車査定マニア
買取代金

車を査定に出して業者に買い取って貰う場合、買取代金はいつ受け取る事が出来るのでしょうか?

車を売ろうとしている方は、「お金を必要としているから売る」という場合が多いでしょうから、気になりますよね。以下で見ていきましょう。

数日〜1週間以内の振込が普通

中古車を査定に出して、査定金額に納得すると買取業者と売買契約を締結します。契約時に、車検証や自賠責保険証等の必要書類を提出すれば、手続きは終了です。

:査定時に必要書類が揃っていない場合は、代金の支払は遅くなります。書類不備が無い様に注意しましょう。

買取代金

そして、契約時に買取業者から代金支払の予定日について説明が有ります()。買取代金は査定の数日〜1週間程度を目処に銀行振込されるのが一般的で、通常は即日現金で買い取って貰う事は出来ません。

:小規模の店舗等の場合は、振込予定日の説明をしてくれない事が有ります。忘れずに「何日に振込がされるのか」を確認する様にしましょうね。また、滅多に遭遇しないと思いますが、買取業者が代金支払前に倒産してしまう事が有るので、指定した日に入金が無い場合は、すぐに買取業者に連絡しましょう。

では、なぜ即日現金買取ではなく、後日の振込となるのでしょうか?以下で見ていきましょう。

後日の振込となる理由

上述の様に、基本的に査定当日に買取代金が支払われる事は有りません。その理由として、以下の様な事情が考えれます。

現金を店舗に用意していない

買取業者は、資金管理の点から大金を店舗に置く事はしません。従って、客に「現金で買い取って欲しい」と言われても、手元に現金が無いので支払う事が出来ないのです。

売る側としても、買取代金は大金になる事が多いので、ポンといきなり大金を渡されても不安になりますよね。また、振込だと通帳に記録が残るので、現金で貰うよりも安心感が有ります。

ゆっくり査定する為

中古車の査定士は資格を持った査定のプロです。査定時には正しい査定額を算出する為に、厳しいチェックをします。

しかし、査定士も人間です。1度のチェックで全ての評価を正しく出来るとは限りません。メーターが改ざんされていたり、修復歴を上手に隠していたりetc…。重大な不具合を見落として、本来有るべき金額よりも高く買い取ってしまうと、業者にとっては損害となります。

そこで、その場で現金買取をせずに、もう少し念入りにチェックをする時間的余裕を確保している、という訳です。

査定

念入りにチェックした結果、不具合が見つかると、査定額の減額(場合によっては契約解除)をされる事が有ります。車を売る側からしたら、金額に納得して契約をしているのに、「後日もう一度細かく査定をしたら、不具合が見つかったので査定額を減額します!」と言われても腑に落ちないですよね。

しかし、契約書にはそういった再査定(2重査定とも言います)による減額について、きちんと記載がされています。明らかに注意不足の場合は、査定の減額は認められませんが、ちょっと見ただけでは分からない様な「隠れた瑕疵」の場合に、査定額が減額される事が有るのです。

また、減額後の査定額に納得がいかずにキャンセルを申し出ると、違約金(これも通常は契約書に記載されています)を請求される事も有ります。

査定後の減額に伴うトラブルは、頻繁に発生しているので注意が必要です。

現金買取業者は大丈夫?

買取代金の入金は早いに越した事は無いですよね。稀にですが、即日現金買取を謳っている業者が有ります。

現金買取

しかし、現金買取をしてくれる業者は、「どうしてもその日の間にお金が必要で、車の売却代金からしかそのお金を捻出する事が出来ない方」以外は利用しない方が良いでしょう。

なぜなら、現金買取の場合は「査定額が低くなる可能性が有る」からです。

複数の業者に査定依頼を出して、出来るだけ高く買い取って貰う為にも、時間的な余裕を持って挑みたいですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス