車査定のマニア
買取金額のシュミレーション

買取金額のシュミレーション

愛車を売る際に「とにかく売れればいいや」なんて適当な気持ちで査定に挑んでいませんか?

少しでも高く愛車を売ろうと思うのであれば、査定に出す前にしっかりとシュミレーションをして、概算金額を知っておく事は重要です。

そこで、ここでは「査定前のシュミレーション」についてどんなことをしておけば良いのか?詳しく見ていきましょう。

査定前のシュミレーション

査定に出す前にするシュミレーションには、主に以下の2種類が有ります。

  • 査定金額のシュミレーション
  • 査定対応のシュミレーション

以下で、それぞれのシュミレーションについて見ていきましょう。

査定金額のシュミレーション

査定金額のシュミレーションとは、自分の愛車が直近でどれくらいの市場価値が有り、どれくらいの金額で取引がされているのかを調べておくという事です。

買取業者は、客から買い取った車をオークション等で売る事で利益を得ています。つまり、可能であれば少しでも安く買い取りたいと思っている訳です。(参考:中古車市場の流通の仕組み~オートオークションが流通の要

車のオークション

それなのに、あなたが査定の時点で自分の車の価値を分かっていなかったとしたら、どうなるでしょうか?買取金額として提示された金額が、市場価値を反映した妥当な金額なのか、相場と比べると安過ぎる価格なのか、の判断が出来ないですよね。

そうなると、こちらから出来るのは「もう少し高くなりません?」といった説得力の無いお願いくらいで、結局は業者の言い値で売るしか無くなってしまいます。

従って、納得のいく金額で買い取ってもらう為には、予め自分の車の市場価値を調べておいて、査定の概算金額を知っておく事が重要という事ですね。

相場を調べる夫婦

相場を調べるには、中古車販売価格の相場を調べて参考にしたり、Goo買取の様に買取相場の参考価格を検索出来るサイトを利用したり、様々な方法が有ります。

車の査定相場・買取相場を調べる方法

:ネット査定やオンライン査定で表示された金額が高かったからと言って、それを鵜呑みにはしてはいけません。客寄せの為に、ある程度高めの金額を表示させている事もよく有るので、あくまでも参考情報だと思っておきましょう。

なお、シュミレーションをする際には、車の車種や年式等の基本的な情報以外にも、キズや凹みの具合、装備の状況(故障している装備がないか等)も洗い出しておく事が重要です。

せっかくシュミレーションをするのであれば、概算金額の精度を高めないと意味が無いですからね。

3点セット(保証書・整備手帳・取扱説明書)の様に、持っているだけで査定額がプラスになるものも有ります。査定の時になって慌てて探す事の無い様に、予め保管場所を確認しておきましょう。

査定対応のシュミレーション

もう1つのシュミレーションは「査定対応」です。通常は、一生のうちで中古車の買取業者から査定を受ける事は何度も無いですよね。

ところが、査定をする査定士は毎日の様に中古車の査定をし、買取交渉をしているプロです。こちらが、ぶっつけ本番で交渉をすると、結果は・・・目に見えていますよね。

従って、査定時の対応について、こう言われたらこう切り返す、このタイミングでこう交渉を持ちかける、といったシュミレーションをしておく事はとても重要です。

中古車の査定

具体手的には、愛車のアピールポイントをその場でスラスラ言える様に予めまとめておいたり、いかに本気でこの査定で車を売ろうと思っている事を伝えるかなど、査定時に何を言うかをシュミレーションをしておく事が望ましいですね。

車の査定で高値を引き出すためのコツ・交渉術

まとめ

いかがでしたか?せっかく愛車を売るのなら、少しでも高く売りたいですよね。何も準備をせずに打っ付け本番で査定に望んでも、期待通りの金額で買い取ってもらうのは難しいでしょう。

しっかりと事前に相場金額や査定対応のシュミレーションをして、準備万端の状態で査定に挑みたいですね。

なお、無料一括査定を利用すると、複数の買取業者が査定をしてくれます。最初に査定をしてくれた業者は、練習の意味で対応し、2番目以降の業者を本番として交渉していく、といった戦略展開をする事も出来ます。

また、業者同士が「我こそは」と、買取金額をつり上げてくれるので、高額査定が期待出来ますよ。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス