車査定のマニア
査定士

中古車の査定を依頼したら、買取店の従業員に愛車の査定を受けますよね。この査定業務は誰が行っても良いわけでは有りません。中古車の査定業務を行うには「査定士」の資格が必要です。

今回は中古車の査定士の役割や資格について紹介します。

査定士の役割

査定士には「車を適正に評価して価格を算定する」といった非常に重要な役割が有ります。そして、車の評価には以下のように2つの側面が有ります。

  • お客様・・・資産の評価
  • 勤務している店舗・・・仕入れ値の評価

オークション会場にて査定をする場合は、出品される車の評価という側面も有りますね。

査定士

査定を依頼する側からすれば「車は大切な資産」です。年式や外見からだけではなく、機能的な部分も含めて適正な評価を受けたいはずです。この点、正式な資格を有する査定士の存在は非常に重要であると言えます。

また、買取店にとっても査定士の評価した金額を元に利益を生むわけですから、査定士の存在は非常に重要であると言えます。

このように、中古車の市場において中古車査定士は非常に重要な仕事をこなしている事になります。

では、査定士になるためには、どのような試験を受けなければならないのかについて見ていきましょう。

査定士になるには中古自動車査定士技能検定に合格する必要が有る

査定士になるには、中古自動車査定士技能検定に合格する必要が有ります。この技能検定には以下のように2種類有ります。

  • 小型車査定士
  • 大型車査定士

どちらも検定の内容は「学科」と「実技」にて構成されています。

技能検定

学科試験の内容は以下の通りです。

  • 中古自動車査定制度
  • 中古自動車査定基準、同細則及び加減点基準
  • 自動車の構造、機能及び取扱い
  • 保安基準、その他自動車に関する法規 等

大型車査定士の有資格者は、小型車査定士の学科の一部が免除されます。

実技試験の内容は「査定の実技」となります。

検定に合格すれば、晴れて査定士の資格を取得できます。

受験資格

検定の受験資格は3つです。

  • 小型車査定士受験者は普通運転免許以上を取得、大型車査定士受験者は大型第1種免許以上を取得している事
  • 自動車の販売又は整備の経験が半年以上
  • 協会が実施する研修を修了している事
  • 20歳以上である事

行われる研修は、基本的に学科試験の内容に沿った物となっています。

試験はいつ受けるのか?

試験は小型車査定士が年に2回(前・後期)、大型車査定士が年に1回(前期)行われ、試験日は概ね以下の通りです(平成28年の場合)。

  • 前期・・・小型車査定士は6月19日、大型車査定士は6月15日
  • 後期・・・12月14日(小型車査定士のみ)

詳細な日程は毎年微妙に異なります。

試験

なお、試験の申込日は前期が4月1日~4月28日、後期が9月15日~10月14日です(年度によって異なる場合が有ります)。

合格発表はいつなのか?

合格発表の時期は概ね受験日の1か月~2か月後です。

ちなみに、平成28年の前期試験の合格発表は7月20日です。

合格発表は日本自動車査定協会のホームページにて行われます。発表後、約10日間は掲載されているので忘れずにチェックしましょう。

受験費用はいくらなのか?

受験費用は以下の通りです。受験申請の際に支払います。

査定士受験料(出典:日本自動車査定協会鳥取県支所

おそらく、研修受講料も上記金額に含まれていると思います。

合格率はどれくらいなのか?

少し古いデータですが、平成24年度の各試験の合格率は以下の通りです。

  • 小型車査定士・・・82.9%
  • 大型車査定士・・・98.1%

かなり合格率が高い事が分かります。特に大型車査定士の合格率は驚異的な数字でほぼ100%です。ちなみに、簿記3級の合格率は概ね30%~40%です。難易度は「あまり高くない」という印象ですね。

おそらく、受験資格に半年以上の勤務経験と有る事から、経験によってある程度カバー出来る試験内容なのかもしれません。また、研修が事前に行われるのも受験生にとって有利に働いているのでしょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス