車査定マニア
廃車

車を廃車にするには、「抹消登録」という手続きを行います。この抹消登録に2つの種類が有る事を知っていましたか?それは「永久抹消登録」と「一時抹消登録」です。

「廃車」というと「動かなくなった車をスクラップにする」イメージが有り、手続きは1つしかなさそうですが、実際は2つ有るんですね。このイメージに近い手続きが「永久抹消登録」で、イメージとは違う手続きが「一時抹消登録」と言えます。

では、永久抹消登録と一時抹消登録の違いなどについて見ていきましょう。

永久抹消登録と一時抹消登録の違い

永久抹消登録と一時抹消登録は、どちらも車の廃車手続きと言う点で共通していますが、それぞれの手続きの「廃車」という意味合いは大きく異なります。

廃車

永久抹消登録は車を解体する事が前提条件となっていて、手続きを行う事で国土交通省などの登録情報から永久にその車の情報を消してしまう手続きです。二度とその車に乗る事は出来なくなります。一般的な廃車のイメージに近い手続きと言えます。

一方、一時抹消登録は一時的に車を廃車状態にする手続きです。車の解体はしません。公道を走行する事は出来なくなりますが、登録をする事で再び走行出来るようになります。

違い

2つの廃車手続きの最大の違いは「再度車を登録出来るかどうか」「再び車に乗る事が出来るかどうか」という点です。

ただし、どちらの手続きが得か損かという事では有りません。車自体の状態や利用状況に応じて、どちらの手続きを行うのかを決定する事になります。

それでは、永久抹消登録と一時抹消登録についてもう少し詳しく見ていきましょう。

永久抹消登録とは

前述したように、永久抹消登録とは「車の登録を永久に消してしまう手続き」を指します。車の解体が完了してから管轄の運輸支局にて手続きを行います。

【廃車】永久抹消登録手続きの費用と必要書類

解体を前提にする手続きです。基本的に以下のような乗り続けるよりは廃車にしてしまった方が良い車に対して永久抹消登録を行います。

  • 事故車
  • 水没車
  • 故障車
  • 年式の古い車 等

ちなみに、津波などの災害で車が行方不明になった場合でも永久抹消登録は可能です。

自動車税

永久抹消登録をすると、その車の所有者ではなくなるので、自動車税の支払いから解放されます。数万円/年の負担が無くなるわけですね。また、月割で還付も受けられます(参考:自動車税の還付金計算)。

さらに、車検が1カ月以上残っていれば、自動車重量税も還付されます。これらは永久抹消登録のメリットと言えるでしょう。

自動車重量税の還付金の計算方法

なお、中古車として値段が付かない車でも、スクラップとしての価値は有るので、解体業者に数万円で買い取って貰える場合も多いです。

車の鉄スクラップ価値

しかし、永久抹消登録にもデメリットが有ります。それは「再び公道を走ることが出来ない」という点です。

解体せざるを得ない車の場合はデメリットと言えませんが、まだ走行出来る年式の古い車などでは後悔する事も有るかもしれません。手続き前にもう一度愛車と向き合ってみて下さいね。

一時抹消登録とは

一時抹消登録とは、一時的に車を廃車状態にする手続きを指します。これもさきほど書いた通りです。

【廃車】一時抹消登録手続きの費用と必要書類

長期の入院や出張などで当分の間車に乗らない時などに一時抹消登録を行います。一時抹消登録を行う事で自動車税の支払いを止める事が出来ます(自動車税の還付も受けられます)。

そして、車に乗れるようになれば、再度登録手続きをする事で公道を走ることができるようになります。これが一時抹消登録のメリットです。

なお、結局その車に乗らない場合には、永久抹消登録を行う事が出来ます。

失敗

しかし、一時抹消登録では、車検が1ヵ月以上残っていたとしても自動車重量税の還付は有りません。また、将来その車に乗るにしても解体するにしても再度手続き(登録手続き又は永久抹消手続き)が必要になります。

実際、一時抹消登録をした車の再登録手続きの費用・手間を嫌い、結局売却して新しい車を購入する人も多いです。月日が経過している分、買取価格は一時抹消登録時よりもかなり安くなってしまいます。

将来の事を見通す事は難しいですが、思い切って車を売却してしまう事も選択肢の1つです。車は新しい年式で売った方が高く売れます。一時抹消登録を考える際は、車を売却する事も考えてみて下さいね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり