車査定マニア
リサイクル料

車を売却した時に戻ってくる税金・お金」に有る様に、自動車を売却した場合、自動車税やリサイクル料金に関しては、本来手元に戻って来るものです。

リサイクル料

自動車税は4月1日時点での自動車の所有者に対して1年分の税金が課されます。従って、年の途中で車を売却したのであれば、次の所有者と月割りで負担し合うのが妥当ですよね。

また、リサイクル料金については購入時に負担しており、しかもそれは廃車時の費用の前払いという性質が有るので、売却する際には購入者からリサイクル料金を貰う事が妥当と考えられますよね。

自動車リサイクル法の概要とリサイクル料金の仕組み

しかし、実際にはこれらの料金は貰う事が出来ません。どういう事なのでしょうか?

自動車を売る際には自動車税の納税証明書やリサイクル券(預託金証明書)が必要となります(参考記事:車査定の必要書類と実際に買取店に売却する時に必要な書類)。

いつでも提出できる様に、手元に用意しておきましょうね。

なお、紛失した場合は、納税証明書は再発行手続き、リサイクル券は証明書の代わりとなる「自動車リサイクル料金の預託状況」が必要となります。

下取・買取金額に含まれる!

車を下取りに出したり、買取り専門店等に買取りして貰う場合、提示される査定額は自動車税の月割額やリサイクル料金は含まれた金額となっています。

従って、自動車税やリサイクル料金として独立して該当する金額が支払われるという事は有りません()。

:稀に査定額とは別に、リサイクル料金等を支払ってくれる業者も有る様です。

含まれる

そこで、客側としてもリサイクル料金等が査定額に含まれるのは当然の事と考えて交渉に挑む必要が有ります。

なお、車には鉄が使われていますし、価値のある部品も有るので、例え事故車だったとしても最低限の価値は有ります。(参考記事:車の鉄スクラップ価値~故障車や修復歴車でも価値は有るんです!

提示された金額が自動車税やリサイクル料を考慮しても、あまりにも安い金額だった場合は、他の業者に査定に出す事も考えた方が良いですね。

ちなみに、車を下取りや売却ではなく廃車にした場合、リサイクル料金はリサイクル費用に充当されるので、戻ってくる事は有りません。

補足:リサイクル料金で損得は無い!?

上述の様に、査定額にはリサイクル料金が含まれているので、基本的に車を売却したからといってリサイクル料金が別途戻って来るという事は有りません。しかし、新たに車を購入する際にはリサイクル料金はしっかりと請求書に明記して請求がされます。

売る際には特にリサイクル料金として貰う事が無いのに、買う際にはしっかりと請求されると、何だか損をした気分になってしまいますね。しかし、明細に載るかどうかの問題なので、売る際にも買う際にもリサイクル料金分はやりとりがされています。

不安な方は、念のために売る際の査定額にリサイクル料金が含まれているか確認をするのも良いかもしれません。最近は殆ど聞きませんが、以前は査定額にリサイクル料金を含めずに、業者の利益としてしまう悪徳業者もいた様です。

輸出の場合はリサイクル料金は戻って来る?!

自動車のリサイクル料金は、1度支払うと所有者が変わる度に次の所有者の元に渡り、廃車にされる時点でシュレッダーダストのリサイクルやフロン類の回収等の費用として活用されます。

従って、新車で車を購入してから廃車となるまで、1度払ったリサイクル料金が還付されるという事は基本的には有りません。

輸出

しかし、例外としてリサイクル料金が預託されている自動車を海外に輸出した場合は、自動車リサイクル促進センターに必要書類を提出する事でリサイクル料金の返還を受ける事が出来ます。

自動車のリサイクル券(預託証明書)

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス