車査定のマニア
金融流れの車

金融流れの車

過去に中古で買った車が実は金融流れの車だった、という事がたまに有ります。

知らずに金融流れの車を購入してしまった方や、これから金融流れの車を購入しようとしている方は、金融流れの車が売る時にどの様な評価を受けるのか、リセールバリューはどうなるのか、について気になりますよね。

そこで、ここでは「金融流れの車の買取り査定時の評価」について見ていきます。

金融流れとは?

金融流れ()は、金融機関などからお金を借りる際に車を担保として提供し、その後借入の返済が滞ったために担保実行されて取り上げられた様な車の事を指します。

:金融物や金融車とも呼ばれる事が有ります。

また、最近では何かしらの事情によって名義変更が出来ない状態の車を指して、金融流れと呼ぶ事も有る様です。

金融車とは?危ない金融車と安心出来る金融車の違いも解説

金融流れの車を取得する事に法律上の問題はなく、格安で取引されるので密かに人気が有ります。また、最近は金融流れの車を専門に扱っている業者もいる程です。

金融流れの車の査定時の評価は?

金融流れの車を買取り査定に出すと、どの様な評価を受けるのでしょうか?

この点については、「名義変更の出来るケース」と「名義変更の出来ないケース」とで評価が変わる事が考えられます。

金融流れの車の査定

名義変更が出来るケース

名義変更の出来る金融流れの車とは、車を購入したものの、購入者がローンを支払う事が出来ずにローン会社に担保を実行され、車を引き上げられた様なケースが該当します。

ローン会社は車を引き上げた後で、少しでも残債を回収する為にその車を売却します。その際に、ローン会社は名義変更が出来る様に予め必要書類を揃えているので、金融流れの車といえども普通の車と特に変わらず取引が出来ます。

従って、この場合は査定額にもそれほど影響が出ないでしょう。

名義変更が出来ないケース

一方で、ローンが返済出来ずに行き詰まってしまい、何とかしようと車の使用者(購入者)が勝手に車を売るというケースが有ります。

ローンで車を買った場合、車の所有者はローン会社になるので、使用者は車を売ったとしても名義変更を勝手にする事は出来ません。

また、その車を次に購入した方は、任意保険に加入する事は出来る様ですが、名義が自分ではないので車検を通せるとも限りません。

自動車のローン

金融車自体は事故車という訳でもなく、車は至って普通の状態で有る事が多いのですが、一般の中古車販売店は金融車の様な訳有り車を嫌う傾向に有るので、オークション等に出品しても買い手もなかなか見つかりません。

そうなると、金融流れの車を専門に扱っている業者に買い取ってもらう事になるでしょうが、査定に出したとしても査定額はかなり低くなるという覚悟が必要です。

金融流れの車は、一般の中古車相場の6〜7割程度で取引される事が多いという実状を考えると、買取査定額も相応に下がる事が予想出来ますね。大体、市場価格の4〜5割程度といったところでしょうか。

一般の中古車販売店だと、「ローン完済が条件」だと言われますが、金融流れ専門の業者ではローン完済の請求はせずに即日買取りをしてくれますし、最低買取保証額が設定されている事も有る様です。

まとめ

いかがでしたか?確かに金融車は格安で購入する事が出来ますが、その分売却する時も安くなってしまいます。

また、名義変更が出来なかったり、運が悪いと過去に盗難されるなど犯罪に関わった車の可能性が有ったりと、デメリットも有ります。

金融車を中古で購入するのはデメリットだらけ!メリットは価格が安い事だけ。

それでも、もしこれから金融車を買おうと考えている方がいるのであれば、一般の中古車販売店で購入するよりも、手続や対応に慣れている専門店で購入する方が良いでしょうね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス