車査定のマニア
車を売るなら3月か?

大半の車関係の本やサイトなどでは「車が高く売れる時期は3月!」と書かれています。それらの記事では「決算前だから」「需要が伸びるから」などと理由付けされていますよね。

「なるほど」と一旦納得はするものの「本当に3月が一番高く売れるの?」という疑問もわいてきます。

そこで、この記事では「車が高く売れる時期は3月!」と言われる一般的な理由を紹介してから、実際の売却価格の動きを見て検証していきたいと思います。

2月や3月以外の時期の買取価格については下記記事参照。
車の買取査定の金額が高い時期と安い時期まとめ

「車を高く売るなら3月が一番オススメ」と言われている理由

一般的に、3月は中古車の販売台数が伸びるため、中古車の買取価格もそれに応じて高くなると言われています。中古車購入の需要が高まれば、買取の需要も多くなり自ずと買取価格も高くなる、という論理ですね。

3月の中古車販売台数が伸びる主な理由は以下の3つです。

  • 決算前の業者が売上を伸ばすために普段より安く販売するから
  • 自動車税をどうせ払うなら乗り換えてしまおうと考える人が増えるから
  • 新生活を機に中古車を購入する人が増えるから 等

決算前の業者が売上を伸ばすために決算セールと題して普段より安く販売するから

日本では決算期を3月に設定している会社が多いです。(余談ですが、アメリカは12月決算の会社が多いです。)

決算書

そして、一般的な会社と同様に、中古車販売店も決算期を3月に設定している所が多いです。そのため、決算前の3月になると、売上や販売台数などの数字を良くしようと販売に力を入れ始めます。少しでも多く売ろうと、普段以上の値引きを行って客寄せしていますよね。

そのため、安く買える決算前の3月に車を購入する人が増えるわけです。

自動車税をどうせ払うなら乗り換えてしまおうと考える人が増えるから

自動車税は毎年4月1日に車を所有(登録)している人に課せられます。これは、乗り換えても乗り換えなくても、車を所有している限り払わなければならない税金です。

そのため、どうせ自動車税を払い続けるなら、乗り換えてしまおうかな!と考える人もいるようです。

新生活を機に中古車を購入する人が増えるから

引越しをする人や新社会人、学生の中古車購入が増えるのが3月です。必要性に迫られて買う場合や新生活の契機付けに買う場合など理由は様々です。

新生活に備えて車を買う

3月の中古車販売台数

以上のような理由が毎年3月は重なるので、中古車販売台数は急激に伸びます。実際に3月の中古車登録台数は、その他の月の約2倍にもなります。下記のグラフを見ると3月に中古車需要が高まる事は一目瞭然ですね。

中古車登録台数(月次)(参考:日本自動車販売協会連合会全国軽自動車協会連合会

そして、中古車販売店は高まった需要を活かすために、少しでも多くの在庫を揃えておきたいと考えます。そのため、多くの車を買い取りたいので、査定額をいつもより高く提示する可能性が高いと言われています。

これらが「車が高く売れるのは3月」と言われる一般的な理由です。

(まぁ、どちらかと言うと「3月だと車を安く買える理由」と言った方が正しいですが。)

では、続いて3月に車を査定に出すと高く売れるのか?について、実際問題どうなっているのか見て行きましょう。

実際、車は3月に高く売れるの?

以下のグラフは、中古車の業者オークション大手USSが公開しているデータから、過去三年分の月別平均成約金額(1台あたりの成約代金の平均です。)をグラフ化したものです。

ここで言う成約金額は、市場価格ではなく業者間の取引価格である事に注意して下さい。

オークション価格推移(参考:USS

上記中古車の業者オークションの価格推移のデータを見るに、3月度の成約金額は2月と比べて低いです。つまり、このデータから判断するに3月に車を売ってもあまり高く買い取ってくれないという事になります。

もちろん、上記データは業者オークションの価格推移ですから、それと市場販売価格とは違うんじゃないか?という意見も有ると思います。

しかし、中古車買取業者は買い取った車の約9割をオークションに出品して、利益を得ています。利益を得るためには、オークション価格よりも低い価格で買い取る必要が有るので、買取査定の金額はオークション価格とほぼ同じような動きをするはずです。

多少時期の前後が有るとは思いますけどね。


業者オークション

また、上述したように、3月は決算セールと銘打って車を安く販売する傾向に有ります。当然、それは販売台数・売上を増やして決算の数字を良くしたいからですが、利益度外視で営業するわけにもいきません。

そう考えると3月の査定金額を低くせざるを得ないのも納得できます。

中古車業界全体が「販売価格も仕入価格も安くしたい」という流れになるので、3月のオークション価格はグラフに出ているように毎年低迷するという事ですね。

では、高く買い取ってくれる時期はいつなのでしょうか?

車を高く売るなら2月に査定に出すのが狙い目か

業者オークションの価格推移で判断するならば、車を高く売るなら「2月」が狙い目でしょう。

中古車販売店は3月の中古車需要に備えて在庫を少しでも抱えておきたいはずです。車を買いたい人がいるのに売る車が無い、という状態は避けたいでしょうからね。そのため、2月は無理をしてでも車を買い取る時期と言えます。

車を買取査定に出すなら2月

3月も同様の理由で買取価格が高くなるのでは?と思うかもしれませんが、そもそも3月は他の月と比べると「車を売りたい人」も圧倒的に多くなる月です。新しく車を買うために古い車を売る人も増えますからね。

そう考えると、3月は頑張らなくても買取依頼が増えるので、簡単に車を仕入れる事が出来るんです。簡単に車を仕入れる事が出来るのに、わざわざ買取価格を高くするなんてことは有りませんよね。

オークション価格を見ても2月は3月よりも10万円近く高い値が付いています。車を高く売るなら2月が狙い目となるでしょう。

もちろん、需要が底堅い人気車種であれば2月だろうが3月だろうが、ある程度の高値は付くと思います。

どうしても3月に売るなら一括査定へ

以上のように、直近3年間のデータを見るに、3月は車の売り時ではないと判断できます。(傾向としては2011年も2012年も同じです。)

どうしても3月に売らなければならない人は、一括査定を利用して一番高く買い取ってくれる買取業者を探して下さい。業者によっては高値を付けてくれる可能性が有りますので、一括査定を利用しないのは損ですよ。

ただし、3月ギリギリになってしまうと店頭に回るのが中古車需要の冷えた4月になる恐れが有り、納得のいく売却価格にならなり場合が有ります。なるべく早く行動するようにして下さいね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス