車査定のマニア
法定の点検整備

法定の点検整備

自家用車は、2年毎に車検を受けなければなりません。これは皆さんご存知でしょう。

では「12ヶ月毎・24ヶ月毎に法定の定期点検整備を受けなければならない」という事は知っていましたか?法定定期点検整備をしてないからと言って罰則等を受ける訳では有りませんが、しっかりと点検をしておくと良いことが有りますよ。

実は、この定期点検点検整備をちゃんと受けていると、車を売る際の査定金額が高くなる事が有るのです!

そこで、ここでは定期点検整備の内容や査定との関係について見ていきましょう。

法定の定期点検整備とは?

車は多くの部品から成る精密機械です。ちょっとした不具合でも大きな故障に繋がる事も有る為、ユーザーは日常的な点検に加えて、一定期間毎に細かい点までチェックを行う必要が有ります。

車の点検整備

そこで、日常的に行う点検を「日常点検整備」、定期的に行う点検を「定期点検整備」として道路運送車両法第47条〜48条で実施が義務付けられています

参考:24ヶ月点検は受ける義務が有りますが、12ヶ月点検は誰がしても構わないので、「点検をする義務」は有るものの「点検を受ける義務」は有りません。また、点検を受けなくても罰則規定は有りません)。

自家用乗用車(軽自動車含む)の場合は、定期点検は12ヶ月毎に26項目24ヶ月毎に56項目の点検が必要となります。

参考:自家用乗用車の場合で、走行距離が年間5千キロ以下で、前回点検を行っている場合は12ヶ月点検は11項目、24ヶ月点検は18項目の点検を省略する事が出来ます。

定期点検整備で何をチェックするのか?

法定の定期点検整備は”12ヶ月点検”と”24ヶ月点検”で点検整備項目が異なりますが、いずれもハンドルやブレーキ、電気装置や原動機など多岐にわたって点検をする事になります。

12ヶ月点検については、国土交通省から以下の様に分かり易いリーフレットが公開されています(クリックすると拡大して見れる様になります)。

12ヶ月点検

24ヶ月点検については「24ヶ月定期点検整備のチェック項目と点検整備記録簿への書き方」で細かく解説しているので参考にして下さい。

定期点検はどこで受けるべき?!メリット・デメリットを紹介

定期点検はディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなどで受ける事が出来ますが、どこで受けるのが良いでしょうか?

まず、ガソリンスタンドは他と比べると金額設定が高めとなっています。従って、緊急事態で無い限りはオススメ出来ません。(参考記事:ガソリンスタンドのバッテリー無料点検・交換にまつわる怖い話

次に、ディーラーと整備工場のどちらで定期点検を受けるかは、それぞれのメリット・デメリットを比較して決めましょう。

定期点検を受ける場所

まず、ディーラーで定期点検を受けると、車の電子制御がされている部分の診断を受ける事が出来ます。

しかし、修理箇所が有った場合は純正の部品が使用されますし、故障箇所でない部分についても周辺部品一式セット(アッセンブリ)として交換される事が多いので、修理代が高くなりがちです。

一方で、整備工場で定期点検を受けると、細かい懸念事項なども親身に聞いてくれる事が多く、故障箇所も中古パーツなどを使って安くなる様にしてくれます。

しかし、整備工場では電子制御の部分については技術的に対応してもらえない可能性が有ります。

参考:整備工場には認証整備工場と民間車検工場とが有りますが、定期点検はどちらでも受ける事が出来ます(参考記事:「自動車整備工場(認証整備工場)と指定整備工場(民間車検工場)の違い」)

個人情報が次の所有者に漏れる?!

車を売る際に、「保証書や点検整備記録簿などから個人情報が漏れてしまうのではないか?」と不安になる方もいるのではないでしょうか。

個人情報保護

確かに一昔前だと、書類に名前が書かれていて、それを新しいオーナーが見る事が出来るという状況に有ったかもしれません。

しかし、平成17年4月に個人情報保護法が施行されてからは、これらの書類は所有者の氏名等ではなく車体番号で管理がされる様になりました。また、個人情報欄は取り外しが出来るので、車を売る時点では旧所有者の個人情報が保証書や点検整備記録簿等に掲載される事は有りません。

従って、車を売るときに次の所有者に個人情報が漏れるという心配は有りません。

法定の定期点検整備を受けていると査定額アップ!

日本自動車査定協会(JAAI)の査定基準によると、査定の日から遡って1年以内(トラックや商用車は6ヶ月以内)に法定点検整備を受けている事が定期点検整備記録簿で確認出来る場合は「加点する事が出来る」とされています。なお、加点は15点(1万5千円)です。

:「加点する事が出来る」とされているので、必ずしも査定額がアップするとは限りません。また、「定期点検整備記録簿で確認出来る場合」とあるので、記録簿が無い場合は仮に整備を受けていたとしても加点はされません(参考記事:車の保証書・整備手帳・取扱説明書は3点セットでプラス査定になる)。

査定額アップ

なぜ査定額が上がる?

法定点検整備を受けているとなぜ査定額が上がるのでしょうか?確かに、全く車に問題が無いので有れば査定額に差が出なくても良さそうですよね。

この点については、しっかりと法定の点検整備を受けていてそれを証明する記録簿が有れば、「車のメンテナンスをしっかりとしていますよ」という証明が出来るからと考えられます。

定期点検を受けていて記録簿も保存されていると、次の購入者としても安心して車に乗る事が出来ますしね!

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス