車査定のマニア
スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

雪の降る地域や寒さで路面が凍ってしまう様な地域ではスタッドレスタイヤ(スノータイヤとも言います)が必須ですよね。

スタッドレスタイヤは、氷点下になってもゴムがしなやかさを失わず、トレッド内部に雪を搔き込む様にして路面に食いつくので、ノーマルのタイヤでは滑ってしまうところもしっかりと走る事が出来ます。

この冬場に便利なスタッドレスタイヤですが、査定に出す場合は履いたまま出した方が良いのでしょうか?それとも取り外して専門店等で売った方が良いのでしょうか?以下で見ていきましょう。

スタッドレスタイヤの価値

スタッドレスタイヤは基本的に冬にしか履かないですし、車を買い替えるとタイヤのサイズが変わるので、次に乗る車には基本的には履く事が出来ません。

スタッドレスタイヤを買ってから、ワンシーズンしか使っていない様なタイミングで車を売る事になった場合は、何とかして高く買い取ってもらいたいと思いますよね。

:もったいないからと言って、スタッドレスタイヤを夏に履くのはやめましょう。冬以外にスタッドレスタイヤを履くと、グリップ力は落ちますし、摩耗も早く進みます。また、ゴムがノーマル帯やよりも柔らかいので、燃費が若干ですが悪くなります。

タイヤの価値

ノーマルタイヤの価値は溝の残りで決まりますが(参考記事:スリップサインが出ているタイヤ(溝がないタイヤ)は交換してから車の査定に出すほうが良いのか?)、スタッドレスタイヤは、溝よりもむしろゴムの硬さで価値が決まります。

スタッドレスタイヤが、購入時のゴムの状態を維持出来るのは3年程度です。それ以上経っている場合は、溝がたくさん残っていても、スタッドレスタイヤとしての価値はあまり無いと思っておきましょう。

:もちろん、溝が減り過ぎている場合もスタッドレスタイヤとして機能しないので、価値は有りません。

買取業者に売るのは損?!

スタッドレスタイヤについては、買取り業者に引き取ってもらった場合、殆ど査定金額に影響が無い可能性が有ります。

一般的に、買取り業者はスタッドレスタイヤを車とセットで引き取った場合、パーツ業者に売ったり、ヤフーオークション等に出品する事が多いです。

これは、買い取った車とスタッドレスタイヤをセットで売りに出しても、次に買う方がそれを必要としているとは限らないため、販売価格にあまり差が出ないからです。

中古車の査定金額

都心部の方や、あまり雪の振らない地域では、冬もノーマルタイヤで過ごす方が多いですし、雪が降ったら電車かバスを使えばいいや、と思っている方も多いですよね。

つまり、スタッドレスタイヤの需要は限られた地域・季節以外では殆ど無い為、査定金額に差が出にくいのです。

但し、スタッドレスタイヤが重宝される地域(北海道や東北、日本海側の地域など)では、ノーマルタイヤに加えてスタッドレスタイヤも有ると、査定額は多少アップする事が考えられます。

スタッドレスタイヤで雪道を走る

なお、スタッドレスタイヤもセットで売る場合は、冬であれば履いたままでいいでしょうが、冬以外に売る場合は、ノーマルタイヤに履き替えて査定に出しましょう。

普通に業者でタイヤ交換をすると2〜3千円程度はかかりますから、それくらいの金額分減額されたとしても文句が言えなくなってしまいます。

パーツ専門店やオークション等で売るのがベスト!?

買取り業者に買い取ってもらってもそれほど高い値が付かないのであれば、どうすれば良いのか?

この点については、パーツ専門店でスタッドレスタイヤだけを売る方が高く売れるでしょう。

若しくはヤフーオークション等に出品したり、個人売買で売るのも良いかもしれませんね。査定では良くて数千円の評価だったのが、オークションに出品すると2〜3万円程度で売れた、というケースも有る様ですよ。

最後に

いかがでしたか?地域や季節にもよりますが、スタッドレスタイヤは買取り業者の査定に車と一緒に出しても、それほど査定額に影響は有りません。高く売りたいのであれば、スタッドレスタイヤは別途パーツ専門店等で売った方が良いでしょう。

但し、面倒だから手っ取り早く売りたい、という方は無料一括査定を利用してセットで売ってみてはどうでしょうか?

基本的にはスタッドレスタイヤが有っても、各業者で差は殆ど無いかもしれないですが、中には高い値を付けてくれる業者がいるかもしれませんよ。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス