼するという方法も有ります。(参考記事:車の出張査定を複数の買取業者に同時にやってもらうメリット・デメリット

査定に必要な時間

車は無数の部品から成り立っています。しかも、車によっては数百万円という査定額が付く事も有るので、査定をするのには非常に時間がかかりそうな気がしますよね。

時間

しかし、実際のところ、買取査定は1台当り15分前後で終わります。意外に短いと思いませんか?!

:これは待ち時間などは含まない、純粋な査定をしている時間です。

査定額はオークション相場等を基準にして、査定マニュアルに従って決められていきます。標準点がまず与えられて、そこから車の状態に応じて評価がプラスマイナスされていくイメージで行われるので、査定自体にはそれほど時間がかからないのです。

車の査定価格・買取金額の決まり方

しかし、査定終了後の査定額に関する説明や、契約に関する相談なども有るので、全ての過程を含めると、合計で1時間程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。

参考:全国チェーンの買取店の中には、店舗レベルでは査定金額の決定権限が無く、全て本部で決定されるという事が有ります。この場合は、その場ですぐに査定額を提示する業者と比べると、若干時間が長くかかります。

参考:強引な営業は無い?!

買取査定は、買取り業者にとっては重要な仕入のチャンスです。中古車の買取り業者は、客から車を買い取ってオークションなどで売却する事で利益を得ているので、出来る限り安く買い取りたいと考えています。

少しでも安く買い取りしようとしている、と聞くと強引な営業が心配になりますよね。

強引な営業

この点に関しては、大手の買取業者は社内の教育研修や客へのアンケート結果を元に、スタッフへの指導を徹底しています。従って、客に強引な営業をしてくる事はあまり無いでしょう。

但し、強引な営業が全く無いと言い切れませんし、小規模な買取業者の中には、様々な営業トークで何とか安く買い取りしようとする方もいます。

自分の納得のいかない金額で契約をさせられそうになったら、迷わず断る様にしましょうね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス