車査定マニア
中古車の査定

中古車の査定

自動車は、同じ車種の中でもベースグレード(必要最低限の装備しかない最も安いタイプ)をはじめとし、スポーツタイプや4WDなど様々なグレードに分かれています。

中には「特別仕様車」と呼ばれる特別なモデルが発売される事が有り、お得感満載なので人気が高いです。

この特別仕様車とは一体何なのでしょうか?買う時だけでなく売る時もお得なのでしょうか?以下で見ていきましょう。

特別仕様車とは

特別仕様車

メーカーは、新車を発売して数年経つと、同じ車種・グレードでオプションを増やしたり専用のボディカラー()などを設定した、特別なモデルを販売する事が有ります。

:ベース車から、ヘッドライトやアルミホイール、専用のフロントグリル、エンブレムなどがアップグレードされている事が多いです。

これを特別仕様車(スペシャルエディション)と呼び、新車発売後2〜3年程経った後で、テコ入れの為に導入される事が多いです。テコ入れの為に発売されるので、特別仕様車として売り出されるのは「売れ行きが好調で、さらにたくさん売りたい車種」や「売れ行きが悪く、何とかして売りたい車種」となります。

なお、一般的に特別仕様車は、車を買い替える方が多い3月やボーナス時期(7月・12月)頃に発売される事が多い様です。

以下で、特別仕様車のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

特別仕様車のメリット

オプションパーツ

特別仕様車のメリットとしてまず考えられるのは、何と言ってもパーツやアクセサリーが購入時点で色々装備されている事ですね。中には、特別仕様車限定の装備も有るので希少価値が高いです。

また、特別仕様車はノーマル車に同等のオプションを付けた場合の定価よりも、大幅に安く手に入る事が多いのでお得です。

もし、気に入ってる車種で特別仕様車が有るのであれば、1度検討してもいいかもしれないですね。

特別仕様車のデメリット

では、特別仕様車のデメリットにはどういったものが有るでしょうか?この点、メリットで書いた様に、特別仕様車は様々なオプションが標準装備となっています。

しかし、中には別に欲しく無いというオプションも有るでしょう。特別仕様車の場合、仮に不要なオプションが有ったとしても、それが標準装備となっているので、外す事が出来ません。つまり、特別仕様車は融通があまり利かないのです。

ディーラーでの交渉

また、メリットで価格面がお得だと書きましたが、特別仕様車の場合は値引きがあまり有りません。元々の定価が安い設定となっている分、そこからの値引きがあまり期待出来ないのです。値引き交渉が得意な方にとっては、残念な点ですね。

従って、どちらがお得かを考える際には、ノーマル車に特別仕様車と同等の装備を付けた上で値引きしてもらったもの、と、特別仕様車で値引きをしてもらったもの、とで比較する必要が有りますね。

特別仕様車の査定時の評価

上述の様に、特別仕様車にはメリットやデメリットが有ります。では、特別仕様車は査定時にどの様な評価がされるのでしょうか?

査定金額

この点、日本自動車査定協会(JAAI)の出している中古自動車査定基準によると、特別仕様車の評価に関して以下の様に定められています。

商品価値加減点
特別仕様車、限定販売車はベース車と比べて、商品価値差をつけることができる。
細則 基本価格との関連を考慮して行う

つまり、「特別仕様車はベース車と査定額が異なるケースが有る」という事です。査定基準では、特別仕様車だからといって「必ず加点される」とは書いておらず、あくまでも「商品価値差をつけることができる」としているだけですね。

結局のところ、中古車の価格は需要によって決まって来るものです(関連記事:中古車の査定金額は人気によって大きく変わる)。特別仕様車だとしても、それが人気の無いボディカラーだったり、大して魅力の無い装備だったりすると、査定価格が低くなってしまう事も有るでしょう。

とはいえ、特別仕様車は、メーカー側が装備やカラーなどにこだわりを持って世に送り出したものなので、大抵の場合は人気が有ります。また、万人ウケする様な装備を充実させているので、中古車市場でも買い手がすぐに付きます。

従って、特別仕様車は、基本的に高額査定が期待出来ると思っておいて大丈夫でしょう。

特別仕様車(プリウス)の買取相場例

ノーマル車と特別仕様車では、どれくらい査定額に差が出るのでしょうか?実際にGoo買取で買取相場検索をしてみたので、結果を見てみましょう。(2017年1月実施)。

注意:車の買取査定額は、実車を見ないと最終的には決まりません。従って、Goo買取の相場検索結果通りに買取してもらえるとは限りません。以下の相場検索結果は、あくまでも参考程度に思っておいて下さいね。

プリウスG's

(画像参照元:Favcars

なお、検索したのは平成23年式のプリウス「Sツーリングセレクション・G’S(1,800cc・ホワイト・走行距離45,001〜50,000km)」です(比較の為に「Sツーリングセレクション」「S」も検索しています。)

グレード買取相場結果
SツーリングセレクションG'S76.8万円
Sツーリングセレクション62.2万円
S52.2万円

「Sツーリングセレクション」とは14.6万円、「S」とは24.6万円も買取相場に差が出ましたね。特別仕様車は装備が豊富という事も有って、評価が高い事が分かりますね。

参考:プリウスのSツーリングセレクションG’sは、Sをベースに、スポーツタイプにしたものです。ツーリングセレクションの装備に、専用デザインのバンパーや大径のホイール、フロントLEDイルミネーションビーム等を追加で装備しています。

まとめ

いかがでしたか?特別仕様車は、「買うときは安く売る時は高くなる可能性が高いのでお得」という事が分かりましたね。

なお、特別仕様車を売る際には、無料一括査定を利用する事をオススメします。基本的に特別仕様車はベース車と比べると高い評価となりますが、中にはオプションの価値を無視した低い買取金額を提示してくる業者もいます。無料一括査定を利用すると、複数の業者から見積りをもらう事が出来るので、低い金額を提示して来た業者はすぐに分かります。

たくさんの見積りをもらって、一番高い買取金額を提示してくれた業者に売るのがベストです!

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス