車査定マニア
ディーラーの車

ディーラーの車

限定販売と聞くと、つい気になってしまうのが日本人ですが、自動車業界にも限定販売車というものが有るって知っていますか?

ここでは、限定販売車がどういうものなのか、どんなメリットやデメリットが有るのか、査定時にどんな評価を受けるのかなどについて見ていきましょう。

限定販売車とは~メリット・デメリット

限定販売車とは、半年程度の短期間しか販売されなかったり、数百台といった限られた台数しか販売されない車の事を言います。

参考特別仕様車を特別限定車と言う事が有ります。基本的に、特別仕様車も期間若しくは台数が限定されている事が多いので、「特別仕様車=限定販売車」となります。しかし、中には台数や販売期間を定めず「限定」と謳っているケースも有ります。これは、売れ行きに応じて販売期間や台数を柔軟に決めていると考えられます。

限定販売車

限定販売車のメリットは、なんといっても「限定品」という点です。日本人は期間限定や数量限定といった言葉に弱いですからね。乗っているだけで優越感に浸れるのではないでしょうか。

但し、限定販売車は、期間限定若しくは台数限定で発売されるものなので、思う様に手に入れる事が出来ない、というデメリットが有ります。また、限定品というプレミアムが付くため、価格は高くなりがちです。

特に車に興味が無い人であれば、無理して限定販売車を買う必要は無いでしょうね・・・。

限定販売車の紹介

ここでは、限定販売車の例をいくつか見てみましょう。

レクサスFLA

(画像参照元:Favcars

「限定販売車といえば、この車!」というものの1つに、レクサスのLFAが有ります。

これは、2010年12月からの2年間、500台限定で生産・販売され、500台のうち約200台が日本で販売されました。ちなみに、価格は日本円で3,750万円とかなり高く、日本の量産モデルとしては過去最高額となっています(それまでの最高額は、LS600hLの1,510万円)。

参考:愛知県にあるトヨタ博物館でLFAのプロトタイプが展示されています。興味の有る方は是非1度見に行ってみて下さい。カッコいいですよ!

但し、LFAは値段が値段なので現実的では有りませんね。もう少しお手頃な限定販売車を見てみましょう。

スバルWRXSrtS

(画像参照元:STI特設サイト

これは、スバルのWRX S4 tSという限定モデルです。「WRX S4」をベースに、先進安全機能やアドバンスドセイフティーパッケージを搭載した、究極のアスリートモデルです。なお、販売期間は2016年10月4日〜2017年3月12日で、販売台数の限定は有りません。ちなみに価格は496万8,000円です。

civic タイプR

(画像参照元:Favcars

最後にもう1つ。これは2015年に限定発売された、ホンダのCIVIC TYPE Rです。パワー・トルク・レスポンスのそれぞれが絶妙なバランスで、最高出力310馬力&最大トルク400N・mという圧倒的なパフォーマンスを誇っています。

CIVIC TYPERは過去にも限定発売されており、2015年のTYPE Rで4代目となります。

2015年10月29日〜2015年11月23日の1ヶ月のみの申込受付で、限定750台の販売でした(販売は2016年3月で終了)。なお、価格は4,280,000円です。

参考:750台という数字は、ドイツのニュルブルクリンク北コースでのラップタイム「7分50秒63」からきています。

限定販売車の査定評価

日本自動車査定協会(JAAI)の出している中古自動車査定基準によると、特別仕様車の評価に関して以下の様に定められています。

商品価値加減点
特別仕様車、限定販売車はベース車と比べて、商品価値差をつけることができる。
細則 基本価格との関連を考慮して行う

要するに限定販売車は、ベース車と査定額が異なるケースが有るという事ですね。但し、査定基準では、加点となるのか減点となるのか、また、その点数については規定されていません。あくまでも「商品価値差をつけることができる」としているだけです。

中古車の査定

従って、加点される事も有るでしょうし、限定販売車とはいえども不人気であれば減点となる事も有るという事ですね。但し、基本的には限定販売車は希少価値が高いので、高額査定が期待出来るでしょうね。

ちなみに、上で紹介したレクサスのLFAは、販売時の価格よりも中古車価格の方が高いです。2017年1月時点、カーセンサーの中古車検索に4台がヒットし、価格は6,300万円と5,080万円でした(他2台は応相談)。実際に、新車価格と中古車価格とでこれほどの差がつくのは珍しい事ですが、希少価値が評価された良い例ですね。

S660の買取査定額の相場は?

ここでは、限定販売車がベースモデルの車とどれくらい査定額に差が出るのかを確かめるべく、Goo買取の買取相場検索で、実際に検索してみた結果を見てみましょう(2017年1月実施)。

検索したのは、2015年4月に限定で660台発売された、ホンダの「S660 コンセプトエディション」です(メタリック系、走行距離は20,001km〜25,000km)。なお、比較の為にベースとなる「β」も一緒に相場検索しています。

結果は以下の通り。

グレード相場検索結果
コンセプトエディション151.6万円
β122.1万円

限定販売モデルの方が、29.5万円高い結果となりましたね。

まとめ

いかがでしたか?限定販売車は、良いところも悪いところも有りますが、基本的には希少価値が有るので売却時の買取査定額も高くなる傾向に有ります。

しかし、車の価値は需要によって大きく左右されます。少しでも高く売りたいと思うのであれば無料一括査定で、たくさんの業者から見積りを取る事をオススメします!

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス